マクマード・バリストン

マクマード・バリストンは『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の登場人物。

マクマード・バリストン
漢字表記 真紅真亞土 芭里主屯
外国語表記 Mcmurdo Barriston
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 石塚運昇
初登場SRW スーパーロボット大戦DD
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
所属 テイワズ
役職 代表
テンプレートを表示

概要編集

木星圏の巨大企業体「テイワズ」の代表。

「タービンズ」や「JPTトラスト」といった多くの下部組織を纏めており、武器商人のノブリス・ゴルドンギャラルホルンとも関係を持つ事から「圏外圏一恐ろしい男」とも呼ばれる。義理と人情を重んじるタイプであり、彼を慕う者は多いが、非情な決断を下す事もあるため、畏怖されてもいる。

鉄華団がテイワズの傘下に入る事を許し、クーデリア・藍那・バーンスタインの思想には共感しつつ、ビジネス拡大のために協力する。

登場作品と役柄編集

単独作品編集

スーパーロボット大戦DD
初登場作品。1章Part5から登場するNPC

人間関係編集

テイワズ編集

ジャスレイ・ドノミコルス
テイワズのNo.2。
名瀬・タービン
タービンズのリーダー。厚い信頼関係にある。名瀬からは「親父」と慕われている。
メリビット・ステープルトン
アドバイザーとして鉄華団へ派遣する。

鉄華団編集

オルガ・イツカ三日月・オーガス
個人的に彼等を気に入り、またオルガからは「叔父貴」と慕われる。

クリュセ独立自治区編集

クーデリア・藍那・バーンスタイン
思想に共感する。

他作品との人間関係編集

指南ショーコ
DD』では面会に来た彼女やクーデリアと会談する。