チェーン・アギ

チェーン・アギは『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の登場人物。

チェーン・アギ
外国語表記 Chan Agi
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 弥生みつき
折笠富美子(SRW代役
デザイン 北爪宏幸
初登場SRW 第3次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
所属組織 地球連邦軍
所属部隊 ロンド・ベル
軍階級 准尉
テンプレートを表示

概要編集

地球連邦軍技術士官で、劇中でアムロ・レイ専用機として開発されたνガンダムの調整を担当する。

人物 編集

連邦軍に技術士官として所属する女性で、階級は准尉。

技術者としての能力は非常に高く、アムロからも信頼されている程。基本的に真面目な性格をしている一方、好意を抱いている上官のアムロ・レイに対しては、女性らしく振る舞ったり献身的に接する反面、νガンダムの組み立てを済ませていなかったアナハイム・エレクトロニクスの技術者であるオクトバー・サラン達に対してはストレートを通り越してキツめな態度をとる等[1]、やや人によって態度が変わってしまう面もある。この為なのか、常に自分の感情に正直であるクェス・パラヤからは、初対面時より内面を見抜かれていたらしく、「嫌な女」と認識され、徹底的に嫌われていた[2]

自らラー・カイラムの機銃を手動操作して接近した敵モビルスーツを撃墜する等、行動的な面も見せるのだが、時としてそれは周囲を省みない無謀な物になってしまう事もあり、メインエンジンだけを修理した半壊状態のリ・ガズィで戦場に出た事でそれを止めようとしたアストナージ・メドッソが流れ弾で死亡してしまったり、ハサウェイ・ノアがクェスを必死に説得しようとしているのを無視して攻撃を仕掛ける等[3]、トラブルを発生させてしまい、結果的にそれが自らの死にも繋がってしまった。

劇中の様相 編集

物語冒頭より、フォン・ブラウンのアナハイム・エレクトロニクス工場でνガンダムの調整を行っており、アムロの力になろうとサイコフレームの調整に並々ならぬ意欲を燃やす。νガンダムを受領しにアムロが訪れた事で、自らも彼と共にロンド・ベルへと合流し、引き続きνガンダムの調整を続ける。

第2次ネオ・ジオン抗争の中盤では、サイコフレームの試料の力もあり、敵のエースパイロットであるレズン・シュナイダーの搭乗する指揮官仕様のギラ・ドーガを、手動制御によるラー・カイラムの機銃で撃ち落してしまうという離れ業も見せている。

しかしその後、本来はパイロットとして戦う事が任務ではないにも拘らず、地球へ向かおうとするアクシズの攻防戦の最中で、「ほんの少しでも力の足しになる」として、サイコフレームの試料をアムロに届けようと、無謀にも半壊したリ・ガズィで戦場に出てしまう。この時、必死に止めようとしたアストナージ・メドッソが敵の流れ弾に当たって死亡してしまうのだが、チェーンがその事実に気付く事はなかった。

アムロを探す最中、戦場で口論していたハサウェイとクェスの間に割って入る。それに気付いて激怒したクェスから、自分がいなければアムロの側にいられたという言葉を聞いたチェーンは、兼ねてより彼女を危険視していた事もあって、彼女の搭乗するα・アジールにグレネードで攻撃。その結果、クェスを庇おうとしたハサウェイを逆に彼女が庇う形で命を落とす事態を招いてしまい、最後は錯乱に陥ったハサウェイが怒りに任せて乱射したジェガンのビームライフルの直撃を受け、死亡する[4]

皮肉にもこの時のリ・ガズィの爆発が原因で、チェーンが持っていたサイコフレームの試料が宇宙に投げ出され、そこから放たれた光が、戦場に集まった兵士達の心を集中させ奇跡を呼び起こす事となる。

チェーンの死を知る者は彼女を殺害したハサウェイだけであるが、クルーが記録を意図的に削除した事や、ジェガンの電装系の故障により記録は残らなかった為に、父親であるブライト・ノアは詳細を知らなかった。シャアの反乱から一ヶ月後が描かれる漫画『虹に乗れなかった男』でも、ハサウェイは口を聞ける状態ではなかったらしいが、連邦の上層部では「ハサウェイが味方を誤射したのではないか」と疑っていた。

