ジオン公国軍

ジオン公国軍(Zeon Force)とは、『機動戦士ガンダム』に登場する軍事組織。

概要編集

ジオン公国の軍隊。単にジオン軍ともいう。

支配者であるザビ家が軍においても強大な影響力を持ち、総帥と軍の総司令官を兼任しているギレン・ザビをはじめとして、一族が各軍の司令官を務めている。

ミノフスキー粒子による有視界戦闘に対応する為にモビルスーツを主体とした軍事力の編成に成功した後、アースノイド側の政府機関である地球連邦に宣戦布告する形で一年戦争を起こし、その序盤となる「一週間戦争」では毒ガスを用いた「コロニー潰し」によって、ジオンの意向に賛同しない28億人近くの同胞のスペースノイド達を虐殺。それによって住民を失ったサイド2のコロニーである「アイランド・イフィッシュ」をコロニー落としに利用する「ブリティシュ作戦」によって、更に半数近くの地球人類を虐殺する凶行に出ている。

その後、大規模なモビルスーツ部隊を地球に降下させ、中盤までは戦況をリードしていたのだが、ただでさえ連邦側よりも国力や兵力で劣っているにも拘らず軍同士の反目が目立ち、突撃機動軍所属のマ・クベが宇宙攻撃軍所属のランバ・ラル隊ドムを補給しなかったり、ソロモン攻略戦でグラナダの突撃機動軍の艦隊が遅れるといった戦略的に問題と言える事態も何度か起こり、中には己個人の私利私欲や野望の為に、指揮下にあるジオン軍を私物化している者さえいた。

その結果、連携の差によるオデッサ作戦での敗退[1]や、敵対する地球連邦軍がモビルスーツを解析して独自のモビルスーツの開発や量産化に成功したのを機に、一気に巻き返しを受けてしまう事になり、大多数の一般兵はおろか熟練パイロットも喪失し、素人同然に等しい学徒兵を徴用をせざるを得ない程の人材不足に見舞われ、最終的に指導者であるザビ家の人間殆どが死亡したのが決定的となり、敗北した。

その後の顛末は、ジオン公国の項を参照。

旧ジオン軍の残党編集

一年戦争終結によってジオン公国が降伏し共和制に移行した後も、宇宙や地球圏の各地で旧公国再興を掲げる残党勢力「旧ジオン軍」や「ジオン残党」が地球連邦に抵抗。戦力のほとんどは一年戦争からの自軍機・鹵獲機を維持・改修したもので、中には共食い整備もするなどかなり切羽詰った状態であるが、第2次ネオ・ジオン抗争以降は、グリプス戦役第1次ネオ・ジオン抗争において使用されたMSを人員ごと手に入れたり、鹵獲や裏取引等によって入手・運用している。しかし、当時の主力MSと比較すれば旧式ばかりであることは否めない事実であり、ワッツ・ステップニー曰く「動く戦争博物館」と揶揄されるほどである。

一方、残党軍に所属する者達の思想面に関しては統制されているとは言えず、ジオニズムを信奉して狂信的なまでに「ジオンの栄光」に固執している者や、過酷な潜伏・逃亡生活に疲れた事で潜伏先に定住して家庭を持った者もいれば、軍人としての誇りすら失ってただの略奪者やならず者に成り下がってしまった者、戦争や殺戮に飢えているだけの戦争屋紛いの者等と様々であり、残党軍の中でも最大勢力であったデラーズ・フリートが壊滅してからは、悪化の一途を辿ってしまった模様である。ラプラス戦争の時期に至っては、ジオンの消滅がほぼ決定的になった事で「スペースノイド独立」の望みが完全に断たれ、まともな抵抗活動も出来なくなるまで切り詰められた結果、自分の命と引き換えに一人でも多くのアースノイド(軍人も民間人も問わず)を道連れにするという無理心中も同然で破壊活動を行う等、死に体の有様となってしまった。

なお、一年戦争の後半にて、追い込まれたジオン軍側がモビルスーツを放棄する形で宇宙へ撤退したり、撃破されたMSの残骸が回収されずに多数残っていたのが原因で、終結直後は(連邦軍もだが)相当な数のジオニック・ツイマッド製モビルスーツが野晒しで残されてしまった結果、既に旧式化したものばかりとは言えジオンとは無関係の組織、勢力にまでモビルスーツの力を与えてしまう事になっている。「青の部隊」や「アフリカ解放戦線」といったテロリストだけでなく、海賊といった反社会勢力が、それらを回収・修繕・改修を行い使用しており、いわゆる第1次ネオ・ジオン抗争の時期には、地球内での戦争・紛争をより混迷化させてしまっている。

