メインメニューを開く

兜甲児は『マジンカイザー』『マジンカイザー 死闘!暗黒大将軍』の主人公

兜甲児
読み かぶと こうじ
外国語表記 Kouji Kabuto
登場作品

マジンガーシリーズ

声優 石丸博也
デザイン 羽山賢二
初登場SRW スーパーロボット大戦GC
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(日本人)
性別
所属 光子力研究所
テンプレートを表示

概要編集

OVA版で容姿や性格が大幅に改変された流竜馬とは異なり、甲児はTV版とほぼ変わらず担当声優も石丸博也氏が続投している。

マジンカイザー編集

マジンガーZのパイロットだったが、マジンガーZをあしゅら男爵に捕獲されてしまい、引き離されたパイルダーが自動操縦で辿り着いた格納庫に封印されていたマジンカイザーに乗り込む。しかし、暴走してしまいグレートマジンガー光子力研究所を襲ってしまう。その後は、カイザーを乗りこなせるよう特訓し乗りこなしている。

マジンカイザー 死闘!暗黒大将軍編集

カイザーと離れているところをミケーネ帝国に襲われ、仲間たちの尽力と犠牲を経て光子力研究所に辿り着く。なおも研究所に迫るミケーネに対し、オーバーホールを受けてパワーアップしたカイザーと共に立ち向かう。

ちなみに乗機であるマジンカイザーのマジンガーをも圧倒し、どんな攻撃を受けても傷一つ付かない強大さ、頑強さに目が行きがちだが、OVA版の甲児本人の頑丈ぶりもかなりのもの。OVA版では敵の攻撃を食らってしまいコックピットにかなりの衝撃がくるシーンが見られるが、痛みにうめく程度でカイザー同様本人も無傷であった。暗黒大将軍版ではさらに拍車がかかっており、大気圏から減速無しで投下されたカイザーに、パイルダーで自身も減速無しで突っ込みドッキング(要は正面衝突している)を行っている。そしてそのまま衝撃で巨大クレーターができるほどの速度で地面に叩き付けられたにも関わらず、こちらもカイザー同様無傷でそのまま戦闘を行っている。ある意味この超人ぶりは後の真マジンガー版に通じると言える。

登場作品と役柄編集

携帯機シリーズ編集

スーパーロボット大戦J
明確な名称は出ていないが、さやかボスと共に『フルメタル・パニック!』の陣代高校に通っているという設定で、男主人公の統夜と同じ学校でもある。フルメタ勢や統夜との互いの面識は当初無かったが、学校に戻った際に、かなめと一緒にガウルンに拉致されてしまった。
マジンガーZから途中で乗り変えるマジンカイザーが甲児専用で、ゼオライマーと双璧をなす強さなので、圧倒的な撃墜数を稼ぐことが出来る。
ストーリー上は統夜の戦意を促す役回りとなっているが、『A』でのアカツキエリナと同様、他のシリーズに比べて「価値観の押し付け」「荒事に巻き込んだ責任を感じていない」とも受け取れる言動が目立ち、プレイヤーによっては悪印象を与えてしまうかもしれない。有体に書けば、シリーズで最も欠点が強調された「兜甲児」と言え、一部プレイヤーを戸惑わせた。
ただし、これらの発言は序盤に集中しており、さらに主人公が統夜の場合のみの発言も多いので中盤以降は普段通りと言える。
スーパーロボット大戦W
初登場時はあしゅら男爵の策略でさやかを人質に取られ、やむを得ずマジンガーZごと敵となる。その後クルツがさやかの救出に成功、ボロボロのZでグールに特攻して死亡したと思われていたが、原作と同様の展開でマジンカイザーに乗ってきて仲間になる。第1部中盤で陣代高校に転入。
第2部ではバイオネットギムレットを倒した際に調子に乗り、Zでミケーネ勢に1機突っ込みボコボコにされた挙句、暗黒大将軍からZを一刀両断されてしまうも、ガンドーベルに乗って奪われたカイザーの奪還をやってのけ戦線復帰と相成る。
今回もカイザーが無双可能なくらい強いので、最強候補の一角となっている。
スーパーロボット大戦L
本編第2話から登場。さやか曰く勉強は苦手ではないらしい。初っ端から剣児に特訓する気を出させるためにエッチな提案をする。しかし、剣児に対するオチまで付けて考えており、スケベな様子はそれ以外見せない辺り、剣児と一緒に覗きを敢行した『K』とは対照的である(ただし、さやかやボスには誤解された)。
原作終了後設定だがカイザーの調整が終盤までかかるため、長い期間、OVA原作で活躍できなかった元祖相棒マジンガーZで戦うことになる。『NEO』に続き鉄壁を覚えない。

