メインメニューを開く

スーパーロボット大戦Wiki β

スーパーロボット大戦X

スーパーロボット大戦X
読み スーパーロボットたいせんエックス
開発元 B.B.スタジオ
発売元 バンダイナムコエンターテインメント
対応機種 プレイステーション4
プレイステーション・ヴィータ
プロデューサー じっぱひとからげ
寺田貴信
佐竹伸也
ディレクター 安斎誠
名倉正博
シナリオ 名倉正博
キャラクターデザイン 高河ゆん
八房龍之助
中島和恵
メカニックデザイン 浅井真紀
八房龍之助
藤井大誠
主題歌 「鋼のWarriors」
発売日 2018年3月29日
価格

PS4 通常版 パッケージ・ダウンロード 8600円+税
PSV 通常版 パッケージ・ダウンロード 7600円+税

  • PS4 期間限定生産版 パッケージ・ダウンロード 12600円+税[1]
  • PSV 期間限定生産版 パッケージ・ダウンロード 11600円+税[2]
CERO区分 C(15歳以上)
テンプレートを表示

目次

概要編集

2017年12月11日に配信された「鋼の年末スパロボ感謝祭&忘年会」にて正式発表された。

B.B.スタジオの前作『V』に引き続き、PS4/PSVのマルチプラットフォームとなっている。また『V』に引き続き、限定版「プレミアムアニメソング&サウンドエディション」が発売される。継続して参戦している作品の楽曲は、『V』と異なる選曲もある。

制作チーム及び一部参戦作品は『V』と共通するものの、続編というわけではなく、本作単独でストーリーが完結することが事前アナウンスされている。

『V』同様に初回生産分には「初回4大特典」を入手できるプロダクトコードが封入されており、更にダウンロード版のみ「ダウンロード版購入プレゼントX」が追加される。

2018年7月5日現在、最新バージョンはVer.1.04。

システム編集

既存システムと変更点編集

エクストラアクションやスキルプログラムによるパイロット養成など、基本システムの多くは『V』を踏襲したものとなっている。

エクストラアクションの変更点
既存の4種に加えて、1戦闘だけEN・弾数を無消費で攻撃できる「トリックアタック」が追加(消費ExC:3)。
エクストラオーダーの変更点
既存の4種に加えて、周囲4マス内の全ての自軍ユニットの能力値を1ターン上昇(格闘・射撃・回避+10、防御+15)させる「周辺指揮」が追加(消費ExC:2)。効果が10回まで重複する。
合体攻撃の変更点
本作では、合体攻撃の構成ユニットが最低1機でも出撃していれば、一部を除いて合体攻撃の使用が可能。ただし、その際の攻撃力は全機出撃時よりも減少する。
また、構成ユニットを2機以上出撃させた状態で1機が撃墜された場合、従来通りに使用不可能となる。
特殊スキルの変更点
修理技能補給技能が新スキル「レスキュー技能」へ統合された。その他の新スキルとして「先制攻撃」「ラッキースター」「ExCボーナス」が登場。
他方、『V』に存在した「プロテクション」は未採用となっている。また、下記のMagicカスタマイズとの兼ね合いからか、「集中力」も未採用となっている。
精神コマンドの変更点
新規コマンドとして、使用者のエクストラカウントを5上昇させる「決意」が登場。他方、シリーズの常連コマンドであった「ド根性」が不採用となった。
ファクトリーの変更点
TacPカスタマイズがMagicカスタマイズに変更。GREADが全6段階となり、3段階目に特定の精神コマンドの消費SPを割合で下げるカスタマイズが、5段階目に武器攻撃力を上げるカスタマイズが追加された。
『V』で猛威を奮った「クリティカルブースト」は削除され、替わって「レンジブースト」が追加されている。
難易度設定の変更点
新たに高難易度の「エキスパートモード」が追加。『OGシリーズ』のEXハードモードと違い、改造や養成は制限を受けない。また、SRポイント獲得条件が一律「リトライをせずにステージをクリアする」に変更される。
周回プレイの変更点
キャラのスキル習得状況をTacPに返還し直すか、返還しないままにするかを選べるようになった[3]
カスタムサウンドトラック機能の変更点
収録曲に限り、主にサビ部分となるあらかじめ設定された地点から途中再生する事が可能になった。(最初から再生か途中から再生の二択。個別、全体の設定も可能)再生の開始地点は途中からになるがループ自体は普通に曲の始めに戻る形になる。

