メインメニューを開く

スーパーロボット大戦X-Ω』は「スーパーロボット大戦シリーズ」のゲーム作品。

スーパーロボット大戦X-Ω
読み スーパーロボットたいせんクロスオメガ
開発元 セガ[1]
B.B.スタジオ(監修)
運営元 セガ
配信元 バンダイナムコエンターテインメント
対応機種 スマートフォン
プロデューサー オオチヒロアキ
山田理一郎
シナリオ B.B.スタジオ
キャラクターデザイン 渡邉亘
最新バージョン 5.4
配信開始日 2015年10月5日
価格 基本プレイ無料(アイテム課金制)
テンプレートを表示

概要編集

セガゲームス(後にセガ)との共同企画・開発による、スマートフォンおよびタブレット端末用ゲームアプリ[2]。ジャンルはロボットアクションRPG。基本プレイ無料(アイテム課金制)。公式略称は「スパクロ」。

内容は所謂「ラインディフェンス」と呼ばれるタイプのゲームで、基本システムはセガが先に手がけたスマートフォン用RPG『チェインクロニクル』と同様のものを採用している。キャラクターボイスについては、携帯電話でゲームをプレイする場合、音を切っているユーザーが多いのではないかという考えにより実装は控えられていたが[3]、「鋼の超感謝祭2016」におけるアップデート情報にて一部キャラクターに順次実装されるとした。なおBGMは全曲オリジナルとなっているが、2017年2月より、イベント開催中の特定状況下でのみ版権BGMが流れるようになった。

ストーリー編集

ストーリークエスト
主人公イヌイ・アサヒが遺跡から発掘された謎のマシンヴァンアインを巡り戦いに巻き込まれていく長編。
一般的なスーパーロボット大戦のメインストーリーに相当し、ストーリーは順次追加されていく。複数の章で構成されており、第9章まではおよそ2か月ごとに順次追加を行う形式であったが、第10章以降は毎週1話ずつの追加となる。
バトルパートについてはVer.5.0アップデートによりアリーナと同様のVSバトルモードへ変更された。
イベントクエスト
約1週間ごとに開催されるイベントのストーリー。
参戦作品の中から数作品をピックアップして、独自の平行世界をイベント毎に用意するパターンが多く、イベントによっては作品のサブキャラクターを主軸として話を展開するなど、一般的なスーパーロボット大戦とは異なったストーリー展開もある。基本的にイベント単位でストーリーや世界観は完結しているが、「アイドルマスターシリーズ」の期間限定参戦イベントなど、複数のイベント間で話が継続していることもある。
イベント開始前の告知文については、Ver2.0以降はテレビアニメの次回予告をイメージしたスタイルとなっている。
終了済イベントのストーリーは、シナリオをクリアしていなくともシナリオ回想で閲覧が可能(期間限定参戦作品関連のイベントは対象外)。

システム編集

システム/X-Ω」を参照。

演出面編集

  • ベースとなった『チェインクロニクル』と同様にユニットグラフィックは3Dポリゴンを採用。キャラクターグラフィックは版権スパロボではシリーズ初となる全身画方式を採用している(シナリオデモでは上半身をトリミングしたバストアップ方式。バストアップ採用は版権スパロボでは『NEO』以来となる)。
  • 2016年10月14日のアップデートより、2Dイラストをアニメーションさせる技術「Live2D」をシリーズで初めて採用。それまでは必殺スキル発動時のキャラクターイラストは静止画だったが、同アップデート以降アニメーションを行うようになった(全キャラではなく、順次実装となる)。演出の特性上、実装されているのは女性キャラクターが大半を占めており、対応しているのはレアリティがSSRのユニットのみ。
  • Ver.2.5アップデートによってフレームレートを秒間60フレームに設定できるようになり(通常時は30フレーム)、ユニットモーション等がより滑らかに動くようになった。
  • Ver.3.0から実装された「Ωスキル」では家庭用スパロボ作品さながらのアニメーションとフルボイス演出によるムービーカットインが挿入される。

