メインメニューを開く

ヴァルシオーガ

概要編集

アルメラ共和国」の兵器開発会社イルゼノン社が「春秋戦争」時にカークス軍で運用された地上の兵器ヴァルシオン改・タイプCFのデータを非合法ルート[1]で入手し、それを基に開発された量産型試作機。

精霊とは契約していないため魔装機ではないが、かと言って超魔装機にも分類されない[2]。地上とラ・ギアスの技術のハイブリッド機として高い水準の機体スペックを保ち、その力は原型にあたるタイプCFを完全に凌駕する[3]。高性能ゆえ安価な量産には程遠いため本社と軍部は設計者に対して更なるデチューンを命じていた[4]

タイプCFのデータを使用しているためカラーリングこそ原型機と類似しているが、長得物や徒手空拳での格闘戦を得意とする真逆の機体となっている。 シリーズ他機との大きな違いは「顔」。オリジナルのヴァルシオンは4つの目を持つ仮面型であり、フォルムを同じくする改も同様、タイプCFはカメラアイだが、オーガの頭部はグルンガストシリーズやDGGのそれに近い。

なお、生産性を要求されていたため性能面ではビアン・ゾルダーク博士が開発・搭乗したオリジナルに(これでも)及ばず[5]、今もなお彼を敬慕してやまないシュウはそのことに対して少なからぬ不満を持っているようだ。また、博士の身内であるリューネもヴァルシオンのコピーのまたコピーであるオーガに複雑な感情をみせている。

登場作品と操縦者編集

魔装機神シリーズ編集

スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神F COFFIN OF THE END
初登場作品。最終的な武装のバリエーションはヴァルシオーネに次ぐ。序盤から登場し、扱いやすい格闘武器と魔装機神以外ではトップクラスの火力を持っているため、終盤まで十分に活躍できる優秀な機体。移動力が5と低めなので、ボーナスや強化パーツで補おう。
当初はティールの乗機として登場するが、ティールの戦死後はディーグリッドが解体処分となったライオネルの乗機となる。
ティールとライオネルでは精神コマンド構成が違う関係上、運用法が若干変わってくることに注意。

装備・機能編集

武装・必殺技編集

クラスタービーム
光学兵器。肩部にある二門の砲台から光弾を連射する。改造で胸部の内臓火器「ラウドバスター」が解禁される。
ラウドバスター
胸部に搭載された光学兵器。発射口は必殺武器「メガ・グラビトンウェーブ」と同じ箇所。この光線も「グラビトン・ライフル」同様縮退力を使用した重力波なのだろう。
ディバイングレイブ
「ディバインアーム」を参考に作られた大戦斧(ただし、元となったタイプCFはディバインアームを装備していない)。槍のように変形もする。
クロスバイオレイト
「クロスマッシャー」発動時の輝きを蓄えた両の拳を敵機に直接叩きつける殴打。エネルギーを集約させた後、頭上から飛び込んで一撃、右と左で交互に6連打を打ち込んだ後、ヘルアンドヘブンの如く両手のエネルギーを合わせた状態で突撃、粉砕する。
魔装機神シリーズではグレイブのランクアップで解禁される。移動後有射程武器(直線のみだが射程3)で非常に使いやすく、威力も高い。

必殺武器編集

クロスマッシャー
ヴァルシオンシリーズの代名詞といえる必殺武器。両腕から青赤の螺旋状のビームを放つ。フル改造で「メガグラビトンウェーブ」にランクアップするが、ふたつの武器に強い相関があるわけではない。
メガグラビトンウェーブ
胸部の発射口から放つヴァルシオンの代名詞といえる必殺武器。威力の高さを表現するためか演出は連続攻撃(グレイブによる格闘戦から「クロスマッシャー」で牽制、上空からの突き下ろしで地面に縫い付けた敵機に胸部からの「メガグラビトンウェーブ」をお見舞いする)である。

特殊能力編集

剣装備
CFと違い格闘武器が復活したため所持。
HP回復(小)
MG回復(小)
魔装機神シリーズの特殊能力

移動タイプ編集

サイズ編集

L

機体BGM編集

「HERO」
ティール搭乗時のBGM
「たぎる闘志」
ライオネル搭乗時のBGM。

関連機体編集

ヴァルシオン改・タイプCF
オリジナルとなった機体。
ヴァルシオン改・タイプGF
『RoA』におけるノイエDCのフラグシップ機。指導者のバン・バ・チュンが自ら搭乗している。
本機からデザインを逆算する形で設定されたと思われ、上述のCF以上にヴァルシオンの意匠が取り入れられている。
ヴァルシオーネR
ヴァルシオーガにとっては従姉機ともいえる機体。本機の戦闘データがヴァルシオーネRの新必殺技獲得につながる。
残念ながら合体攻撃はないが、トロフィーも獲得できるのでダブルクロスマッシャーは視聴推奨。

余談編集

歴代シリーズを通して、現時点では敵対することのない唯一のヴァルシオンシリーズである(基本的にプレイヤー部隊で運用されるヴァルシオーネ並びにRは理由は異なるが敵対する作品が複数存在する)。

脚注編集

  1. レイブレードにまつわる非合法ルートは本編で邪教経由と判明するものの、ヴァルシオーガの由来は不明。素直に考えれば、ヴァルシオーガの情報類も教団経由と思われるのだがあくまで推測の範疇を出ない(タイプCFの量産を目論んでいたカークス将軍は今際の際に邪教大神官ルオゾールと手を結んでいる)。
  2. 曰く「ラ・ギアス版スーパーロボット
  3. 『電撃スパロボ魂』2015春
  4. DLCキャンペーンマップのエンドデモ。
  5. ただし「生産性を考慮している」のはオリジナル・ヴァルシオンも同様であるため、逆説的に初代の設計者であるビアンの凄まじさを伺える機体になっている。