メインメニューを開く

スーパーロボット大戦α for Dreamcast』は「スーパーロボット大戦シリーズ」のゲーム作品。「αシリーズ」の1つ。

スーパーロボット大戦α
for Dreamcast
シリーズ αシリーズ
原作 スーパーロボット大戦α
開発元 バンプレソフト
スマイルビット
発売元 バンプレスト
対応機種 ドリームキャスト
発売日 2001年8月30日
価格 7,800円
テンプレートを表示

目次

概要編集

ドリームキャスト(以下DC)で発売された唯一のスパロボ。この後セガはコンシューマのハードウェア事業から撤退したため、セガ製ハードでの最後のスパロボとなった。戦闘画面で3Dポリゴンを初採用した作品。

プレイステーション版(PS版)『スーパーロボット大戦α』と同時に発売が発表され、PS版との違いとして戦闘シーンを3Dポリゴンで描くことを売りにしていた。しかし、開発は難航し第一報のスクリーンショット公開以降続報が発表されない状態が続き、結果として続編である『α外伝』より後発となってしまい、実質的にPS版のリメイク作のような扱いや仕様となっている。

発売日が延期された影響もあり、『α外伝』以降の続編に繋がらず単独で完結する、新規エンディングルートが追加された。

戦闘デモの読み込み時間がPS版に比べかなり長くなっている。

戦闘システムと難易度編集

  • 根幹となるシステム自体はPS版から変化はないが合体攻撃が追加。
  • ユニット、パイロットの能力設定が『α外伝』を参考に見直され、PS版よりも遊びやすくなっているが敵ユニットの耐久性、攻撃力が軒並み上昇しておりやや難化している。
  • 精神コマンドの効果も『α外伝』仕様になっているものが多い(激励信頼など)。
  • 初期精神ポイント量がPS版より20前後ほど引き下げられており、特に序盤で精神コマンドに頼った戦法がとり辛くなっている。
  • PS版にあったミニゲームは非実装。

話題編集

新規EDルートにて、PS版におけるラスボスがとあるキャラに一撃で葬り去られてしまい、多くのプレイヤーに衝撃を与えた。

マップ以外での会話シーンに使用されるキャラクターイラストは全て新規。出来がいい為か、以降PS2などで発売された多くのスパロボに流用された。

超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』の楽曲「愛・おぼえていますか」はサウンドモード・カラオケモードではPS版と同じだが、ゼントラーディとの決着のシナリオでは飯島真理氏によるボーカル付きの原曲が使用されている。

第3次スーパーロボット大戦α』では本作でのエヴァ関係の追加シナリオをアレンジして再現している。

発売前の雑誌インタビューによるとドリームキャストのネットワーク機能を生かした追加要素が構想されていたが結局没に。

登場作品編集

バンプレストオリジナル編集

登場メカ、人物ともに、種類については『α』とほぼ同じ。

ただし、シナリオ上の扱い(特にサイコドライバーの力の演出)は大きく変更されている。

また魔装機系についても、ネオ・グランゾンが登場するなど、『α』と若干異なる(詳細は『魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL』を参照)。

関連記事編集

関連項目編集

リンク編集