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY機動戦士Ζガンダム
一年戦争終結後からの反連邦活動は、デラーズ・フリートによるデラーズ紛争を始めとする混乱を地球圏に巻き起こし、結果として上層部が腐敗し始めていた地球連邦内では、「ジオン残党狩り」を名目に結成されたティターンズが発言権を強め専横を極めていく要因になっている。その事もありティターンズと敵対するエゥーゴカラバに参加する残党勢力も存在した。彼らの協力があったため、カラバはアムロ・レイ専用機を彼らの感情を刺激しかねないガンダムタイプにする事が出来なかったという話もある。
機動戦士Ζガンダム
グリプス戦役の中盤以降には、シャア・アズナブルも一時は滞在していた、ザビ家の遺児であるミネバ・ラオ・ザビを神輿にした勢力アクシズが参戦する。
機動戦士ガンダムΖΖ
先の戦役から存続していたアクシズはネオ・ジオンと改名し、連邦政府に対して軍事行動を開始した。いわゆる第1次ネオ・ジオン抗争である。地球に潜伏していた一部の残党勢力はネオ・ジオンに合流しているが、一年戦争の時から戦っていたプライドの高い者やギレン・ザビを信奉する者が多くいた為に、ザビ家の遺児であるミネバを傀儡も同然にしているハマーン・カーンや、一年戦争後に軍に入隊した者が多いネオ・ジオンそのものに反感を抱いた結果、あまり彼らと足並みを揃えようとはしなかった。この為、ネオ・ジオン側からも、自分達に合流したジオン残党等一部を除いて旧ジオン軍の残党勢の殆どは陽動や敵の戦力を削ぐための捨て駒程度のものとしてしか認識されていなかった。
ドワッジやディザート・ザクを使用していたデザート・ロンメルシュツルム・ディアスを受領したサトー率いる部隊等がその最たる例である。一方で、ザク・マリナーを受領したエイン、ビーツ、フリン(全員SRW未登場)、ドワッジを使用していたアマサ・ポーラ(SRW未登場)や、ジャムル・フィンを駆る3D(ダニーデルデューン)の様に、プロの軍人としてネオ・ジオンと波長を合わせようとする者達も存在し、3Dはハマーンの死後にシャア率いる新生ネオ・ジオンに合流したと言われている。さらにネオ・ジオンとの合流を明確に拒否する形で反連邦活動を行っている旧ジオン軍勢力も存在するが、独力で連邦に打撃を与えることは叶わず、いたずらに治安を悪化させ反ジオン感情を高めるだけに終わっている。その為に連邦側はおろかジオン共和国やネオ・ジオンからも傍迷惑な存在であると認識されている。
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
第2次ネオ・ジオン抗争時は、シャア率いるネオ・ジオンにハマーン派ネオ・ジオン残党の一部が合流しているが、旧ジオン軍の合流は確認されていない。
機動戦士ガンダムUC
ラプラス戦争では、ネオ・ジオンの残党を糾合した「袖付き」の首魁フル・フロンタルによる決起の呼び掛けを受けた事で、世界各地に潜伏していた旧ジオン軍の残党勢力が地球連邦の首都であるダカールを襲撃。最終的には失敗に終わっているがダカールに壊滅的な被害を与える事に成功しており、OVA版ではダカールに続いてトリントン基地も襲撃をした。しかしこの時も旧ジオン軍はネオ・ジオンと反目していたらしく、アンジェロ・ザウパーから「忠義面して世界を滅茶苦茶にした戦争屋共」と酷評され、敵諸共攻撃されてしまうという酷い扱いを受けていた。
A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ-くろうさぎのみた夢-(SRW未参戦)
一年戦争終結後、スペース・コロニーの建設と時を同じくして開拓されていた火星を制圧したキシリア派のジオン残党が「ジオンマーズ」を名乗り、火星を実効支配していたが、その支配に反感を持ち、離反したギレン派主体の組織「レジオン」が、ザビ家の末裔とされる少女「アリシア・ザビ」を旗印に、グリプス戦役から落ち延びたティターンズ残党を迎え入れ、彼らが持ち込んだガンダムTR-6[インレ]を中核とするTR計画機を使いジオンマーズより火星を奪回。
宇宙世紀0089年の時点ではレジオンが火星を実効支配しており、ジオンマーズは地下への潜伏を余儀なくされている。
ジオンマーズはジオン残党の例に漏れずジオン系のMS・MAを主力としているが、レジオンは他のジオン残党に見られない特徴として、ティターンズ残党が持ち込んだ連邦系のMSを再生産し、主力機体として積極的に導入している。
機動戦士ガンダムF90
残党の一部には火星にまで逃れた勢力も存在し、一年戦争終結から実に40年近くも経った後の宇宙世紀0120年に、ザクグフといった一年戦争で活躍した機体を模したMSを使い決起している。旧型機を模したMSを使用するジオン公国軍の残党は、連邦から「オールズモビル」と呼称され、後に「オールズモビル戦役」と呼ばれる戦いを引き起こしている。これ以降は、ジオン共和国の自治権放棄、連邦政府による思想統制の影響もあってか公に旧ジオン軍の残党らしき勢力は出現して大規模な反政府運動は行っていない。
『A.O.Z Re-Boot』のジオンマーズは、オールズモビルの前身となったとされる。
機動戦士ガンダムシルエットフォーミュラ91(SRW未参戦)
U.C.0123年に放棄された7バンチコロニーに、ネオ・ジオン軍残党が確認された。この時代残党狩りは禁止されており彼らの生きる権利は政府によって保証されており保護の対象になっている。
機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート
やんごとなきお方の命令を受け継いでいた残党の存在が明らかになったが、トビア・アロナクスハリソン・マディンが介入した時には全滅していた。

