ガンダム・バルバトス

ガンダム・バルバトスは『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の主役メカ

ガンダム・バルバトス
外国語表記 Gundam Barbatos
登場作品

ガンダムシリーズ

デザイン 鷲尾直広
初登場SRW スーパーロボット大戦DD
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 ガンダムフレームモビルスーツ
型式番号 ASW-G-08
全長 18.0 m
重量 28.5 t
動力 エイハブ・リアクター(ツインリアクターシステム)
装甲材質 ナノラミネートアーマー
MMI 阿頼耶識システム
所属 CGS→鉄華団
パイロット 三日月・オーガス
テンプレートを表示

概要編集

300年前の厄祭戦時代に開発・導入されたモビルスーツで、「ガンダム・フレーム」と呼ばれる特殊フレームを用いた72機の内の1機。

バルバトスは汎用性を重視した調整が行われており、各種兵器の換装等あらゆる環境に適応できるようになっている。操縦には有機デバイスシステムである「阿頼耶識システム」による操縦者とのリンクを必要とするが、同じインターフェイスが導入されたモビルワーカーとは異なり、フィードバックされる情報量が比較にならない程多い為パイロットの脳への負担が大きく、最悪身体に障害が残ってしまう危険性を持つ。

CGSの社長マルバ・アーケイによって打ち捨てられていた所を発見され、長らくそのリアクター出力のみをCGS基地の動力炉として使われていたが、ギャラルホルンの襲撃に際し、少年兵の三日月・オーガスをパイロットに再起動される。三日月によって起動された当初は碌な整備もされていない状況だったが、万が一の実戦投入も考慮していたらしいマルバが用意していた各種武装や、敵MSから奪った装備を換装して次々と姿を変えていった。阿頼耶識システムも三日月に合わせた調整が逐次行われていき、名実共に三日月の愛機となっていく。

第1形態
再起動直後の状態。肩アーマーは失われ、純正の武装は左腕のガントレットのみ。
第1.5形態
クランク・ゼントとの決闘の際に左肩に鹵獲したグレイズの肩アーマーを装備した姿。
第2形態
鹵獲したグレイズの肩アーマーを右肩にも装備した姿。カラーリングもバルバトスに合わせた青と白に改められている。
この形態から滑腔砲を武装に加えている。
第3形態
破損したガントレットの代わりにシュヴァルベ・グレイズから奪ったワイヤークローを装備した姿。
鉄華団にMSを整備出来る人間がいなかった事で、「長年の整備不良による性能低下」という問題が顕在化してしまった。
第4形態
テイワズの支援で改修を受けた状態。データベースに残されていた情報から復元された本来の姿。
無論、かつて厄祭戦時代ほどの性能を取り戻しているわけではないが、予算度外視という厚遇の下で重量バランスの改善やエイハブ・リアクターの調整といった改修を徹底的に行った結果、リアクター出力が向上する等の確かな性能アップが達成された。
また、阿頼耶識システムには三日月用に特化した調整が加えられた事で、三日月以外には操作できなくなった。
第5形態
胸部リアクティブアーマーとシュヴァルベ・グレイズの腰部スラスターを装備した姿。ガンダム・キマリスに対するメタ的装備。
第5形態(地上戦仕様)
地上に降りた後は足先をヒール型に組み換え、重心を高く取る事による機体バランスの低下と引き換えに脚部による運動性を向上させている。リアクティブアーマーはオミット。
カルタ・イシューとの決闘の際には、両肩にグレイズリッターの肩装甲、腰部にテールスラスターを装備しているなど、第6形態にかなり近くなっている。
第6形態
グレイズリッターから奪った装甲等を装備し、防御力と運動性を両立させた決戦仕様。

登場作品と操縦者編集

単独作品編集

スーパーロボット大戦DD
初登場作品。序章ワールド4の第1話・第2話にて第1形態がスポット参戦。第2話終了後にプレイヤーが入手するのは、第4形態となる。
攻撃特化タイプ。圧倒的な攻撃力を持つ反面、装甲と運動性は並で命中がとても低いというお手本のような機体。問題はパイロットのミカで回避・防御関係の精神コマンドを一切覚えない[1]上に低い命中率を補えるのが「捨て身」の30%上昇のみという攻撃関係以外をほぼ捨ててしまっている。代わりに「」「捨て身」「突撃」を重ねがけ[2]した一撃はモビルスーツでありながら同じ攻撃特化タイプのスーパーロボットのボルテスVガオガイガーを凌ぐ最大火力を叩き出す。
照準が低い為回避タイプの敵でなくても命中率は安定せず、極めてピーキーな性能すぎるうえ、貴重な精神コマンドの本を湯水のように注がねばダメージ増加の肝である「」を習得できず、ミカは「熱血」を習得しないため半端に育てても他の攻撃特化タイプに大きく火力で劣ってしまう。育ちきった時の強さは鬼神か悪魔そのものであり、大器晩成型と言える。
どんなに強烈な一撃でも当たらなければ意味は無いので、時縞ハルトの「感応」や支援ユニットパーツの「シンジのバックアップ」で「必中」を覚えさせる等してフォローしたい。
求められるものは多いが、それを満たした時バルバトスは純粋な力を持って応えてくれる。

