メインメニューを開く

クロスボーン・バンガード

クロスボーン・バンガードとは、『機動戦士ガンダムF91』及び『機動戦士クロスボーン・ガンダム』シリーズに登場する組織。

作品ごとに指導者と組織の理念が大きく異なる。

目次

概要編集

元は民間会社ブッホ・コンツェルンが組織した私設部隊「バーナム」を母体とした軍事組織で、地球連邦政府や世間では宇宙海賊と呼ばれている。なおよくMS開発史設定などで「クロスボーン・バンガードの」と誤表記される部分があるがクロスボーン・バンガード自体は例えるならばアナハイム・エレクトロニクスエゥーゴのエゥーゴの方に該当しAEに相当するMS開発を行っている企業の内容等を記す場合は「ブッホ・コンツェルン」または直接開発に当たっている「ブッホ・エアロダイナミクス社」を表記するのが正しい。数多の文字設定資料で混同されているので注意する事。

モビルスーツの小型化をいち早く成功させ主戦力とし、宇宙世紀0123年に「コスモ・バビロニア」建国のため、サイド4(旧サイド5)・フロンティアサイドを襲撃。コスモ・バビロニア建国後は、クロスボーン・バンガードを国軍とした。その後、地球連邦軍の駐留軍を撃滅してコスモ・バビロニアを勝利に導いた(コスモ・バビロニア建国戦争)。

クロスボーン・バンガードの兵士は連邦軍に入隊して戦術を学ぶと同時に、連邦の腐敗政治を教え込まれる。そして帰還した兵士はブッホ・コンツェルンに帰属して本格的な戦闘技術と貴族主義を叩き込まれる。そのため地球連邦軍の兵士より熟練している。

しかしその後、ロナ家のベラ・ロナが貴族主義を反対する演説を行った影響で内部分裂を引き起こし、組織は空中分解して崩壊。その崩壊した組織を、今度は崩壊させた張本人であるベラ・ロナが復興させて宇宙海賊に仕立て上げた。新生クロスボーン・バンガードはベラの指揮の下、木星帝国と熾烈な戦いを繰り広げることになる。もっともベラの思惑とは裏腹にザビーネを始めとする貴族主義者たちも依然多いままで組織としては一枚岩ではなく、実際ザビーネの反乱に乗じて多くの構成員たちが寝返っている。

木星帝国との戦いが終わりキンケドゥとベラが去った後、表向きはオンモを社長とした輸送会社「ブラックロー運送」として運送業や廃棄物処理などをして活動し、裏でサナリィと通じつつ有事の際には宇宙海賊として行動するようになるなど、義賊的な側面が増した。また、貴族主義者たちがいなくなり大半が木星戦役を生き延びたメンバーで構成されているためか、アットホームな雰囲気を持つようになった。しかし『鋼鉄の7人』における一連の戦いによりクロスボーン・ガンダムらの戦闘用MSトビア・アロナクスを喪失した事でそうした活動からも手を引き、義賊としてのクロスボーン・バンガードも事実上消滅。ブラックロー運送はその後、純粋に(?)一企業として発展していった様子(『クロスボーン・ガンダム ゴースト』期には大企業化)である。

更に時代が下った『クロスボーン・ガンダム ゴースト』においては、ユピテル財団のテテニス・ドゥガチの意を汲み宇宙細菌「エンジェル・コール」を追う財団の私兵集団が、木星共和国議会の意志を離れている事を強調するため「木星の仇敵」の名乗りをあえて戴き、新たなクロスボーン・バンガードとして活動した。

所属人物編集

創設初期編集

シャルンホルスト・ロナ
ブッホ・コンツェルン創設者。本来の名は「シャルンホルスト・ブッホ」。ジャンク屋から身を起こし一大財閥へとのし上がり、ヨーロッパの貴族であるロナ家の家名を金で買い、ロナと名乗るようになった。
企業経営を通じて民主主義の限界を痛感し、優れた能力を持つ貴族による社会変革を計画。その一環としてアクシズに存在するであろうサイコフレームのデータ回収を目論む。
エンゲイスト・ロナ
シャルンホルストの実子。連邦議会議員を務めており、シャルンホルストに非公開議事の内容をリークしていた。
クァンタン・フェルモ
私設部隊「バーナム」の隊員。オーガスタ研究所所属の強化人間であり、ガンダムNT-1 アレックスを改修した「ガンダムAN-01 トリスタン」を乗機とする。
ヴァルター・フェルモ
私設部隊「バーナム」の隊員。上記のクァンタンの弟。バイアランの改修機である「バイアラン・イゾルデ」を乗機とする。

