メインメニューを開く

アニメ作画スタジオ「スタジオG-1NEO」の代表取締役社長。

目次

版権作品編集

元々は「オーバリズム」「バリメカ」と称される作画が持ち味のアニメーター、メカニックデザイナー。『超獣機神ダンクーガ』や自身が監督した『獣装機攻ダンクーガノヴァ』のメカニックデザインを担当したほか、多数のスパロボ参戦作品だけでなく、アニメーション制作の作画監督やオープニング映像の作画として参加している。

デトネイター・オーガン』、『超重神グラヴィオン』、『獣装機攻ダンクーガノヴァ』においては監督を務めた。「著作者」の項も参照。

スーパーロボット大戦シリーズ編集

近年はスーパーロボット大戦シリーズの制作にも参加している。登場メカのカットイン、オリジナルメカのデザインのほか、『スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター』では監督を務めた。

第3次スーパーロボット大戦α
ダンクーガの戦闘カットインを描き下ろした。
スーパーロボット大戦OG ORIGINAL GENERATIONS / スーパーロボット大戦OG外伝
コンパチブルカイザーをリデザインし、本人監修の下で戦闘アニメが仕上がった。
スーパーロボット大戦Z
シュロウガをデザイン。
スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター
監督。龍王機の声も演じている。
第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
ファイナルダンクーガダンクーガノヴァの戦闘カットインを担当。
スーパーロボット大戦V
勇者特急マイトガインの味方機を担当。10年以上前からやりたいと仰っていたのがついに念願かなった。
スーパーロボット大戦DD
ディーダリオンをデザイン。
スーパーロボット大戦X-Ω
スーパーピピ美BARIモードのメカニックデザイン、設定画を担当。
また、「G-BARI」としてキャラクターとしても登場。「BARI」と書かれたシルエットのほか、実写画像としても出演した。

メカニックデザイン編集