マン・ロディ

マン・ロディは『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の登場メカ

マン・ロディ
外国語表記 Man Rodi
登場作品

ガンダムシリーズ

デザイン 形部一平
初登場SRW スーパーロボット大戦DD
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 量産型モビルスーツ
生産形態 量産機
型式番号 UGY-R41
全長 17.1 m
重量 40.6 t
動力 エイハブ・リアクター
装甲材質 ナノラミネートアーマー
MMI 阿頼耶識システム
所属 ブルワーズ
パイロット 昌弘・アルトランド
アストン
デルマ
ブルワーズ兵
テンプレートを表示

概要編集

一般に広く普及するロディ・フレームをレストアしたブルワーズの主力量産機。

宇宙空間での戦闘を生業とするブルワーズらしく両足はロディ・フレームから変更したスラスターを内蔵した接地機能のみの簡易フレーム脚部となっており、積載重量の限界まで強度を向上させた装甲と機動力の高さで敵を翻弄する。推進力は高いものの、装甲の重さから消費も激しく長期戦には不向き。パイロットはいずれもヒューマン・デブリとして買われた少年達で構成されている。

なお、ロディ・フレーム自体は「厄祭戦の中期に開発された故に汎用性が高く、なおかつ癖の少ないフレームなので長らく圏外圏の主力機用に採用されていた」という歴史を持つ。このため、現在でも多数の組織がこのフレームを使用しており兄弟機も多い。三角形が互い違いに三つ連なったモノアイが特徴。

登場作品と操縦者編集

単独作品編集

スーパーロボット大戦DD
初登場作品。序章ワールド4第5話から登場するエネミーユニット。防御特化タイプ。ブルワーズ兵が乗る一般機と、ボス仕様の昌弘機が登場する。

装備・機能編集

武装・必殺武器編集

バルカン砲
頭部に2門装備。
90mmサブマシンガン
ガンダム・グシオンと共通の携行サブマシンガン。普段はリアアーマーにマウントする。
『DD』では通常武器。
ハンマーチョッパー
グシオンチョッパーを小型化した様な鉈。峰側先端部にはハンマーも付いており、投擲武器としても使える。
『DD』では昌弘機の必殺武器。
手榴弾
サイドスカートの裏に1基ずつ装備されているグシオンと共通の球状手榴弾で弾種も豊富。

サイズ編集

M

関連機体編集

ランドマン・ロディ
鉄華団が鹵獲したマン・ロディの脚部を換装した地上戦用の機体。もちろん、宇宙でも問題無く使用可能。
カラーリング基調は「オレンジとクリームホワイトのツートーン」に改められている。
スピナ・ロディ、ガルム・ロディ
同じくロディフレームを使用する。
ハクリ・ロディ
公式外伝作品『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 月鋼』に登場。サンポ・ハクリとユハナ・ハクリの兄妹が搭乗するカスタマイズされたマン・ロディ。
ラブルス
同じく『月鋼』に登場。外見からマン・ロディが原型と思われるバケツ頭が特徴のタントテンポ所属機。

商品情報編集

資料リンク編集