単独作品編集

スーパーロボット大戦GCXO
初めてOVA版『マジンカイザー』設定で参戦。序盤はスポット参戦での登場となり、本格参入はマジンカイザーの登場後。OVA版でも格闘防御の高さは相変わらず。機体のサイズの都合上、戦艦や巨大な相手は不利なので、狙い撃ちは必須である。2週目以降第30話に登場するあしゅら男爵のグールを撃墜するため、格闘、射撃、撃墜数100機のスキルエースを目指そう。
スーパーロボット大戦Card Chronicle
今作は別世界の兜甲児は勿論、もう一つの魔神皇帝と共演する。
スーパーロボット大戦X-Ω
リリース当初からTV版名義で参戦していたが、第2期参戦作品として2016年4月よりOVA版名義としても参戦。基本的には同一人物扱いで、同時編成は不可。
マジンカイザーに搭乗した彼のイラストはOVA版のパイロットスーツを着ているが、Ωクロスのカットインだけは何故かTV版のパイロットスーツを着た状態になっていた(現在は修正されている)。
OVA名義でグレンダイザー行方不明だった父親と共演するのは本作が初であり、ユニットとしては登場しないが本作でもTFOを作っていた
Ωスキル演出にてボイスがある。OVA版のパイロットパーツにはボイスがないが、TV版のパイロットパーツも使えるため、そちらを装備させるとカイザー用のボイスも聞くことができる。
スーパーロボット大戦DD
序章ワールド1より参戦。グラフィックの大半はスパクロの流用だが、会話時の普段着が学ランになった。

パイロットステータス編集

能力値編集

マジンカイザーに唯一搭乗できるという最大の特徴を持つ。元祖スーパー系パイロットはOVA版でも、能力の傾向は変わりない。格闘防御共に一級品で、命中回避は低め。射撃も低くなく及第点。

精神コマンド編集

スーパー系に必要なものを全て取りそろえている。鉄壁闘志必中による反撃スタイルも可能であることが多い。

GCXO
ド根性不屈必中熱血鉄壁気合
JW
必中不屈鉄壁熱血ド根性闘志
L
不屈ド根性必中気合熱血
X-Ω
根性鉄壁熱血
同時参戦しているTV版の甲児と同じラインナップ。
パイロットパーツ装備時
ド根性必中+、勇気
TV版のパイロットパーツとはラインナップが異なる。
DD
我慢挑発根性熱血鉄壁堅固

特殊技能(特殊スキル)編集

底力のレベルの上がり易さとトップクラスのレベルの高さがウリ。

GCXO
底力L8援護L2
J
斬り払い底力L8援護攻撃L1援護防御L2コンボL2
W
斬り払い底力L8マルチコンボL2
DD
一心同体
必殺技威力、照準値、運動性に補正がかかる。
底力(甲児)
必殺技威力に補正がかかる。気力130以上の時、ステージ中一度だけ「不屈」(レベルが上がると「奮起」も追加される)がかかる。

人間関係編集

兜シロー
弟。
兜十蔵
祖父。マジンガーZおよびマジンカイザーの製作者。TV版と異なってOVA版では生存しているが、失踪中。
弓弦之助
マジンガーの整備や開発を行っている。後にマジンカイザーを強化する。
弓さやか
弓教授の一人娘。甲児に好意を抱いている。
ボス
元は暴走族だったが、甲児との出会いをきっかけに戦いに参加する。甲児にライバル心を持ち、さやかの気を引こうと奮闘するが、空回りしている。
ヌケムチャ
同級生。ボスの子分として協力する。
剣鉄也
兄貴的存在。TV版準拠の時と違い、甲児のことを苗字で呼び捨てにする。
炎ジュン
仲間。

他作品との人間関係編集

ダイナミック系編集

兜甲児 (真マジンガー)
別世界の兜甲児自身。『CC』では、祖父を殺した別世界のあしゅら男爵への怒りに駆られて街に被害を及ぼした彼を説教した。
流竜馬神隼人車弁慶
W』にて共演。TV版の甲児と同様に、強い信頼関係で結ばれた戦友である。『W』の物語途中からは共に陣代高校に通うように。
流竜馬 (OVA)
GC』(『XO』)にて共演。偉大な先輩として尊敬している。
草薙剣児
L』と『CC』にて共演。性格も似通っており、仲の良い友人である。ちなみに、TV版設定で共演した『K』では同年代だったが、『L』では甲児の方が先輩である。
柳生充子早乙女門子身堂竜子
『L』では剣児を特訓でやる気にさせる為、彼女達に「ある提案」をする。
デューク・フリード
DD』にて共演。異星人だからと受け入れると思っていなかった彼に、既に異星人やそれに近い者が居ること、そして受け入られていることを語り驚かれている。また東映版同様に「大介さん」と呼んでいる。