参戦作品編集

★は新規参戦。第1期は計31作品、第2期は計24作品、第3期は計22作品、第4期は計13作品。

第1期参戦作品編集

ストーリーの第1章は2016年2月29日のアップデートでリニューアルされている。以下の「新1章~」と表記されているものはリニューアル後に登場した作品。

第2期参戦作品編集

第3期参戦作品編集

第4期参戦作品編集

期間限定参戦作品編集

枠外作品編集

公式サイトにおいて参戦作品としてラインナップされていない作品群。括弧内は電撃オンラインの公式攻略Wikiにおける便宜的な分類。

解説編集

『マジンガーZ』『グレート』『ゲッターロボ』は機体や人間関係はTV版のものに近いが、性格等はOVA版のものに近いという独自のアレンジが加えられている(参戦上の表記はTV版となっている。それぞれ後にOVA版も追加参戦)。『ゲッターロボ號』は2017年4月25日の「生スパロボチャンネル」によると漫画版名義での参戦とのことだが、機体のデザインはアニメ版のものとなっており、公式サイトの説明文では両方の内容が記載されている。

機動戦士Ζガンダム』はグラフィック等は劇場版基準となっている。

コンピュータゲーム原作の『サクラ大戦』『ロックマン』『メダロット』は参戦名義が単独となっているが、第1作目以降のナンバリングタイトルやメディアミックスの要素を総合的に盛り込んでおり、事実上シリーズ扱いでの参戦となっている。『SDガンダム』については参戦名義は各ユニットごとに異なるが、ゲーム内での出典は「SDガンダムシリーズ」で統一されている。

サービス開始段階では全発表作品のユニットが実装されておらず、イベントやガシャの更新で順次ユニットが追加実装されている。また、ユニット未登場の作品のキャラがストーリーに登場することもある。

OGシリーズ」からもゲストユニットが登場することがある。キャラごとに出典元になる作品は異なるが、ゲーム内では『スーパーロボット大戦OG』で統一されている(イベントなどでは出典作の設定やシナリオを再現することもある)。「OGシリーズ」のユニットは参戦イベントが終わった後に各種ガシャへラインナップされるため、事実上正式参戦と変わらない扱いとなっている。2018年10月の「生スパロボチャンネル」で公表された参戦歴史年表では正式参戦の方にOGシリーズの機体は掲載されていた。

参戦作品はロボットの活躍が極小なもの、ロボットは登場するが戦闘が主体ではないもの、そもそもロボットが全く登場しないものが多い。以前のシリーズ作品でもこういった作品は参戦していたが、本作はとりわけ数としては群を抜いている。このような作品が参戦することについてオオチヒロアキPは、2016年時点では「基本的にロボットアニメからの参戦を原則とすべきと議論されている」「ルールから逸脱し続けると、スパロボがスパロボでなくなる」と、上記作品群の参戦に対し慎重に検討する考えを述べていた[14]が、その後はそういった作品が大幅に増加し2019年時点では寧ろ従来のスパロボでは出しにくい作品を参戦させていく形で運営されるようになっている[15]。また、アプリゲームとしてのフットワークの軽さから期間限定参戦と称して様々な作品がスポット参戦しており、「新作ロボット作品の広告塔」としての側面も持たされているともいえる。

世界観編集

ストーリークエスト、ソリス関連のイベントクエスト以外は、ナイアーラ曰く「平行世界の吹き溜まり」との事。

世界観/X-Ωを参照。

バンプレストオリジナル編集

登場人物編集

アルファオメガ / H.I.A.W.D編集

イヌイ・アサヒ(乾朝陽)
本作の主人公。18歳。
シャッテ・ジュードヴェステン
本作のヒロイン。18歳。
ミリュー・ジュスト
ナビゲーター。
イヌイ・ホノカ
アサヒの妹。ある理由からシャッテに代わりヴァンアイン・アルヴァのサブパイロットとなる。
クン・インユェ
アルファオメガの団長。シャッテの母親だが、姓が異なっている理由については明らかになっていない。
スプリッターの火星遺跡襲撃の際、死亡したと思われたが、その後オルブロ側の人物として再登場する。