登場作品と役柄編集

作中においてリ・ガズィに搭乗しているものの、本職は技術士官である為、COMPACTシリーズ等ごく一部の作品を除けば非戦闘キャラとして登場していることが多い。

基本的にはνガンダムをアムロの元に届ける役目で登場する事が多いのだが、原作では対面しなかったもう一人のアムロの恋人ベルトーチカとのアムロを巡る激闘もお約束となっている。

旧シリーズ編集

第3次スーパーロボット大戦
初登場作品。NPCベルトーチカアムロを巡って三角関係が成立する。
スーパーロボット大戦EX
今回はシュテドニアス軍に囚われて処刑されそうになるが、ベルトーチカとの華麗な連携で脱走する。
第4次スーパーロボット大戦S
アムロを自分の部屋に誘おう(?)としたり、ベルトーチカより一歩先んじているか。
スーパーロボット大戦F完結編
νガンダム入手時にロンド・ベル隊にやってくる。

αシリーズ編集

スーパーロボット大戦α
ベルトーチカより先にアムロと出会っている。
第2次スーパーロボット大戦α
νガンダムの整備を行う。「アムロのいい女房役」とブライトに誉められる。
第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ
NPC。

Zシリーズ編集

スーパーロボット大戦Z
本人は登場しないが、νガンダムと共に新しい服等(『逆襲のシャア』のときのもの)も届けるなどで存在を示唆する描写がある。
第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
今回も非戦闘キャラ。予想通り『Z』にてアムロのスーツを送り届けたのが彼女である事が判明。6年越しの伏線解消となった。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
今回も非戦闘キャラ。νガンダムの調整のためにクロノの息の掛かった基地に囚われていたが、強襲したソレスタルビーイングに救出されそのまま同行する。

COMPACTシリーズ編集

スーパーロボット大戦COMPACT
シーン5にて、パイロットとして参戦する。ニュータイプとしてはLv6まで上がり、復活、再動、奇跡などの貴重な精神コマンドを覚えることも。ただし2回行動が絶望的。
スーパーロボット大戦COMPACT2 第3部:銀河決戦篇
前作に続いて、今回もパイロットとして登場。援護がLv3まで上がるのが見どころ。奇跡は覚えなくなった。
スーパーロボット大戦IMPACT
『COMPACT2』と違い、非戦闘員。
スーパーロボット大戦COMPACT3
今回もパイロットとして参戦。リ・ガズィに乗っている。

携帯機シリーズ編集

スーパーロボット大戦R
パイロットとして登場。原作同様の死亡イベントを起こすと、何故か過去でフォウの乗る機体がガンダムMk-IIIになる。
クェスを倒さずにアクシズに向かうと、デュミナスによって死亡する。だが、エンディングでは歴史が変わった状態で登場(生存)した。
スーパーロボット大戦D
ベルトーチカ同様、ネオ・ジオンに保護されてアムロと合流する。今回はパイロットではない。『64』同様に三角関係イベントがある。

VXT三部作編集

スーパーロボット大戦V
NPCとして登場。原作同様第二次ネオ・ジオン抗争時に彼女の攻撃によってクェスが死亡しているが、ハサウェイがチェーンを撃とうとしたところでアクシズ・ショックが発生し、ハサウェイが正気を取り戻したため結果的に生存。現在ではそのことについて和解したことが語られる。
本作ではユニコーンガンダムの調整の為にネェル・アーガマに出向しており、行方不明になっていたアムロと再会する事になる。また、Ξガンダムの追加装備であるミサイルポッドも彼女が用意したものとなっている。

単独作品編集

新スーパーロボット大戦
ベルトーチカが出ない代わりにアヤとの間でアムロをめぐる三角関係が成立した。
スーパーロボット大戦64
ベルトーチカとの三角関係イベントが複数回ある。νガンダムも持ってくる。
スーパーロボット大戦MX
スーパーロボット大戦X-Ω
レアリティSSRのサポートユニット。
スーパーロボット大戦DD
支援ユニットパーツとして登場。シリーズ初のボイス収録が行なわれている。声は「GGENERATIONシリーズ」などのゲーム作品で演じている折笠富美子氏が担当。
1章Part13ではオクトバーから齎された「サイコ・フレームはネオ・ジオンからの技術」という情報をアストナージに伝えているが、両者ともに生き残っている。

