メインメニューを開く

昭弘・アルトランドは『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の登場人物。

昭弘・アルトランド
外国語表記 Akihiro Altland
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 内匠靖明
村中知(少年時代)
初登場SRW スーパーロボット大戦DD
SRWでの分類 NPC
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
出身 火星圏
所属 CGS → 鉄華団
テンプレートを表示

目次

概要編集

民間警備会社クリュセ・ガード・セキュリティ参番組に所属する少年兵。

ヒューマンデブリ出身の孤児であり、同じヒューマンデブリ達のリーダー格を務める。寡黙で無愛想かつ他人との馴れ合いを好まないが、自分が認めた相手には全力で期待に応えようとする好漢であり、オルガが鉄華団を旗揚げした際には道具としてではなく人として従うことを決めた。また、その出自故に「家族」に対して強く特別な感情を持っている。当初は自分達がヒューマンデブリである事を卑下していたが、仲間達に受け入れられた事で居場所を見つけていく。

2回阿頼耶識の手術を受けているため三日月に次ぐ反応速度を持ち、趣味のトレーニングで鍛え上げられた肉体も強靭。

登場作品と役柄編集

単独作品編集

スーパーロボット大戦DD
初登場作品。序章ワールド4から登場するNPC。

人間関係編集

家族編集

両親
宇宙海賊に襲われた際に故人となる。
昌弘・アルトランド
弟。宇宙海賊に襲われた際に離れ離れとなっており、彼はブルワーズへと拾われ、戦場で再会する事となる。

鉄華団編集

三日月・オーガス
トレーニング仲間でライバル視している。彼から「ガチムチ」というあだ名を貰った。
オルガ・イツカ
鉄華団の団長。信頼を置いている。
ビスケット・グリフォン
鉄華団の参謀。
ユージン・セブンスターク
鉄華団のサブリーダー。
ノルバ・シノ
流星号と名付けた機体のパイロット。相棒的存在であり、行動を共にする場面が多い。
チャド・チャダーン
ヒューマンデブリ組の一人。
ダンテ・モグロ
ヒューマンデブリ組の一人。
アストン 、デルマ
ブルワーズのヒューマンデブリ。降伏した彼らを迎え入れ、自身と同じ姓を与えるなど面倒を見る事となる。

テイワズ編集

ラフタ・フランクランド
タービンズのMSパイロット。彼女から好意を抱かれるようになるが、鈍感な昭弘は気づいていない。

ギャラルホルン編集

カルタ・イシュー
戦闘中に正々堂々と名乗りを上げる彼女らに戸惑いながら先制攻撃した。
イオク・クジャン
終盤、とある事件で因縁が出来る。

名台詞編集

第1期編集

「このタイミングで躱すかよ!? 三日月・オーガス!」
第1話「鉄と血と」より。初登場時の台詞。模擬演習で三日月を不意打ちするも軽々回避されたのを驚きながら。
「俺らはヒューマンデブリだ、自分の意志とは無縁でここにいる。上が誰になろうと従う。それがアイツらであろうと、お前らであろうとな」
第2話「バルバトス」より。CGSを乗っ取ることを決めたオルガに意見を求められた時の反応。当初は自分達を卑下する態度が多かった。
「俺もデブリだ。何をやったってどうしようもねぇ、このまま一生何も変わらねぇって…正直お前のことも諦めちまってた。けどな、こんな俺を人間扱いしてくれるヤツらが…あっ、いや…家族って言ってくれる奴等が出来たんだ」
第12話「暗礁」より。昌弘と対峙する中で、自分たちを家族として扱う鉄華団へ迎え入れようとする。だが、ブルワーズで過酷な日々を過ごした昌弘は昭弘を「自分一人だけ良い思いをしていた」と誤解してしまう。

迷台詞編集

第1期編集

「フゥゥ…フッ! …う、ふぅぅ…! ハァ、ハァ…あ? なんでそんなに鍛えてんのかって? 愚問だろ、いざって時に大切なモノを護れなかったら…あ、いや、筋肉に意識を集中させてりゃ余計な事、考えねぇで済むからな。 フッ…! 次回、機動ぉ戦士ガンダムゥ! 鉄血のオルフェンズ…第10話『明日からの手紙』ィ!」
第9話で流れた次回予告。唐突に荒い息をしながら苦しそうに喋る様子で視聴者の腹筋を崩壊させた。
「…撃ってよかったんだよな?」
第21話、戦闘中に堂々と名乗り口上を挙げたカルタ・イシューの部隊を前にして困惑しつつ攻撃した。

搭乗機体・関連機体編集

CGSモビルワーカー
青く塗られた機体に搭乗。
グレイズ改
鉄華団により改修された機体。阿頼耶識システムは搭載してないが、問題なく操縦をこなしていた。
グシオンリベイクに乗り換えてからはシノに受け継がれる。
ガンダム・グシオンリベイク
鹵獲したガンダム・グシオンを汎用仕様へと改修した機体。
ガンダム・グシオンリベイクフルシティ
リベイクをオーバーホールした機体。2期からこちらとなる。

商品情報 編集

資料リンク編集