ソリス編集

オリーヴ・オペール
ナビゲーター。19歳。アルファオメガのオペレーターだったが、同組織解散に伴いソリスに参加。
アマノミヤ・アヤメ
ソリスの所属パイロット。真面目な性格でカタリーナとベルタのまとめ役。
カタリーナ・カンパーニ
ソリスの所属パイロット。天然かつ徹底的にマイペースな性格。
ベルタ・ベルンシュタイン
ソリスの所属パイロット。自らを「冥王13柱の一人」と称する極度の中二病。
フローリア・フランク
ソリスの所属パイロット。高飛車な性格だが付き合いとノリは良い。
エーメル・エルキン
ソリスの所属パイロット。ソリスのパイロット陣では最年少メンバー。ボーイッシュなボクっ子。
ドルテ・ドリーセン
ソリスの所属パイロット。ベルタのいとこ。
グーニラ・グレーナー
ソリス所属の技術者で、ハインヘルムの開発者。オリーヴと同じく元アルファオメガ団員。
ジギー・スター
オリーヴ達を鍛え上げるためにソリスに配属された教官。

オルブロ編集

コヨートル
オルブロに属する青年。第5章より登場。ズナークと呼ばれる新たな量産機を呼び出し、自身はショロトルと呼ばれる機動兵器を使役する。
ナイアーラ
他作品とのコラボイベントに登場する進行役で中性的な外見が特徴。
ストーリークエストにおいては第5章エピローグにて初登場、第6章で名前が明かされ、第7章でハウラー・イン・ザ・ダークと呼ばれる機動兵器を使役する。
フェール
謎の女戦士。第6章より登場。ヴァンアウスに搭乗し、ヴァンアインとアサヒ、ホノカを執拗に狙ってくるがその正体は……
フール
オルブロのトップを名乗る女性。第9章より登場。

ルーフォス編集

ワクカガ
自らを「傍観者」と称するルーフォスの男。
オキクルミ
ピンクの髪のルーフォスの少女。常にサマイクルと一緒にいる。
サマイクル
水色の髪のルーフォスの少年。常にオキクルミと一緒にいる。

その他編集

フェンディ
フェールに似た姿をした仮面の女戦士。
シズキ・シズカワ
ヴェルターブ・テックストと同じくニコラ・ヴィルヘルム研究所ドイツ支部に所属するテストパイロット。ヒュッケバイン・タイプLに搭乗する。
ニコラ・ニコラウス
ソリスのスポンサー。玩具会社の社長でカタリーナの父親の幼馴染。
ヴィクトラン子爵
フローリアが飼っている大型犬。
オウラ
『X-Ω』世界における「神」に位置する存在にして黒幕。オルブロやルーフォスら高次生命体を創り出し、「進化の実験」という破壊と殺戮を繰り返していた。