装備・機能編集

武装・必殺武器編集

メイス
CGS基地に保管されていた高硬度レアアロイ製の巨大な鈍器。柄頭にはスラスターやパイルバンカーも内蔵している。ガンダム・バルバトスを象徴する武装。
武器自体の質量と、ツインリアクターシステムが齎す強大な出力を反映したバルバトスのパワー、そして何よりも敵に容赦などしない三日月によって、まさに一撃必殺の威力を発揮する。
『DD』にて通常攻撃に採用。第1形態・第4形態の標準装備。
300mm滑腔砲
針状の弾体の徹甲弾を射出する大型砲。60mmマシンガンも併設している。第2形態以降から装備。
威力を重視した火砲であり、命中精度はそれほど高くないが、阿頼耶識システムと三日月自身の技量によって劇中での命中率はそれなりに高い。モビルスーツを撃破するには至らないが、着弾の衝撃で「転ばせる」程度なら容易い。
普段は砲身部を折り畳んで背中のアタッチメントに装備されており、使用時はバックパックのアームを展開し砲身を機関部に接続して射撃ポジションに移動する。
当初の設定資料類やプラモデルでは「滑砲」と記載されていたが、これは誤字である。後に公式設定資料にて正式に「滑腔砲」表記に改められた経緯を持つ。
『DD』ではR必殺技に採用。メインアビリティは「防御力ダウン付与I(必殺)」で、必殺技命中時に2アクションの間、敵ユニットの防御力を減少させる。サブアビリティは「HPアップI」。
GR-Es02 ワイヤークロー
ガエリオのシュヴァルベ・グレイズから奪った武装。第3形態のみの武装であり、失ったガントレットの代わりに装備。
太刀
テイワズから提供された日本刀型刀剣。第4形態以降から装備。当初は柄の付いていない剥き身の状態で運用されており、後にマニピュレーターに合わせた適切な形状のグリップが追加され完成する。
メイスに比べて繊細な扱いが求められる故に三日月からは敬遠されている節があり、他の武器が使えなくなった後の「最終手段」的な用法が多かったが、戦いの中でコツを掴んでからは物語の節目となる場面において、主に敵へのトドメの一撃として用いられた。ガンダム・フレーム特有のツインリアクターの大出力を乗せたその切れ味は、敵機の装甲はおろか数百年に渡って放置されても劣化しないほど堅牢な高硬度レアアロイ製フレームを装甲ごと両断せしめるほど。
『DD』ではSSR必殺技に採用。二回斬りつけた後に相手を踏み飛び上がり勢いをつけて下突きを見舞う。下突きは原作でのグシオン戦の再現。メインアビリティは「サブアーム(バルバトス)」で、攻撃力が増加する。さらにブレイク状態の敵ユニットとの戦闘時、照準値と必殺技威力が増加する。サブアビリティは「ダメージアップIII(斬撃)」。
迫撃砲
第5形態で両腕のアタッチメントに装備。
170mm機関砲
地上に降りて以降、こちらに換装。
レンチメイス
先端部が展開し、チェーンソーが露出する特殊機構付きのメイス。第5形態で地上に降りてから装備。
補給物資の中にあったものを三日月が「良いのあるじゃん」と一目で気に入り、装備された。破壊力は絶大だが、以前のメイスよりもさらに大型・大質量となったため、ガンダム・フレームの大出力を以てしても取り回しが難しい。

必殺技編集

リミッター解除
ガンダムフレームに共通して装備されている、対モビルアーマー用の機能。モビルアーマーと相対した時に限界以上の戦闘力を発揮して、対象を殲滅する。ただし、機体の強度やパイロットの安全性を無視して発動する諸刃の刃でもある。
メインカメラを赤く輝かせ、パイロットの生命すら削りつつ猛然と敵を駆逐せんとするその姿は、悪魔以外の何者でもない。
メイス連撃
『DD』におけるSR必殺技。メインアビリティは「アタッカーII」で、気力120以上の時、攻撃力が増加する。サブアビリティは「攻撃力アップII」。
メイス貫撃
『DD』におけるSSR必殺技。メインアビリティは「高硬度レアアロイ」で、メイス貫撃の威力が増加し、更に自分アクション時のみ与ダメージも増加する。サブアビリティは「HPアップIII」。
滑腔砲連射
『DD』におけるSSR必殺技。右腕に抱えた滑腔砲を連射しながら近づき、最後は零距離射撃で仕留める。メインアビリティは「ガンダム・フレーム(バルバトス)」で、攻撃力が増加する。さらに気力120以上の時、戦闘時のみ敵ユニットの防御力を減少させる。サブアビリティは「必殺技威力アップIII(実弾)」。