スーパー系編集

葵豹馬
J』『L』で競演。TV版の甲児と同じく仲の良い間柄。
カブト将軍
XO』にて追加された戦闘前会話では、甲児の苗字「兜」に対して激怒していた。
ボルフォッグ
W』では彼からガンドーベルを借り、暗黒大将軍からのカイザーの奪還劇を演じる。
猿渡ゴオ
OVA版の甲児とは『L』にて初共演。TV版の甲児と同じく、偉大な先輩として尊敬している。
光司鉄也
OVA版の甲児とは『L』にて初共演。ご存知甲児のオマージュキャラの一人。
葵竜也
OVA版の甲児とは『L』にて初共演。彼も光司と同じく、甲児のオマージュキャラの一人である。
九条美海
『L』では彼女が窮地に陥った際、宗美の攻撃から彼女を庇っている。
イクサー1
『L』では異星人である彼女ともわけ隔てなく接している。
彼女が美人だからというのもあったらしいが、「他の星の人間だから仲良くできないのは悲しい」とOVAシリーズには登場しない作品を意識した発言もしている。

ガンダムシリーズ編集

キラ・ヤマト
J』『W』『L』『CC』で競演。
『J』『W』では同年代で甲児の方が戦いではやや先輩にあたり、『L』ではキラの方が先輩にあたる。対照的な性格であるが、ラクスの人質作戦を否定してその返還を手伝おうとする等、キラの理解者でもある。
ナタル・バジルール
『J』ではやむなくラクスを人質にとる作戦をとった彼女に対して猛反発し、非難した。
エドワード・ハレルソン
『W』ではアラスカで出会った際に打ち解けあい、親しくなる。後に彼がアズラエルを裏切ってノイ・ヴェルターに加勢してくれた際には人一倍喜んでいた。
アッシュ・グレイ
『W』ではザフトに彼のような悪党がいることに驚きと怒りを隠せなかった。
レイ・ザ・バレル
『L』ではアイドルコンテストの際に裏方で一緒に働いていたらしく、メサイア攻防戦にてそれにまつわる会話が発生する。

リアル系編集

相良宗介
W』では拠点の都合からマジンガーチーム、ゲッターチームと共に宗介らのいる陣代高校へ転校してくる。
千鳥かなめ
J』では同級生で、『W』でも途中からは同級生になる。
ガウルン
『J』では彼に拉致されたり対戦時に大苦戦を強いられる場面もあり、ちょっとした因縁ができる。
テンカワ・アキト
『W』では彼のラーメンを食い逃げする。彼が根に持っていたかどうかは定かではない。
ミスマル・ユリカ
TV版の甲児同様に彼女のキャラクターに呆れる事が少なくない。
アカツキ・ナガレ
『J』では人質作戦をとったナタルを責めた甲児達をたしなめ、代案を出さずに責めるだけ責めるその有様を「みっともない」と切り捨てられ、彼にも突っかかる。
アクア・クリムゾン
『W』では序盤に金欠にあえいでいたところを彼女に騙され、ナデシコを攻撃するバイトをさせられてしまう。
アマノ・ヒカル
『W』では彼女の漫画の手伝いをすることになり、彼女からぽに男の捕獲を命じられる。
白鳥九十九
『W』では中盤の彼のニートっぷりを嘆いていた。九十九は甲児を真似てものすごいことをしてくれる。
ハルカ・ミナト
『W』の第2部では彼女の教え子になる。

バンプレストオリジナル編集

紫雲統夜
同じ高校に通っているという設定であるが第1話まで特に面識はなかったと思われる。
さやかと共に彼に戦うことを強制する。統夜にしてみれば迷惑な話であり、「自分は甲児たちと違って普通の人間だ」と反論されるが、遠まわしに「異常な人間」呼ばわりされたことがカンに障ったのか、ことさら語気を強めて、統夜の同意を引き出す。
統夜がフューリーと無関係でないことが発覚したことで遺恨が薄れたのか、互いにとっての戦友となっていく。
カズマ・アーディガン
初対面でいきなり戦うことになってしまった。合流後はすぐに打ち解けあい、友人同士に。
南雲一鷹
ニュースなどで甲児の活躍を知っており、彼からは憧れられている。

