メインメニューを開く

概要編集

見た目も言動も男らしくないシベリア鉄道公社の「氷の運行部長」。オカマ口調にモヒカン、女装のようにも見える服装などなど強烈な印象を残すキャラである。

本来は運行部の部長だが、警備隊がヤーパン相手に敗北を重ねたため、戦闘に借り出されてしまった。鉄道のダイヤ通りの運行に異常に執着しており、エクソダスをダイヤを乱すものとみなし、ゲイナーたちの前に立ちふさがった。戦闘は素人だが、策略やサイコ・オーバーマンを用いてヤーパンの天井を苦しめる。

最後はゲイン・ビジョウの触れてはならない過去に触れてしまい、激怒した彼に黒いサザンクロスを刻まれて死亡する。

登場作品と役柄編集

現時点ではどの作品においても原作とは異なる結末を迎えており、ゲインに殺される場面は再現されていない。

Zシリーズ編集

スーパーロボット大戦Z
初登場作品。
チルによってネットスラングの「ウンコ部長」と下品なあだ名をつけられ、それが定着してしまう。さらに元運行部長になってからは「もっとウンコ部長」と呼ばれる始末。乗機のプラネッタのオーバースキルが毎ターン必中+集中+ひらめき+覚醒ととんでもない性能で、中盤までの難敵の一人。リアル系のゲイナーにとってまさに天敵であるが、キングゲイナーが倒されるとゲームオーバーであり、作中最難関とも言われる第22話ではあろうことかゲイナーを集中的に狙う。キングゲイナーを戦艦に搭載する、または近づかれる前に速攻で倒す等の対策が必要だが、初見殺しといえる。
今作では最後はオーバーデビルの攻撃からシンシアを庇って死亡。カシマルの乗機は最初から最後までプラネッタのままでリオンネッターには乗ってこない。このためリオンネッターの役割は第2次Z再世篇にてルーク・アダモンPが担うことになる。

携帯機シリーズ編集

スーパーロボット大戦K
原作の話が削られたせいか最初からリオンネッターに乗ってくる。オーバースキルで味方の気力を下げてくるが、本人はそれほど強くはない。ちなみに死亡せずにエクソダスの妨害をしている。最終的にはロンドンIMAに就職した模様。

パイロットステータス編集

人間関係編集

キッズ・ムント
上司。原作では一切、会話シーンがない。
ゲイナー・サンガ
彼の「告白」にて絶大な精神的ダメージを喰らう。なお、ゲインとシンシアがあるゲームをしていた際、「ダイヤ」の意味がわからなかったゲイナーに助言をしたことがある。
ゲイン・ビジョウ
カシマルの策は結果的にゲインの過去の古傷をえぐり、さらにはかつての親友も死んでしまったために激怒、カシマルはゲインにリオンネッターごと射殺される。
シンシア・レーン
Z』ではオーバーデビルから彼女を庇い死亡。

他作品との人間関係編集

リアル系編集

ジロン・アモスガロード・ランゲイン・ビジョウ
『Z』では彼らに役職名についてからかわれる。

スーパー系編集

ツワブキ・ダイヤ
『K』で共演。「素晴らしい名前」であるらしいが、その彼から「ダイヤダイヤってうるさいんだよ!」と言われる。
ヴァン
『K』では彼に毎回オーバースキルを破られる。2回目の際はさらにエレナへの愛の言葉を叫んでいたため、多分嫌な思いをしたであろう。
ファサリナ
『K』では彼女が指揮していた部隊にオーバースキルを使っていい気になるが、無人機だったために心が読めず、撃退されてしまう。

バンプレストオリジナル編集

ランド・トラビス
メールの秘密を暴露しようとしたために彼から殺意を向けられる。後に彼から「もっとウンコ部長」とからかわれる。
セツコ・オハラ
彼女のトビーへの恋心を暴露する形になったため、珍しく彼女に激怒された。
サンク
経緯は不明だが、彼を嫌いクビにしている。

名台詞編集

「さっさとドリルビットを放出して、マグマを活性化させさせなさせー!!」
アントリオンに搭乗していた時の台詞。
「青春だからって大概にしなさい! そうか! こちらのオーバースキルを、カットすればいいんだ!!」
「い~やっはっはぁ~。これでシリアスに戦いが出来る。と……、黒いサザンクロスの声が、聞こえません!?」
ゲイナーの告白を聞くに堪えなくなったカシマルは、プラネッタのオーバースキルを解除してしまう。「そうか! こちらの~」の部分から満面の笑みで実行した辺り、相当ゲイナーの告白が不快だった模様。
当然、オーバースキルを解除したこの数秒後にガチコに狙撃され、キングゲイナーの追い討ちでノックアウトされた。
「ゲイナー・サンガ! あなたはブラックリスト入りしましたからねーっ!」
「ダッ、ダイヤァ~ッ!」
断末魔。

搭乗機体編集

アントリオン
「掘削」。最初に乗った量産型セミ・オーバーマン
プラネッタ
「心の声をさらす」オーバーマン
デスネッタ
「不安にさせる」オーバーマン。
リオンネッター
「恐怖具現化」オーバーマン。最終的に搭乗。