移動タイプ編集

サイズ編集

M

対決・名場面編集

鉄と血と
第1話より。突如ギャラルホルンのMSグレイズに襲撃されるCGS。参番隊の少年兵達は迎撃に当たるが、モビルワーカーで敵うはずが無く次々に命を落としていく。
絶体絶命の中、参番隊隊長であるオルガの叫びと共に三日月が駆るガンダム・バルバトスが現れ、ギャラルホルンのMSを屠っていく。
それは少年達がこれから身を投じる「自分達の本当の居場所」を見つける長い戦いの始まりでもあった。

関連機体編集

ガンダム・バルバトスルプス
バルバトスをオーバーホールし改修した機体。第2期からこちらの姿となる。
ガンダム・バルバトスルプスレクス
ルプスをさらに改修した機体。
ガンダム・グシオンリベイク、ガンダム・グシオンリベイクフルシティ、ガンダム・フラウロス
鉄華団が運用するガンダムフレームMS。
グレイズシュヴァルベ・グレイズ、グレイズ・リッター
戦闘でこれらの機体から奪ったパーツを装備している。
ガンダム・バエル、ガンダム・キマリス、ガンダム・キマリストルーパー
ギャラルホルンが保有するガンダムフレームMS。
ガンダム・グシオン
ブルワーズが保有するガンダムフレームMS。
ガンダム・アスタロト、ガンダム・ウヴァル、ガンダム・ダンタリオン、ガンダム・グレモリー、ガンダム・セーレ、ガンダム・端白星、ガンダム・マルコシアス
公式外伝シリーズに登場するガンダムフレームMS。

余談編集

  • 初登場シーンがガンダムエクシアと対比になっている(「天使の名を冠するエクシアがから降りてくる」のに対して、「悪魔の名を冠するバルバトスが地中から出現する」)。
    • 一方で、主人公によって長く愛用された機体であり、また改造や改良を施された結果、機体のバリエーションが豊富になっているという共通点も存在している。
  • 『鉄血のオルフェンズ』1stオープニングテーマ「Raise your flag」の冒頭映像では、物語の展開に応じてバルバトスの形態がマイナーチェンジしていく。
  • ガンプラでも組み換え遊びを推奨するアイテムとなっており、全形態を再現する為には複数のキットを使用し、塗装する必要がある。
    • HG版は後にプレミアムバンダイ限定で新規造形パーツで全形態を再現出来るコンプリートセットも発売された。
  • 劇中での敵に対する情け容赦の無い戦い方が、名前・モデルを同じくするRPG『テイルズ オブ デスティニー2』の悪役キャラクター、バルバトス・ゲーティアを想起させる事から、彼のイメージや台詞とテイルズオブシリーズのキャッチコピーをもじって「君をぶち殺すガンダム」「君に朝日を拝ませないガンダム」等といったあだ名がつけられている。検索候補でもバルバトスを象徴する「君をぶち殺すRPG」と一緒に出てくる等、彼の影響は大きいと言える。
  • 『鉄血のオルフェンズ』放映前に発売されたPSPWiiソフト『SDガンダム G GENERATION WORLD』にも「バルバトス」というオリジナルモビルスーツが登場しているが、無論関係性は無い(機体のデザインも武装面もガンダム・バルバトスとは全く別物である)。
  • 『鉄血のオルフェンズ』第19話において倒した敵の機体(グレイズ)を盾にして大気圏降下する事で生還した場面は視聴者に衝撃を与え、「サーフィンしようぜ! お前ボードな!」だとか先述のテイルズネタを踏まえた「君で大気圏降下するガンダム」等と話題となった。
    • また、ガンダム漫画『Gの影忍』の「大気圏突入奥義・イズナ落とし」を連想して話題にした視聴者も多く、『Gの影忍』の作者・こやま基夫氏もこの件に言及している。

商品情報編集

  • プラモデル

  • フィギュア

脚注編集

  1. それどころか攻撃力を上げる代償に運動性や装甲が低下する精神コマンドを習得する。
  2. 『DD』では「熱血」や「魂」といった与ダメージ○倍系の精神コマンドは重複しないが、「捨て身」や「突撃」といった攻撃力○%UP系の精神は重複する。

資料リンク編集