ジオン公国の元兵士・信奉者が参加した組織編集

機動戦士Ζガンダム
グリプス戦役では、シャア・アズナブルを始めとした元ジオン公国兵がエゥーゴに合流し、スペースノイドを弾圧するティターンズと戦った。
ガイア・ギア(SRW未参戦)
シャア・アズナブルの思想に共鳴した人間達が作り上げた組織『ズィー・ジオン・オーガニゼーション』が登場する。
組織名にジオンという名前は入っているが、ジオン公国とは関係がない。また、ネオ・ジオンとも関連性を持たせようと付けた名前ではないと作中で明言されている。構成員の中には、ジオン公国の信奉者も存在したが、組織としての立ち位置はエゥーゴに近いと言える。

所属人物編集

直属軍編集

ギレン直属の本国防衛を担う親衛隊と、ア・バオア・クーでギレンの指揮下に入った者たち。

ギレン・ザビ
ジオン公国総帥にしてジオン公国軍の最高司令官。階級は大将。
エギーユ・デラーズ
一年戦争当時は大佐。宇宙攻撃軍ソロモン防空隊所属。ソロモン陥落後はア・バオア・クーに撤退し、ア・バオア・クー統一軍総帥直属艦隊司令に就任する。
しばしば親衛隊隊長と誤解されるが、これはゲーム「ギレンの野望」のゲームデザインにおいてギレン派・キシリア派・ドズル派を明確に区分けする必要があったことと、親衛隊は本編で戦場にならなかった本国防衛を担っている関係上、名有りかつ映像作品に登場しているキャラが存在しなかったことによる一種の救済措置であり、オリジナル設定である。本来ドズル傘下のガトー・カリウスらが親衛隊設定であったり、デギンの意を受けたデギン派ともいうべきギニアス・ノリスらがギレン派所属扱いなのも同様。

宇宙攻撃軍編集

ドズル・ザビ率いる軍団。公国軍の中では最大規模を誇り、ソロモンを拠点に主に宇宙で活動した。

ドズル・ザビ
宇宙攻撃軍司令。中将。
コンスコン
ドズルの腹心。少将。
シャア・アズナブル
当初は宇宙攻撃軍所属。少佐。
ガルマを守れなかったことによりドズルにより左遷されたが、後にキシリアによって抜擢されて大佐に昇進している。
ドレン
ジオン公国宇宙攻撃軍所属で階級は少尉。シャア左遷後にキャメル・パトロール艦隊指揮官の大尉に出世している。
アナベル・ガトー
一年戦争当時は宇宙攻撃軍第302哨戒中隊隊長。ソロモンで奮戦した。
ランバ・ラル
青い巨星の異名をもつモビルスーツパイロット。
クラウレ・ハモン
ランバ・ラルの内縁の妻。正式な軍人ではない。
アコースタチクランプコズン・グラハム
ランバ・ラルの部下。