難易度編集

前作V同様のシステムであり、基本となるスタンダードモードでの難易度はそれほど高くはない。大ボスの耐久力も第3次Z程ではなく、全滅の憂き目にあうこともないだろう。但し1周目からエキスパートモードを選択したりすると、おもに命中・回避の面で苦戦続きとなる。本作ではルート分岐による部隊分割が常に同じなため、メインで進むルートを固定すれば自然と育成する機体・パイロットも約半分になる。主力ユニットをある程度決めて育てれば相対的に難易度は下がる。

参戦作品編集

★は新規参戦。

聖戦士ダンバイン New Story of Aura Battler Dunbine』・『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』・『機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人』・『マジンカイザー(オリジナル版)』・『真マジンガーZERO vs 暗黒大将軍』は機体のみの参戦と発表されているが、『New Story of Aura Battler Dunbine』・『鋼鉄の7人』はキャラクターも登場する。

バンプレソフト時代を含めてB.B.スタジオ製の版権スパロボ作品では初めて、ゲッターロボシリーズが不参戦となった。

『ベルトーチカ・チルドレン』・『マジンカイザー(オリジナル版)』は参戦作品一覧に記載されるのは初だが、新規参戦作品には入っていない。

また、『魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL』よりマサキ・アンドーサイバスターがゲストとして登場する。早期購入特典を適用している場合は、序盤から使用可能となる。

「鋼の年末スパロボ感謝祭&忘年会」では、タイトルにXの付く作品がないことを指摘されていた[4]。これも『V』同様、参戦作品が決まってからタイトルが付いたという事情が明かされている。

プレミアムアニメソング&サウンドエディションのみ『新機動戦記ガンダムW』『コードギアス 反逆のルルーシュ』名義の楽曲が収録される。

世界観編集

世界観/Xを参照。

バンプレストオリジナル編集

登場メカ(オリジナル)編集

ゼルガード
本作の主人公機。デザインは浅井真紀氏。
ゼルガード・ミラー
ホープスが作り出したゼルガードのコピー。
ワース・ディーンベル
セルリックが乗るディーンベルのカスタム機。デザインは八房龍之助氏。
ディーンベル
ワース・ディーンベルの原型機。
ルーン・ゴーレム
魔従教団が使役するゴーレム。

登場人物(オリジナル)編集

『スーパーロボット大戦V』と同じく男女選択制を採用しており、選ばなかった方の主人公も登場する。一部の人物の苗字が宝石になっている。

オリジナル主人公のキャラクターデザインは『機動戦士ガンダム00』のキャラクター原案も手掛けた漫画家の高河ゆん氏が担当する。

イオリ・アイオライト
男主人公。担当声優は新井良平氏。
アマリ・アクアマリン
女主人公。担当声優は佐藤聡美氏。
ホープス
主人公のパートナーとなる魔法生物。担当声優は野田圭一氏。キャラクターデザインは中島和恵氏。
セルリック・オブシディアン
魔従教団の法師を務めている青年。担当声優は真殿光昭氏。キャラクターデザインは八房龍之助氏。
キールディン・エンデ
魔従教団の現時点の最高権力者である導師を務めている老人。キャラクターデザインは八房龍之助氏。
魔獣エンデ
本作のラストボス。魔従教団の信仰する「智の神エンデ」の正体である高次元生物。担当声優は田中秀幸氏。キャラクターデザインは斉藤和衛氏。

用語編集

アル・ワース
本作に登場する、智の神エンデが守護する異世界
魔従教団
イオリとアマリが所属する、アル・ワースの法と秩序を守る集団。
ドグマ
アル・ワースにおける魔法の概念。アル・ワースに満ちる「オド」と呼ばれる物質を用いて発現させる。
オート・ウォーロック
魔従教団の機動兵器。

関連記事編集

話題編集

  • 『V』に引き続き、スパロボファンの著名人を起用したプロモーション企画が実施されている。今回の人選は、大相撲の振分親方(元・高見盛関)。
    • また、序盤のプレイ動画(ダイジェスト)も公開されている。
  • 『V』では制作されなかった3DCGによるオープニングムービーデモが復活。ただし約1分程のショートデモであり、参戦作品の機体は登場しない。
  • 次回作にあたる『スーパーロボット大戦T』がプレイステーション4/Nintendo Switchへとプラットフォームを変更したため、本作がシリーズ最後のPSVita向けタイトルとなった。

資料リンク編集

脚注編集

  1. 5月31日まで生産・配信
  2. 5月31日まで生産・配信
  3. クリア時点のキャラ限定であり途中で離脱するキャラは離脱する際に自動で返還される。
  4. 厳密には、「クロスボーン・ガンダム」シリーズのタイトルロゴには大きく「X」が用られている。