ガンダム・グシオン

ガンダム・グシオンは『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の登場メカ

ガンダム・グシオン
外国語表記 Gundam Gusion
登場作品

ガンダムシリーズ

デザイン 形部一平
初登場SRW スーパーロボット大戦DD
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 ガンダムフレームモビルスーツ
型式番号 ASW-G-11
全長 18.0 m
重量 44.4 t
動力 エイハブ・リアクター(ツインリアクターシステム)
装甲材質 ナノラミネートアーマー
所属 ブルワーズ
パイロット クダル・カデル
テンプレートを表示

概要編集

300年前の厄祭戦時代に開発・導入されたモビルスーツで、「ガンダム・フレーム」と呼ばれる特殊フレームを用いた72機の内の1機。

宇宙海賊ブルワーズが入手し、MS部隊の隊長であるクダルが乗り込む。太ったカエルの様な、かつ同じブルワーズで運用するマン・ロディに近い外見をしており、一見するとバルバトスと同じフレームを使用しているように見えないが、これはブルワーズがマン・ロディと同じ開発元に改修発注をし外装も交換した上に一度フレームを解体して追加のフレームを挟み込んだため。厄祭戦時代の姿は既に失われているので、区別のために「ブルワーズ・グシオン」とも呼ばれる。また、阿頼耶識システムも除去されている。

鈍重そうな見た目に反して多数のスラスターを装備し、パワーと高機動力を合わせた戦法を得意とする。見た目通り装甲も分厚く、並の攻撃を通さないパワーファイター。ブルワーズの活動が宇宙空間に限定されるため、惑星重力下での戦闘は想定されておらず、「推進剤のタンクを多数内蔵しているが、燃費が悪い為長期戦にも向かない」という弱点がある。また本来のガンダム・フレーム用操縦デバイスである阿頼耶識システムを使用していない為、阿頼耶識システム下操縦の元で作動する「リミッター解除」の機能は作動しない状態である。

登場作品と操縦者編集

単独作品編集

スーパーロボット大戦DD
初登場作品。序章ワールド4第5話から登場するボスユニット。防御特化タイプ。

装備・機能編集

武装・必殺武器編集

武装編集

バルカン砲
頭部に2門装備。
90mmサブマシンガン
マン・ロディと共通の携行サブマシンガン。普段はリアアーマーにマウントする。
『DD』では通常武器。
グシオンハンマー
総重量15tを超える巨大なハンマー。ただでさえ質量があるのに加えてスラスターを内蔵しており、回転を加える事でさらに破壊力を増す。
『DD』では必殺武器。
グシオンチョッパー
その名の通り肉切り包丁を思わせる肉厚の大鉈。本編未使用。
グシオンアックス
先端に鎖付き鉄球が仕込まれた両手斧。本編未使用。
手榴弾
サイドスカートの裏に2つずつ装備する手榴弾。こちらもマン・ロディと共通の武装。
400mmバスターアンカー
胸部に4門装備するキャノン砲。射程は短いが、威力が非常に高いためナノラミネートアーマーにすらダメージを与える事が出来る。

特殊能力編集

ナノラミネートアーマー
EXTRAステージで所持。実弾・ビーム属性の被ダメージを2500軽減する。制圧戦では全属性の被ダメージを20%軽減・HP50%以下のときは軽減率が40%に増加する。バリア系能力だが『DD』では非バリア(特殊装甲)の扱いで直撃は通じない。

サイズ編集

M

関連機体編集

ガンダム・グシオンリベイク
テイワズの手によって鉄華団での運用に適した仕様に改修された姿。一部装甲が流用されているが、基本的にはバルバトスの予備装甲を使用したため見た目が大幅に変わっている。
ガンダム・グシオンリベイクフルシティ
第2期においてオーバーホールされた姿。
ハクリ・ロディ
外伝『月鋼』に登場。武装としてグシオンチョッパーとグシオンアックスが流用されている。
ガンダム・バルバトス、ガンダム・フラウロス
鉄華団が運用するガンダムフレームMS。
ガンダム・バエル、ガンダム・キマリス、ガンダム・キマリストルーパー
ギャラルホルンが保有するガンダムフレームMS。
ガンダム・アスタロト、ガンダム・ウヴァル、ガンダム・ダンタリオン、ガンダム・グレモリー、ガンダム・セーレ、ガンダム・端白星、ガンダム・マルコシアス
外伝シリーズに登場するガンダムフレームMS。うちウヴァルはウヴァルユハナへと改修される際にチョッパーとアックスをハクリ・ロディから受け継いでいる。

余談編集

  • ガンプラ1/100スケールのキットでは「グリオンリベイク」形態とのコンパチになっている。前述のフレームについても再現されている。
  • 『鉄血』世界では「ガンダム・フレームを採用していれば外観がガンダムタイプフォーマットでなくともガンダム」だが、ツインアイと(申し訳程度の)2本角を持つため「目が二つとアンテナがあればガンダム」の範疇には一応収まらない事も無い。腰アーマーにもガンダムの意匠が盛り込まれている。

商品情報編集

資料リンク編集