関連作品編集

Another Century's Episode
本作ではSRWに先駆けて音声収録が行われており、弥生みつき氏のボイスが収録されている。

パイロットステータス編集

精神コマンド編集

R
集中ひらめき幸運熱血覚醒補給

特殊技能(特殊スキル)編集

COMPACT
ニュータイプL6、シールド防御L4、切り払いL4
R
ニュータイプL6、防御L4、援護攻撃L2、援護防御L3

サポートアビリティ編集

技術エンジニア
SSR。命中率、回避率アップ。

支援効果編集

パーツ メイン効果 サブ効果 精神コマンド 専用演出対応
アムロ・レイのパートナー 運動性ダウンIII タイプ強化III・攻撃(命中) 不屈 νガンダム
アムロ・レイ[5]

人間関係編集

アムロ・レイ
恋人。「劇場版では当初ベルトーチカがアムロの妻として出てくる予定だったが、スタッフ側の意見でチェーンがアムロの恋人として設定された」のは有名な話。
ブライト・ノア
ラー・カイラムの艦長。チェーンがブライト自身の息子に殺された事を知っていない。
ハサウェイ・ノア
止むを得ないとはいえクェスが乗るα・アジールを撃墜させたチェーンを逆に殺害した張本人。この時の経験があまりにも強烈なトラウマとなり、半ば鬱状になっていた事からも、(ハサウェイがチェーンを殺した事を)言えなかった可能性もある。
V』では殺されそうになったタイミングでアクシズ・ショックが発生し、ハサウェイも思い留まったため、生存しているが、二人の間には微妙なわだかまりが残っている。
クェス・パラヤ
チェーンの事を「嫌な女」とされていた。最後はチェーンを殺そうとするも、返り討ちとなった。
第3次Z時獄篇』では一時期ネオ・ジオンの連絡員としてZ-BLUEに同行した彼女のヤクト・ドーガの整備を担当することとなり、関係が原作よりも改善された。
アストナージ・メドッソ
同僚のメカニック。チェーンが半壊したリ・ガズィで出てしまうのを止めようとしたが、その結果、敵の流れ弾に当たって死亡してしまう事になった。この時のチェーンの動向を唯一知っていた人物でもあった。

他作品との人間関係編集

ガンダムシリーズ編集

宇宙世紀ガンダムシリーズ編集

カミーユ・ビダン
第3次α』のEDでは、自分のコネと紹介でアナハイム・エレクトロニクスに彼をモビルスーツ工学者として就職させ、以降は職場仲間となる。
クワトロ・バジーナ
実際は『逆襲のシャア』で共演済みだが、クワトロとしての交流を記す関係上、ここで紹介。
COMPACT』、『COMPACT2第3部』、『IMPACT』のEDで彼から去り際に「いい女になる」事を期待する旨の言葉を贈られた。
ベルトーチカ・イルマ
原作では出会ってないが、SRWでは恋のライバルになる。ちなみに声はクェスと同じ声の人。
シーブック・アノーセシリー・フェアチャイルド
『IMPACT』では完成したばかりのνガンダムを興味深げに見学する彼らへ、そのスペックについて解説を行なう。
ニナ・パープルトン
『IMPACT』ではνガンダムについて彼女から「こんな美しいガンダム、見た事無い」と嫉妬されていたらしい。

アナザーガンダムシリーズ編集

キッド・サルサミル
R』のエンディングでは彼の部下になっている。

バンプレストオリジナル編集

ミズホ・サイキ
『R』のエンディングではアナハイムにスカウトする。

名台詞編集

「どうしたんだろう…怖い声」
ララァの悪夢から覚めたアムロを呼びつけた際の台詞。後のシーンでもアムロに「いつもはこうして優しいのに、時々怖い声を出すんですね」と指摘しており、アムロが歳を重ねながらもトラウマを克服しきれてないこと(と、それが周囲の人間にも察せること)を示している。
余談だが『ベルトーチカ・チルドレン』においても同様の場面があるが、ベルトーチカはチェーンに比べて付き合いが長いためかアムロのトラウマを理解している(アムロがうなされると「ララァ」と呟くのを知っている)ようで、うなされながらララァの名前を呟いたアムロにその事を尋ねられると「何も言ってなかった」と誤魔化しており、「昔みたいにうなされてララァって言わなくなった」とまで言っている。
「ハサウェ…!!」
逆上したハサウェイリ・ガズィを撃墜された時の最期の台詞。しかし、彼女の死にブライト連邦兵達、そしてアムロはそれに気付く事はなかった。