スパロボシリーズの名台詞編集

携帯機シリーズ編集

「オレは兜甲児だ。コーディネイターって聞いたけどさすがにやるじゃないか。なんでこっちの味方してんのか知らないが、この調子であいつらをやっつけちまおうぜ」
J』第7話「崩壊の大地 後編」でキラと初対面した時の台詞。甲児自体は悪気は無いのだが、キラの方は複雑な感情を抱いており、さやかから即座に突っ込まれた。
「…俺は今、生きててよかったと心から思ってるぜ。戦いを生き延びて得た、これが人生の喜びって奴か…。さやかさんちずるさんカティアさんミナトさんめぐみさんカナンさんイネス先生、それから…」
『J』第34話「真実の侵略者」にて。思春期真っ只中である。
「訳のわかんねえ理屈はいい加減にしやがれ!! てめえの妄想のためだけに俺達に仕掛けてくるってんなら相手になってやるぜ!!」
W』第43話「記憶の底から」より、「カズマを倒してシホミ達と一緒に暮らす」というアリアの発言を「妄想」と切り捨てた。
「クイズ番組かよ!」/「魔法少女かよ!」
『W』第46話「新しい時代の始まりに」シナリオデモにてカズマがビルヴェルビントを間違えて「くるくるヒント」「ぷるぷるミント」と言った際のツッコミ。
「せめてあのバリアがもっと、こう…すぐにパリ~ンと割れるようなやつなら楽なのによ」
L』第17話「託された希望」シナリオデモより。第6の使徒対策会議における台詞。パリ~ンと割れるバリアの元ネタは、最早説明不要であろう。
「助けたいとか助けたくないとかじゃねぇ…! つい、勝手に体が動いちまうもんでよ…!」
L』第31話地上で警戒任務ルート「鬼を喰らうモノ」より。機能停止に陥ったペインキラータリスマンの攻撃から庇った際、「そうまでして仲間を助けたいのか」と問い掛けた宗美に対して。
自分が傷付いても仲間を見捨てようとしない甲児の姿は、正義を否定していた宗美の心に迷いを抱かせた。
「頼む…動いてくれ、Z…! 俺はもう仲間を見捨てるような事はしたくねえんだ…!!」
同上。LOTUS加藤機関から逃がすために独り相手にする鉄也。このままではまた仲間を失ってしまうという危機感とタリスマンの攻撃で動けなくなった「鉄の城」たるマジンガーZに焦りが生じた。
そんな中、カイザーパイルダーブレーンコンドルが現れた…。そして…
「よくも、好き放題やってくれたな…! ここからはこのマジンカイザーが相手だ! 覚悟しやがれ!!」
同上。颯爽と登場とした「魔神皇帝」たるマジンカイザーと「偉大なる勇者」である真のグレートマジンガーが絶体絶命の状況をひっくり返す反撃が始まる…。加藤機関からすれば、暗黒大将軍を打ち破った二体の魔神が現れ、そして圧倒されることなど想像もつかなかったのだろう。
「俺のおじいちゃんは、カイザーがありゃあをも超えられる。悪魔も倒せるって言ってた…! 今こそ、本物の悪魔を倒す時だ!」
『L』第35話「永遠のソルジャー」におけるビッグゴールドとの戦闘前会話より。邪念の塊である彼女を前に甲児と魔神皇帝が咆哮する。

単独作品編集

「あれって、マジンガーZだよな……」
CC』より。甲児の目に映ったのは、別世界であれどかつて自身とともに戦った愛機・マジンガーZ。
そして、それに乗り込んでいるのは、祖父の仇を討つためにあしゅら男爵を怒りのままに猛撃を仕掛けている別世界の自分自身であった……。
「来いよ暗黒大将軍七大将軍なんて捨ててかかってこい!」
同上。この台詞は映画『コマンドー』の主人公ジョン・メイトリックスの台詞のオマージュでもある。
余談だが、『真マジンガー』のナレーションクロス役の声優である玄田哲章氏は、『コマンドー』日本語吹き替え版にてジョン・メイトリックスを担当している。
「力なんて言葉で括れる程…簡単じゃないんだよ! 俺達、人間の強さってヤツはな!」
『CC』イベント「鋼の魂を持つ者達」より、クレディオ・ホロルンゴに対して。

搭乗機体編集

マジンガーZ
OVA版『マジンカイザー』では、その立場上ロクな目に会っていない。
ホバーパイルダー
マジンガーZのコックピット。隠された自動操縦機能でカイザーの格納庫に導かれる。
マジンカイザー
OVAでのメインマシン。甲児専用設定。
カイザーパイルダー