ゾンネカイザー

ゾンネカイザーは『闘将ダイモス』の登場メカ

ゾンネカイザー
外国語表記 Zonnekaiser
登場作品 闘将ダイモス
初登場SRW 第4次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 メカ戦士
全長 90 m
重量 550 t
装甲材質 超弾性金属
開発者 アイザム
テンプレートを表示

概要編集

原作第26話「ダイモス!危機一髪!」に登場した。アイザムが開発したメカ戦士第1号。

サイのような動物型メカの背から双頭の獣人のような上半身が生えている。

従来の戦闘ロボとは比較にならないほど強力になっている。 そのボディは超弾性金属で覆われており、ダイモスの空手技を無効化する。ヌンチャクにもなる槍を武器として使用する。なお、胴体に仕込まれた手は異常に大きくなり、敵を握りつぶす。

最後は、フォトミサイルによって貫通した穴に烈風正拳突きを受けて爆発した。

登場作品と操縦者編集

旧シリーズ編集

第4次スーパーロボット大戦S
シナリオ「闘将ダイモス」より初登場。バルバス将軍が乗るほか、バーム軍の主力量産機として人工知能が乗っていることが多い。登場ユニットとシナリオの都合で、超弾性金属で覆われているのはギメリアのみになったため、バーム軍の雑魚となっているが、序盤の敵機としては中々の能力。特にダイモス一機で暫く戦わなければいけないステージや、バルバス機が速攻をかけてくるステージもあり、その場合は注意が必要。

αシリーズ編集

第2次スーパーロボット大戦α
今回は『ダイモス』の敵ユニットに原作通り戦闘ロボがいるため、原作に準じた扱いに近づいており、超弾性金属で覆われた原作どおりの機体と、覆われていない一般用の機体が登場する。射程が長くて頑丈なため、撃破には少々手間取るかもしれない。ルートによっては超弾性金属攻略の糸口として炎竜氷竜とのイベント戦闘がある。
第3次スーパーロボット大戦α
各分岐の星間連合関連のルートにのみ登場する。

COMPACTシリーズ編集

スーパーロボット大戦COMPACTWSC
シーン2から登場。原作通りバーム軍が使用する。雑魚敵としては10000という規格外な資金が得られるので可能な限り幸運で倒したい。リヒテルを説得すると終盤自軍ユニットとして使用も可能。

携帯機シリーズ編集

スーパーロボット大戦A
アイザムが初登場ステージで置き土産にワラワラと置いてく。HPが高いので、合体攻撃などで対抗しよう。
また、小バームルート終盤のイベントでライザがこの機体に乗りリヒテルと共にベガ星連合軍の軍団に特攻する。最終マップでもシャドウミラーの残存戦力として登場する。

関連作品編集

リアルロボットレジメント
ダイモス系ステージのボスとして登場。中盤ではリヒテルが、その後はゲロイヤーが搭乗。本作の仕様上ダイモスをはるかにしのぐ巨体であり、巨大な腕と破壊光線を駆使した広範囲攻撃が厄介。

装備・機能編集

武装・必殺武器編集

ランスミサイル / スローランス
ビームランスを投げての攻撃。
大型ミサイル
ビームランス
ヌンチャクにもなる手持ち武器。
巨大隠し腕
下半身の怪物の脇腹部分から巨大化する腕を出し、敵を握り潰す。

特殊能力編集

超弾性金属
烈風正拳突き・改でしか貫けない装甲。いうまでもなくイベント専用。雑魚ユニットを担当することも多く、『第2次α』でのみ採用されている。

移動タイプ編集

飛行可能。

サイズ編集

L

機体BGM編集

「立て!闘将ダイモス」