メインメニューを開く

目次

基本設定編集

機動戦士ガンダムSEED DESTINY』『鉄のラインバレル』を下地とし、2つの平行世界間の接触がメインテーマ。異なる世界観・情勢・技術レベルの2つの世界が接触する事によって起こる様々な事件を治めながらストーリーが進む。

超電磁マシーン ボルテスV』『冒険! イクサー3』『マクロスF』は、片方の世界である高蓋然性世界からやって来た設定。

こちら側の世界編集

ストーリーの舞台となる世界。ほぼ『SEED DESTINY』に準拠している。ただし、地球連合とは別に「国連」が存在している。プレイヤー部隊LOTUSは国連の管轄下にある部隊。

各地域の設定編集

『SEED DESTINY』のアルザッヘル基地やダイダロス基地が存在する。
獣装機攻ダンクーガノヴァ』のムーンWILLおよび、『戦え!! イクサー1』のビッグゴールドの要塞もここにある。
スペースコロニー
『SEED DESTINY』の世界観に従っているため、同作品に登場するコロニーは全て存在するものと思われる。
ストーリー中に出たコロニーはザフトがセカンドシリーズのMSの開発を行っていたアーモリーワンプラント首都があるアプリリウスワン、廃棄されたコロニーのユニウスセブンなど。
ダリウス界
ダリウス人が地球の内側に作り出した異空間。『ガイキングLOD』の舞台であるが、ストーリーの要所のイベントで出てくるだけであり、本作ではここを舞台にする事は無い。

軍事体制編集

地球連合軍
ザフト
オーブ軍
ビルドベース
ダンナーベース
神魂合体ゴーダンナー!!』に登場した基地の内、今回はダンナーベースのみ。
NERV
ゼーレ
JUDA

敵勢力編集

加藤機関
邪魔大王国
クトゥルフ
擬態獣

高蓋然性世界編集

語義としては「高い確率で存在する別の世界」と言う意味であり、「あちら側から見たこちら」も高蓋然性世界と呼ぶ事になるが、『L』ではほぼこちら側の世界のみを舞台としている事に加え、あちら側の世界には平行世界間を行き来する技術が存在する(=あちら側の世界にとっては平行世界は可能性で語られるだけの存在ではない)ため、こちらの世界を指して使う人物はいない。

政治体制編集

統一意志セントラルを頂点としたマキナ人間と、マキナ人間でない人類の統合政府が地球を二分している状態。マキナ人間の側は全体が単一の意思で活動する存在である以上、政治体制と言えるものは実質的に無いと思われる。

人類統合政府はマキナ人間が出現した当初は抗戦しつつも戦力差に追い詰められていたが、停戦・和平を唱える政府の停戦派の代表「ルド・グロリア」がセントラルとの停戦交渉を纏め上げ実現させたため、政府の実権は一気に停戦派のものになっている。ルド・グロリアもそのとき大統領に就任している。

以上の経緯から現在は地球上では目立って戦争状態になっている訳ではないが、停戦の際に交わされた条約は統合政府側にとってかなり不利なもので、実質的に人類側が「頭を下げて停戦して貰った」状態に近いものとなっている(国民にはそれらの事実は知らされていない)。

超時空要塞マクロス』のSDF-1マクロスおよびマクロスシティは存在するが、地球の半分がマキナ人間の勢力下となっている状態でどうなっているのかは不明。

超長距離移民船団編集

マクロスF』のフロンティア船団およびギャラクシー船団がストーリーに登場。 このうちフロンティア船団はストーリー冒頭のプロローグにおいて、こちら側の世界に偶然に転移してしまう。

なお、各移民船団の中でも最後発組に位置するフロンティア船団でも、地球を発ったのはセントラルと統合政府が戦争状態に陥るよりも昔であり、船団に住む人々はセントラルの存在を知らない。ある程度その辺の情報を手に入れられる立場の人間であれば「政府が何者かと戦争状態に陥った」事くらいは掴んでいそうだが、その詳細まで掴んでいる者は、居ても船団政府首脳部クラスの一握りの人間だけである。

バジュラ編集

『マクロスF』に登場する生命体の群れ。本来ならばあちら側の世界の存在であったはずだが、フロンティア船団が緊急フォールドの際の事故でこちら側の世界に転移してしまったのを追いかけ、こちら側の世界にまでやってくる。

これにより、バジュラのフォールド能力はそれ単体で平行世界間の行き来まで可能な事が判明する。最終的には、バジュラ本星そのものが丸ごとこちらの世界にフォールドしてくる。

技術レベル編集

こちらとあちらの世界には、技術レベルにかなり開きがある事が分かる。

  • フロンティア船団がこちらの世界に転移してきた直後、ミネルバ隊と初遭遇した時、オズマ・リーVF-25S メサイアを見てシン・アスカが「なんて機動性だ!」と驚愕している。
  • 次元を超えて平行世界間を移動してくるのは全てあちら側の人物のみであり、こちらからあちらの世界に向かう技術が無い。
  • ギルバート・デュランダル議長が、デスティニープラン実現のためにセントラルから技術供与を受けている。
  • フォールド航法やワープ航法など、時空転移に属する移動方法の技術は全てあちら側の世界の勢力が持つ技術である。
  • ただし、こちらの地球に例外が一人存在し、技術援助なども一切受けていないにも関わらず、あちらの世界をも凌駕する技術レベルを持つ。
    • 細部は異なるものの、同じような時空間転移能力「イマジナリィロード」を持つ機動兵器・ストレイバードを独力で作り上げている。
    • 技術で勝るはずのあちら側の世界の勢力が開発に行き詰ったものが、この人物の技術を盗用することで完成を見ている。

関連用語編集

あちらの世界
スーパーロボット大戦A』及び『OGシリーズ』に登場する設定。『L』と同じく平行世界ではあるが参戦作品のいずれも「こちらの世界」に所属している。