コスモバビロニア時代編集

マイッツァー・ロナ
ロナ家の当主であり、クロスボーン・バンガードはロナ家のためにある。創設初期にも「バーナム」へアクシズに潜入するよう指示を出していた。
カロッゾ・ロナ
クロスボーン・バンガードの総司令官。
ドレル・ロナ
ロナ家の一員。自ら戦場に立ち、ドレル大隊を率いる。
ザビーネ・シャル
ブラック・バンガードを率いる。後に二度離反する。
ベラ・ロナ / セシリー・フェアチャイルド
クロスボーン・バンガードと戦い、後に復興させて木星帝国と戦う。

新生クロスボーン・バンガード時代編集

シェリンドン・ロナ
ロナ家一員で、コスモ・クルス教団を率いる。
キンケドゥ・ナウ
ベラ・ロナ率いる新生クロスボーン・バンガードのエース。
トビア・アロナクス
民間人であったが、のちにキンケドゥらからクロスボーン・バンガードを受け継ぐ。
ウモン・サモン
老齢の熟練パイロット。後にメカニックに転向。
ヨナ
女性パイロット。祖母はウモンの知り合い。SRWでは『V』にて名前のみ登場。
オンモ
輸送艦リトルグレイの艦長。木製戦役の際は後方支援として物資補給を担当し、戦役後にクロスボーン・バンガードの司令官となる。「サナリィの元アイドル」らしい。
後にブラックロー運送の社長としても活動し、『ゴースト』の時代では会長職となっていた。

保有戦力編集

創設初期(バーナム)編集

ガンダムAN-01 トリスタン
バイアラン・イゾルデ
ジェガン
紫色に塗られており、通常のジェガンとは異なる頭部や外付けのセンサーアイ、射出可能なビームランスを装着したビームライフル等、既存の装備とは全く違うものを装備しており、武装のレイアウトは後の時代のクロスボーン・バンガードのMSを彷彿とさせる。
クレヴェナール
上記のAN-01用のアームドベース。AN-01本体は肩から下がベースに埋没した状態で合体する。

コスモバビロニア時代編集

デナン・ゾン
デナン・ゲー
エビル・S
ベルガ・ダラス
ベルガ・ギロス
ダギ・イルス
ビギナ・ギナ
ラフレシア
ザムス・ガル
ザムス・ギリ
バグ

新生クロスボーン・バンガード時代編集

クロスボーン・ガンダムX1
クロスボーン・ガンダムX1改
クロスボーン・ガンダムX1改・改
クロスボーン・ガンダムX2
後にザビーネの裏切りで木星帝国の機体となるが、コアファイターだけはトビアに奪還された。
クロスボーン・ガンダムX3
ゾンド・ゲー
バタラ
ペズ・バタラ
木星帝国の機体を鹵獲して使用。
フリント
クロスボーン・ガンダムの量産型。
マザー・バンガード

登場作品編集

旧シリーズ編集

第2次スーパーロボット大戦
第2次スーパーロボット大戦G
第3次スーパーロボット大戦
カロッゾらがディバイン・クルセイダーズ所属で登場。組織としては出てこない。
第4次スーパーロボット大戦S
今作ではカロッゾ率いるDC精鋭部隊の名称として登場する。ザムス・ガルもイベントで少しだけ出番がある。

αシリーズ編集

スーパーロボット大戦αDC
大体は原作と同じ設定でジオン軍と連携しているが、ジオンやジュピトリアンと比べて影が薄い。
第2次スーパーロボット大戦α
初となる『クロスボーン』設定のクロスボーン・バンガードが登場する。また、ザムス・ガルとザムス・ギリが木星帝国所属として本格参戦した。

COMPACTシリーズ編集

スーパーロボット大戦COMPACT
マリーメイア軍と手を結ぶ。そのためトーラスサーペントが混ざっている。
スーパーロボット大戦COMPACT2第2部
スーパーロボット大戦COMPACT2第3部
スーパーロボット大戦IMPACT
登場ステージは少ないが、シールド防御が回数制の本作においてクロスボーン系MSのビームシールドは異常に頑丈に設定されており、後半では雑魚でも8~10回以上の全属性軽減能力を持つディストーションフィールド級の防御力が厄介。また、ギニアス・サハリンを取り込んでアプサラスも使用してくる。