突撃機動軍編集

キシリア・ザビ率いる軍団。グラナダを拠点とし、地球方面軍も突撃機動軍の管轄となっている。また、ニュータイプの研究にも力を入れていた。

キシリア・ザビ
突撃機動軍司令。少将。
ガルマ・ザビ
地球方面軍司令。ただし、実質的な権限は北米地区のみ。階級は大佐。
マ・クベ
キシリアの腹心。オデッサ基地司令。階級は大佐。
ウラガン
マ・クベの副官。
黒い三連星
ガイアオルテガマッシュの三名のモビルスーツパイロットから成るチーム。コンビネーション攻撃「ジェットストリームアタック」を得意とする。
シュタイナー・ハーディ
潜入工作部隊であるサイクロプス隊隊長。大尉。
シーマ・ガラハウ
海兵で構成された特務艦隊の司令代行として転戦した。中佐。コロニーへのG3ガス注入など、非道な作戦も実行している。

その他編集

シャリア・ブル
木星帰りのニュータイプ。大尉。
ララァ・スン
フラナガン機関で育成されたニュータイプ。少尉。
デニムジーンスレンダークラウンフラナガン・ブーン
シャアの部下。ガンダムに倒され次々と命を落とす。
ガデム
補給部隊の隊長。
デミトリートクワン
モビルアーマーのテストパイロット。
ギニアス・サハリン
アジア方面軍新兵器開発秘密基地司令。技術士官でアプサラス計画を推進していた。少将。
アイナ・サハリン
アプサラスのテストパイロット。
ノリス・パッカード
大佐。ギニアスの副官。
バーナード・ワイズマン,ガブリエル・ラミレス・ガルシア
ミハイル・カミンスキー,アンディ・ストロース
サイクロプス隊隊員。
アポリー・ベイロベルトキグナン
一年戦争時はシャアの部下。戦争を生き延びた後も彼(クワトロ・バジーナ)の部下として行動している。
デザート・ロンメルシーマ・ガラハウ
ケリィ・レズナーカリウス・オットー
ノイエン・ビッターラカン・ダカラン
スベロア・ジンネマンヨンム・カークス
フラスト・スコールギルボア・サント
一年戦争時軍属だった者達。戦争後も残党組織に加入し連邦軍と戦っている。
ジオン兵
一般兵士。熟練兵が多いのか、一部作品では他勢力の一般兵より技能に優れている場合がある。

主要拠点編集

サイド3
地球から見ての向こう側に位置するスペースコロニー群。ジオン公国の本拠地。各方面軍と同規模の軍勢が本国防衛部隊として配置されていた。
グラナダ
月面都市。キシリア・ザビ率いるジオン公国突撃機動軍の拠点。
ア・バオア・クー
宇宙要塞。サイド3付近に位置しており、ジオン公国軍にとっては最終防衛拠点である。最終決戦時には、ギレン・ザビが直接指揮した。
ソロモン
宇宙要塞。ドズル・ザビ率いるジオン公国宇宙攻撃軍の拠点。一年戦争の激戦地の一つ。
オデッサ
ジオン公国軍の占領下にある地球・黒海沿岸の都市。巨大な資源地帯であり、地上におけるジオンの補給を一手に担っていた最重要拠点の一つ。マ・クベが進駐していたが、オデッサ作戦にて地球連邦軍に奪還されてしまう。
キャリフォルニア・ベース
ジオン公国軍の占領下にある北米東海岸の軍事基地。マスドライバーを備えており、一年戦争当時のジャブローへの空爆は主にここから出撃したガウの部隊が行っていた。オデッサと並ぶ中心拠点だった。SRW未登場。
ニューヤーク
ジオン公国軍の占領下にある地球・北米大陸の都市。ガルマ・ザビはここで戦死した。

保有戦力編集

モビルスーツ編集

ジオン公国軍が開発した搭乗型戦闘用人型ロボット。一年戦争におけるジオン公国軍快進撃の立役者である。

モビルアーマー編集

モビルスーツと同じくジオン公国軍が開発した。モビルスーツと比較して大型かつ非人型の機体である。

艦船編集

戦車・戦闘機など編集

登場作品編集

『1st』自体がなかなか参戦しないうえ、所属人物は登場してもネオ・ジオン等の別組織の一員となっていることが多い。また、『UC』参戦以降は「episode 4 重力の井戸の底で」を再現するために登場するのみ。

