メインメニューを開く

黒の英知(Black Wisdom)とは、『Zシリーズ』に登場した用語。初出は『第2次スーパーロボット大戦Z』。

目次

概要編集

「過去から未来、全ての知を集めたもの」であり、太極の欠片。これに手にした人間は限りない英知を手に入れると言うものである。具体的には以下の通り。

  • 銀河のあらゆる事象が記録されたもの。それは過去のみならず、未来にまで及んでいる。
  • 砕け散った太極の欠片であり、スフィアと同じルーツを持つ。
  • 多元世界全てにあまねく存在し、これに触れることで大いなる力(オリジン・ローの本質と思われる)の一部を操る力を得る。
  • Zシリーズの世界観に存在する、「根源の災厄が次元を超え、あらゆる世界を巻き込んだ挙句に全てを滅ぼす」という事実が記録されており、黒の英知に触れた者は例外なくこれを知る。
  • 無印Zの「黒歴史」は、この「黒の英知」に記された事象の顛末のほんの一部。[1]第2次Zの多元世界を構成するどこかの世界においては、神話として伝えられる過去の話。
  • どこかのジ・エーデル・ベルナルがこれに触れた事で、全ての世界の「ジ・エーデル」は次元力に関する能力を手に入れた。
    • その一人であるエルガンは並行世界の自分との交信能力と常人を超えた寿命を得ている。

その正体は至高神ソルが自らの命を絶った際、スフィアと共に散らばった記憶の破片であり、本来の名称は「CHRONO H」→「CHRONO HORIZON」→「時の境界」である。

関連人物編集

黒の英知に触れた人物編集

Dr.ヘル
ズール皇帝
ムゲ・ゾルバドス
メジ
クエントの最長老。日々を瞑想で過ごしており、その中で触れたらしい。
ワイズマン
彼の干渉により、C.C.は記憶を取り戻すと同時に黒の英知に触れることとなった。
V.V.
シャルル・ジ・ブリタニア
ルルーシュ・ヴィ・ブリタニア
再世篇のZRルートではシャルルと対峙した際に一瞬黒の英知に触れ、エルガンの意図にも気付いている。
ハーデス神
再世篇では「荒ぶる神」の名で呼ばれている。
ズールやムゲの同志であり、「暗黒の力」の使い手であるが本編の時間軸では既に滅んでいる。時獄篇ではあしゅらによって復活してしまう。
シャア・アズナブルフル・フロンタル
第3次Zでの描写を見ると特異点となった際に黒の英知に触れたものと思われる。
宇宙魔王
ブラックホールの正体は「マイナスのオリジン・ローの塊」であり、それと一体化することで黒の英知に触れたとされる。
ジ・エーデル・ベルナル
上述の通り。彼は並行存在の中で比較的強い影響を受けており、絶望の未来に対する逃避から享楽主義に走った、との推察がなされた。
アサキム・ドーウィン
明言はされていないが、経緯と立場からして確実に何かを知っている。
スフィアを探す旅路の中で手に入れていたらしく、天獄篇の最終決戦では黒の英知によりコントロールされたシュロウガの軍団を率いて現れる[2]
エルガン・ローディック
アサキム曰く「真の継承者」であるとのこと。
ヒビキ・カミシロ
ジェニオンの制御マトリクスである黒の英知の一部に触れた結果、ブーストアップ能力を身に着けている。

その他編集

コーウェンスティンガー
インベーダー勢力はバアルと呼ばれ黒の英知関連を知る者達にも知られている。
リボンズ・アルマーク
ヴェーダの奥底に黒の英知が隠されている事を知り、手に入れようとするがその概要や代償などは全く知らず、世界の支配に有用な力か何かだと勘違いしていた。
アイム・ライアード
彼もまた黒の英知を求めており、再世篇の終盤で前述の存在について言及している。

関連用語編集

太極至高神ソル
根源たる存在にしてルーツ。
スフィア
「ソルの記憶」「ソルの心」とも呼ばれる、同様のルーツを持つ存在。これに触れ、その本質に至ったものが黒の英知を垣間見る。
黒歴史
ほぼ同一の存在。

余談編集

  • ダークブレインの専用BGMの名は「闇黒の叡智(あんこくのえいち)」と呼ぶ。現在の所、特別繋がりはないものの、存在や目的を踏まえると後付けながら関連性が帯びてくる。

脚注編集

  1. それを伝える使者のD.O.M.E.建造の際にはジ・エーデルの誰かが関わっていたのではないかとエルガンは推測していた。
  2. パイロット名義も黒の英知。顔グラフィックの部分は時獄篇のプロローグ、黒とピンクが渦巻く一枚絵。