メインメニューを開く

リガ・ミリティア

リガ・ミリティア(League Militaire)とは、『機動戦士Vガンダム』などに登場する組織。

目次

概要編集

神聖軍事同盟とも。

ジン・ジャハナムを指導者に、ザンスカール帝国による地球支配に抵抗する。ジン・ジャハナムという特定の指導者の下に、何人も影武者を用意している。

ミリティア(Militaire)とはフランス語で「民兵」を指す語(英語ではMilitia)で、構成員は正規の軍人ではなく訓練を受けた民間人。つまりゲリラである。実際、老兵や連邦軍からの流れ者なども多く、極めて雑多な編成をしている。

サナリィの技術者も多く参加しており、量産型MSであるガンイージですら当時の連邦軍の主力機であったジャベリン(SRW未登場)を上回る性能を持っている。

登場作品編集

旧シリーズ編集

第2次スーパーロボット大戦G
ジン・ジャハナムことビアン・ゾルダークが結成したことになっていて、DCが勝っても負けても異星人に抵抗できる勢力ができるようにしていた。

αシリーズ編集

スーパーロボット大戦α
エゥーゴカラバと連携しており、本作ではエゥーゴと同じく反地球連邦運動のスペースノイドが集まって出来た組織で、その殆どのメンバーがモビルスーツ関係の技術者で構成されており、アナハイムと協力でエゥーゴが使用するモビルスーツの開発を担当しているという設定ゆえに、エゥーゴのメンバーとも旧知の仲である。
その後はプリベンターに吸収された。

携帯機シリーズ編集

スーパーロボット大戦D
真ゲッターロボ 世界最後の日』の神隼人がジン・ジャハナムの一人として参加する。ネオ・ジオンOZノヴァンブル条約を結び、ブルー・スウェアを結成する。

単独作品編集

新スーパーロボット大戦
地球防衛軍に当初相手にされなかったが、後にロンド・ベルと連携する。

人物編集

ジン・ジャハナム
リガ・ミリティアの指導者という名目だが、実際は影を暗ます為の存在で、公には存在しない人物。
ちなみに、『機動戦士Vガンダム』に登場するジン・ジャハナムと呼ばれる人物は、中年の男性である。
ハンゲルグ・エヴィン
その行動力と指導力から「本物のジン・ジャハナム」と呼ばれている。
ミューラ・ミゲル
ハンゲルグの妻で、モビルスーツの手配を行っていた。
オイ・ニュング
ヨーロッパで活動を行っていた指導者。
ハリソン・マディン
地球連邦軍大尉。『機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト』においてリガ・ミリティアの"青い閃光"隊を率いている。
シーブック・アノーの子どもたち
シーブック自身は協力してないが、『機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト』においてその子供たちが参加していると触れられている。
リガ・ミリティア兵
一般兵士。

運用兵器編集

関連用語編集

地球連邦軍
リガ・ミリティアとは幾つかの連邦軍部隊に協力或いは共闘態勢を作り上げている。
サナリィ
リガ・ミリティアのモビルスーツサナリィの流れを引き継いでいると言われている。
アナハイム・エレクトロニクス
リガ・ミリティアに協力している会社。リーンホースをリーンホースJr.として改修した。
シュラク隊
リガ・ミリティアにおける女性を中心にしたモビルスーツ部隊。勇猛果敢な一方で、戦死者が多いことでも知られている。

余談編集

『機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト』(未参戦)では、宇宙世紀ガンダムシリーズで活躍したニュータイプ、エースパイロットなどと協力関係にあることが触れられている。

資料リンク編集