VXT三部作編集

スーパーロボット大戦V
『第2次α』から約14年ぶりにクロスボーン設定として登場。ヤマトに協力する。
スーパーロボット大戦X
F91設定。戦争の世界においてネオ・ジオンに協力していた。また、本編の少し未来の時間ではクロスボーン設定となっている。
スーパーロボット大戦T
クロスボーン設定。本編の2年前にコスモ・バビロニア建国戦争が起き、1年前に木星戦役が起きている。

単独作品編集

スーパーロボット大戦Card Chronicle
『第2次α』から約10年、F91設定としては『IMPACT』から約11年ぶりの登場。ホウジョウ軍と手を結ぶ。

関連作品編集

ガイアセイバー ヒーロー最大の作戦
物語終盤に突然出現し、シャア率いるネオ・ジオンを滅ぼす。首領はカロッゾだが、エージェントの配下に過ぎなかった。

関連用語編集

エゥーゴティターンズネオ・ジオンマフティーリガ・ミリティア
先述の通り他の時代における類似概念となる組織。クロスボーン・バンガードはあくまでこれ等と比し列挙される概念であってAEやサナリィ等の開発企業と等列に記す物ではない。
ブッホ・ジャンク社
ブッホ・コンツェルンの前身となるスペースデブリ回収企業。『機動戦士ガンダムUC』でも主人公のバナージ・リンクスとその友人のタクヤ・イレイのアルバイト先として登場している。
ロナ家
シャルンホルスト・ブッホが、ロナ家の家名を買い取った。
コスモ・クルス教団
コスモバビロニアを掌握するための宗教団体。ニュータイプ至上主義を広めている。
コスモ貴族主義
劇中やスパロボシリーズでは単に「貴族主義」「貴族社会」とよく語られる。フランス語におけるノブレス・オブリージュを元とした「高貴な人間にはそれを伴う義務がある」「貴族の勤め」を掲げ体現している。ここでの貴族とは「家柄」や「由緒ある血筋」等にこだわらず「崇高な精神や優れた能力を持った者」を指しており、それらを持つ者がコスモバビロニアの社会において中枢を担う者であるとされている。しかしながらマイッツァーは「優れた人種によって支配する」と考える傍ら、ザビーネは「強い者が支配すべき」と考えていたり、後述のラフレシア・プロジェクトについても意見が割れるなど、個人個人で捉え方に差がある。更には家柄にこだわらないとしながら出奔したベラを後継者とすることに固執する傍らでそれを嘆く者がいたり、「堕落の象徴」と批難している地球連邦軍との癒着を力の根源にしているなど多くの矛盾を抱えるなど、意志統一が出来ているとは到底言い難い状況であったこと、そしてその現状を打破し、貴族主義者たちの意志を取りまとめ率いていけるだけの「人間的な意味での貴族」が不在であった事が最大の欠点だったと言えるだろう。
スパロボシリーズでは第2次αウモンがやや単純だが分かりやすく説明してくれている他、ベラ、ドレル、ザビーネそれぞれの持つ「貴族の意味」とそれに伴う貴族主義の複雑さが垣間見れる。
ラフレシア・プロジェクト
過剰人口を抑制するためのプロジェクト。カロッゾがその一員となってからは過剰人口を抑制するための大量虐殺兵器を開発した。その存在はカロッゾとその腹心であるジレなど、ほんの数人しか知らない。
実行者はカロッゾ及びジレだが、その発案者が誰なのかは具体的な描写が無いため判明していない。更に組織としてこのプロジェクトに対して意見が割れており、カロッゾは劇中で「任務遂行の為にエゴを強化した」「人類の10分の9を抹殺しろと命令されればこうもなろう」と語っているものの、ザビーネは「ラフレシアの事は私もマイッツァーも知らないこと」と述べている事から、カロッゾへ指示をした人が誰なのかは不明である[1]。一方漫画版ではマイッツァーがカロッゾに対し過剰人口に大して話をする描写がある事から、マイッツァーが首謀者である事が仄めかされている。
こういった事情からスパロボシリーズにおいても首謀者についてはあまり語られないが、αシリーズの世界においては漫画版の設定を解釈し、マイッツァーが首謀者であった事が判明している[2]

脚注編集

  1. 逆にカロッゾ自身が命令を歪曲して理解しているのか、将又マイッツァーがカロッゾに有事の際の責任を擦り付けて尻尾切りをしたのかは不明である。
  2. 中盤のシナリオでベラとドレルの戦闘前会話で判明する。詳しくはドレルの項目で。

資料リンク編集