『UC』参戦以前編集

旧シリーズ
主要人物はDCに組み込まれており、ジオン軍としては登場しない。
新スーパーロボット大戦
かつて存在した組織として名前のみ登場。
スーパーロボット大戦αDC
ア・バオア・クー攻略前に外宇宙からマクロスが飛来したため、停戦状態で生き残っていた設定。本編にはネオ・ジオンとして登場する。
スーパーロボット大戦COMPACT
本編前はメガノイド戦役(『機動戦士ガンダム』の一年戦争に相当)にて、ホワイトベース隊と協力してムゲ帝国と戦った。それから、一年戦争前半(『Ζガンダム』のグリプス戦役に相当)を生き延び、ジャブローに攻撃を仕掛ける。しかし、本編序盤にてシャア・アズナブルの部隊が交戦していたロンド・ベルと共にバイストン・ウェルに召喚されてしまう。舞台が地上に移ってからは、ネオ・ジオンとして再編される。
スーパーロボット大戦A
ジオン残党として登場。当初はデラーズ・フリートの協力者だったがエギーユの戦死とシャアの行方不明により、地上部隊はギニアスをリーダーに再編、宇宙部隊はガトーの提案でネオ・ジオンに編入される。
シャドウミラーのいた世界では異星人の襲来を機に地球連邦と和解している。
スーパーロボット大戦GCXO
ギガノス帝国軍と同盟・連携する。また、アクシズ(ネオ・ジオン)の面々もジオン軍の一派として登場する。
スーパーロボット大戦Operation Extend
原作準拠の設定で登場するが、名有りキャラクターの大半が原作での死亡シーンを乗り越え、生存する。めぼしい戦死キャラはドズルとドレン、黒い三連星(原作より死亡が遅い上に回避可能)、覚悟の上での戦死を遂げるデギン、ほぼ病死に近いギニアスぐらいのもの。名有りキャラクターの死亡回避はスパロボではいつもの事だが、ジオン軍だと割と珍しい。
ネオ・ジオンとは「実質ジオン軍の一部だが、名義上は別組織」といった関係。更にデギンの死を受けて、キシリアと彼女に賛同する者たちが「正統ジオン」として独立し、コネクト・フォースとの協力路線を取る。

『UC』準拠編集

第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
初の『UC』準拠。登場機体はズゴックドワッジジュアッグガルスKザクI・スナイパータイプ
スーパーロボット大戦BX
ファット・アンクル改が初登場。第19話ELS移送ルート「歴史の裏に消えた者達」の出撃前イベントにてジュアッグ、ゾゴック、イフリート・シュナイド、ドワッジ、カプールのユニットアイコンが出現、その後他のジオン残党の機体とともに自爆する。ゾゴックとイフリート・シュナイドは今回が初登場である。
スーパーロボット大戦V
ネオ・ジオンの地上部隊(宇宙から地上へ侵攻し、そのまま地球を生活の場にしている兵士達)という扱いで登場。

関連項目編集

ジオン公国
デギン・ソド・ザビを元首とするスペースノイドによる国家。ジオン(公国)軍を保有し、地球連邦政府に対して独立戦争(一年戦争)を仕掛けた。
ネオ・ジオン
袖付き
ジオン軍の残党なのは同じだが、そちらはネオ・ジオンの残党である。
地球連邦軍
コロニー落とし
スペースコロニーを大質量弾に仕立て、地球に向けて落とす戦略。一年戦争初期にジオン公国軍によって挙行された。
ソーラ・レイ
一年戦争末期、サイド3のスペースコロニー・マハルを改造して作った大量破壊兵器コロニーレーザー第一号。これによって、公王デギン・ソド・ザビレビル将軍ら多くの将兵が犠牲となった。

脚注編集

  1. この戦いではジオンがモビルスーツ主体であるのに対し、連邦側はモビルスーツを僅かしか投入出来ず、他の戦力は戦闘機や戦車、歩兵ばかりであったのだが、アムロ・レイの搭乗するガンダムの活躍や連邦軍の統制の取れた連携によって、その不利な状況を覆している。

資料リンク編集