スパロボシリーズの名台詞編集

「とにかく、これを地上のアムロ…アムロ大尉に送れば肩の荷が下ります。…クワトロ大尉も気にされてたみたいだし…」
「ええ…パイロットとして興味がある、って…何か?」
IMPACT』第3部銀河決戦篇シーン3C「ムーン」編開始時のシナリオデモより。出所不明のサイコフレームに関する噂を切り上げた何気ない台詞だが、この言葉にブライトは一抹の不安を覚える。後の「逆襲」ルートを示唆する伏線的な一場面。
「な、なんでそんなに落ち着いていられるんですか? 宇宙空間に…どう見ても生身ですよ!?」
『IMPACT』第3部銀河決戦篇第23話「君の中の永遠」より。宇宙空間で馬車を駆るデウスの姿を目の当たりにして軽くパニック状態に陥るが、様々な非常識の連続で慣れていたロンド・ベル隊クルーの反応は、実に冷静なものであった。
「アムロ!? クワトロ大尉、そんなことはありませんよね!? 一緒に戦った仲間ですよね!?」
『IMPACT』エンディングより。ロンド・ベルから除隊するクワトロに「次に会う時は敵同士かも知れない」と発したアムロの台詞を受け、動揺しながらクワトロへ訊ねる。チェーンの不安が的中するか否かは、プレイヤー次第。
「前の方は地球から離脱しますが後ろの部分が爆発でブレーキをかけられましたから…」
「アクシズを分断させる爆発が強すぎたのです!」
第2次α』第56話ハマーン拒絶ルート「BEYOND THE TIME」より。当時はまだSRWには登場していなかったラー・カイラムの副艦長メランの代わりに彼女が言った台詞。
クェス「あの二人って…不思議な関係だね」
チェーン「色々あったけど、今は共に戦う仲間よ」
クェス「そうだね、チェーン。…あたしの事、まだ怒ってる?」
チェーン「ううん。今は私達も共に戦う仲間だもの」
クェス「ありがとう…!」
チェーン「でも、大尉は渡さないわよ」
クェス「う…やっぱり、ちょっと怒ってる…」
第3次Z時獄篇』の第59話にて、アムロとシャアの関係について話し合っていた時のやり取り。
ネオ・ジオンとの決戦…気負うなという方が無理な話かもね…)
(でもね、ハサウェイ…。あなたが、そうやって気丈に振る舞ってくれる事は私にとっても救いになる…)
(きっとあなたは、それをわかっているから、そうやって生きてくれてるのね…)
V』宇宙ルート第38話「託された未来」にて、Ξガンダムのミサイルポッドを取得した場合の会話。

搭乗機体編集

リ・ガズィ

余談編集

  • 担当声優の弥生みつき氏は2006年以降は役者業からは退いており、「GGENERATIONシリーズ」などのゲーム作品では折笠富美子氏が役を引き継いでいる。

脚注編集

  1. 組み立てが済んでいなかったのは、自分達ロンド・ベル側が納期予定を10日間繰り上げたのが原因で、それを視野に入れて作業を行っていたオクトバー達の側からして見れば、無茶な物言いだったと言える。
  2. ただしこの評価については、クェスがアムロに対して憧れを抱いていたことから、アムロの実質的な恋人であったチェーンに対する嫉妬も含まれていたものと思われる。
  3. 本人はハサウェイを助けるつもりだったかもしれないが、クェスのα・アジールがハサウェイのジェガンを庇わなければ、ハサウェイも爆発に巻き込んで死なせてしまう所だった。
  4. この諍いの時、チェーンの乗っていたリ・ガズィは、サイコフレームから発せられたバリアによってクェスのα・アジールからの攻撃を防いでいたのだが、クェスを殺された事に激怒したハサウェイのジェガンが放ったビーフライフルの攻撃は防げず撃墜されているという矛盾を感じさせる展開があった。その理由は小説版で語られており、チェーンがアムロを求めるクェスに憎悪を向けて撃墜した結果、バリアが消えてしまった事にあるとされている。
  5. マジンガーZ搭乗時は通常演出となる。

資料リンク編集