登場メカ編集

ヴァンアイン
本作の主人公機。
ヴァンアイン・アルヴァ
ヴァンアインの強化改修機。
ヴァンレイズ
ヴァンアイン・アルヴァとヴァンアウスが融合した機体。
ヴァンヴァルト
ヴァンレイズが崩壊した事で誕生したアサヒの新たな機体。
ヴァンクフト
ヴァンレイズが崩壊した事で誕生したシャッテの新たな機体。
ヴァンハイト
ホノカ専用機。
ヴァンオメガ
ヴァンヴァルト・ヴァンクフト・ヴァンハイトが融合して誕生した究極の願望器。
ハインヘルム
ソリスが開発した量産型の機体。
ハインヘルム強襲型
ハインヘルムの宇宙戦高機動仕様。
ハインヘルム強防型
ハインヘルムの装甲強化仕様。
ハインヘルム強火型
ハインヘルムの砲撃強化仕様。
ハインヘルム改
フローリア、エーメル、ドルテ、グーニラの搭乗するハインヘルムの強化型。
ハインヘルム改 強防型
ハインヘルム改の装甲強化仕様。
ハインヘルム改 強火型
ハインヘルム改の砲撃強化仕様。
ハインヘルム改 強襲型
ハインヘルム改の宇宙戦高機動仕様。
ハインヘルム・ウーラ
ジギー専用のハインヘルム。
メルスギア
ソリスの最新鋭機。
メルスギア・ターラ
オリーヴ専用のメルスギア。
メルスギア・マラゴール
カタリーナ専用のメルスギア。
メルスギア・ヴォビス
ベルタ専用のメルスギア。
メルスギア・ホーヴァン
アヤメ専用のメルスギア。
メルスギア・エルラーナ
エーメル専用のメルスギア。
メルスギア・オシス
フローリア専用のメルスギア。
メルスギア・ジャウル
ドルテ専用のメルスギア。
メルスギア・ザヴァス
グーニラ専用のメルスギア。
メルスギア・ウルトゥール
ジギー専用のメルスギア。
スプリッター
オルブロの尖兵である量産型機動兵器。ソリスでは訓練機として本機のレプリカを製造している。
コウガイ
クンの搭乗機。
ズナーク
コヨートルが新たに呼び出したスプリッターの上位に位置する量産型機動兵器。
ショロトル
コヨートルが使役する機動兵器。
ヴァンアウス
フェールの搭乗機。見た目はヴァンアインに酷似している。
ハウラー・イン・ザ・ダーク
ナイアーラが使役する機動兵器。
エッティラ
フールが使役する巨大兵器。
ヴァンバルム
ヴァンアウスに酷似したフェンディの搭乗機。
カンナカムイ
オキクルミとサマイクルが使役する機動兵器。
ティニケ
ワクカガが使役する機動兵器。

用語編集

アルファオメガ
火星遺跡を調査していた団体。ストーリー冒頭でメガノイドスプリッターの襲撃に会い、その後解散。
ソリス
火星で起きた事件の調査団。
H.I.A.W.D(ハイアード)
自軍部隊の名称。
シルシ
アサヒやシャッテが持つ、ヴァンアインなどの火星遺跡の兵器群を操るための因子とされる要素。人間が高次生命体へと進化する条件でもあり、その可能性を秘めた者は「シルシの適合者」と呼ばれる。なお、シルシの適合者が高次生命体へと進化出来る確率は極めて低く、大抵の場合はシルシと一体化し生命体でも無機物でもないナニかに成り果ててしまい、それがスプリッターとズナークの正体である。
その正体は、オウラがオルブロとルーフォスを戦い合わせた際に発生した副産物。
Ωシステム
ヴァンアインなどの願望機に搭載されているシステム。
オルブロ
オウラにより創られた高次生命体。シルシの適合者が進化に成功した姿のひとつで、他の生命体の絶望を糧とする。
ルーフォス
オウラにより創られた、オルブロに相対する高次生命体。

関連記事編集

資料リンク編集

脚注編集

  1. 2020年3月31日まではセガゲームス。
  2. 同体系の先行タイトルである『スーパーロボット大戦Card Chronicle』と異なり配信にソーシャル・ネットワーキング・サービスを介さない、いわゆるネイティブアプリとなる。
  3. http://dengekionline.com/elem/000/001/321/1321071/
  4. 4.0 4.1 2019年3月にユニットのみ復刻。
  5. 2019年2月・3月にユニットのみ復刻。
  6. PS4版名義。
  7. 2019年8月にユニットのみ復刻。
  8. 2019年2月にユニットのみ復刻。
  9. 9.0 9.1 2019年12月にユニットのみ復刻。
  10. 同年12月の『劇場版 マクロスF』のイベントにも引き続き登場。
  11. 11.0 11.1 11.2 2019年9月にユニットのみ復刻。
  12. 12.0 12.1 参戦発表時はそれぞれ個別タイトルが表記されたが、ゲーム内では「SDガンダムシリーズ」と、他のシリーズも含めて一纏めにされている。
  13. 2020年2月にユニットのみ復刻。
  14. 【スパロボ クロスオメガ】開発者インタビュー。大型アップデートの真意を語る(後編) 2019年11月30日閲覧。
  15. 『週刊ファミ通 2019年10月10日号』67頁。