メインメニューを開く

ファルク

ファルク
外国語表記 Falck
登場作品

魔装機神シリーズバンプレストオリジナル

デザイン 福地仁
分類 Bクラス魔装機
守護精霊 水系低位・氷「フルイッシュ」
動力 フルカネルリ式永久機関
エネルギー プラーナ・魔力
装甲材質 オリハルコニウム
設計 ジーン・ラアス・ラッカー
キャンバー・ラアス・ルフラン
所属

「シュテドニアス南北戦争」終結後、デメクサに譲渡された

パイロット テュッティ・ノールバックデメクサ・シーエ
テンプレートを表示

目次

概要編集

「魔装機計画」の初期に開発された水系魔装機。契約精霊は氷の精霊フルイッシュ。初代操者はテュッティ・ノールバック、2代目操者はデメクサ・シーエ

設計はジーン・ラアス・ラッカーとその弟子キャンバー・ラアス・ルフランの共同で行われた。薄紫を基調とし曲線美に優れた機体だが、ジーンはその出来に満足せず、ガッデスの設計に取り掛かることになる。開発時期はノルスに次ぎ、ジャオームとほぼ同時期(もしくは、ジャオームより先行して開発された)と思われるが、正魔装機1号機にはジャオームが選定されている。設計者が外装面で装飾に凝りすぎた影響があるのかもしれない。

初期に完成した機体であるため、性能はやはり平均的。中・長距離戦を得意とするが、ジャオーム同様、火力はさほど高くない。

登場作品と操縦者編集

魔装機神シリーズ編集

魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL
第一章序盤でテュッティの機体として何度か戦闘に参加した後、デメクサに引き継がれる。デメクサには2回しか出撃の機会がないので、本格的な加入は第二章でデメクサ加入ルートを通った場合に限られる。
スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL
基本的にはリメイク前と同じ。テュッティ搭乗時に何度か戦闘に参加するので改造したくなるが、今回は「絶望の淵で」でのグランゾン、「調和の結界」でのナグツァートと改造が連動してしまうバグが存在する。「竜巻」を「ハリケーン」にランクアップさせているとグランゾンの武装欄に無名の武器が追加され、この武器の直撃を受けるとゲームがフリーズしてしまう(閃きを5ターン使用することで回避可能ではある)。よって周回を重ねて資金が豊富になった場合でも、この機体の改造はしばらくしない方がよい。このバグはPSP移植の際に修正済み。
スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神II REVELATION OF EVIL GOD
序盤の終わりごろに参戦。なんと、ランクアップ武器が一つもない。これは離脱キャラが乗る機体と特定ルート参戦機体を除けばファルクだけであるため、離脱フラグではないかと受け取ったプレイヤーも多かった。南部ルートではなんと脱出装置が故障する隠しイベントが存在する。
スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神III PRIDE OF JUSTICE
旧式化が進んでいた事もあり、デメクサがアンティラス隊を脱退した際に餞別代りにそのまま譲渡された。

装備・機能編集

武装・必殺武器編集

ミサイル
両腕に搭載されている。発射口は両腕に2門ずつ(計4門)。
プラズマソード
非実体剣。IIでは使用不可
ダモクレスソード
IIで用いる実体剣。……後述の通り、かつては必殺技だった。
ソニックブラスト
衝撃波。両肩に取り付けられているユニットから発射する。
竜巻 / ハリケーン
水系魔法陣から激しい風を発生させて対象を風の渦に巻き込む魔術兵器。
ハリケーン
「竜巻」のランクアップ技。両手に展開した2層の魔法陣から生み出す二重の風の渦を稲妻と共に叩き込む。『ROE』では「竜巻」共々使用不可。

必殺技編集

ダモクレスの剣
実体剣を召喚し、剣を自在に操りながら対象を切り刻み、止めに魔法陣で実体剣を巨大化させ相手に突き刺す。技名の由来は御存知「ダモクレスの剣」で、繁栄と華にも危険があり、それが剣が天井から糸のような髪一本で繋がれているという故事。IIでその名称を「ダモクレスソード」に変更、通常武器に降格してしまった。前作で各魔装機が必殺技時のみ使用していた実体剣を、本作では通常武器として使用している関係からと思われるが、仮にも必殺技だった武器を通常兵器にしてしまうとは…。
オッカムのかみそり
「ダモクレスの剣」のランクアップ技。技そのもののパターンはランクアップ前と同じだが、止めに水系魔法陣の中央を通過することで巨大化した5本の実体剣を用いる。『ROE』では使用不可。
ゴーディアンズノット
新必殺技。魔力で二剣にわかれた「ダモクレスソード」を投じて敵を牽制。高速で回転する二剣が放射する高圧の電流に縛られた標的を、魔法陣の透過で巨大化(幻影と思われる)したファルクが大剣を振り下ろして真っ向唐竹割りにする豪快な技。

特殊能力編集

剣装備
斬り返し」可能。
修理装置
味方のHPを回復する。

移動タイプ編集

水系魔装機は一部の例外を除き飛行可能。

サイズ編集

M

カスタムボーナス編集

魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL
HP+3000、移動力+1、装甲+300、HP回復+30%
魔装機神II REVELATION OF EVIL GOD
HP+2000、装甲+200、MG回復+30

機体BGM編集

「終わりなき戦い」
『LOE』での汎用戦闘BGM

関連機体編集

ガッデス
本機の発展型。見事、水の高位精霊(ガッド)の御眼鏡に適うことに成功した。

余談編集

  • 開発者であるジーン・ラアス・ラッカーの姓名は、メカニックデザインを担当した福地仁氏の姓名を変換したアナグラムの一種。
  • OGクルセイドのカードに「魔装機計画初期に造られ、試作機としての意味合いが強い機体。能力は平均的で、その主な役目は中距離戦での戦闘支援」と記載されている。
  • 本機は氷の精霊を降臨させた魔装機だが、氷雪を用いた低温系の攻撃兵器を搭載されていない。プレイヤーの一部はいまなお、「攻撃方法として使いやすい要素だと思うのだが…」と納得のいかない思いを抱えているようだ。『熱血!必中!ボイス・スパログ!』に、「設計した魔装機に降臨させる精霊の属性を人間が限定することは可能だが、種類までは選べない(例えば、水系であっても雪がくるか霰がくるか術者にはわからない)」とある。ファルクに限らず、精霊の本質を考えた武装の事前準備に限界があることがよくわかる。まあ、フルイッシュが降臨した後に、氷雪系の魔術兵器を追加搭載するという手もあるにはあったのだろうが……首尾よく氷雪と水を支配下に置く「水の魔装機神」が完成してくれたため、ファルクに手を入れる必要性が皆無になったのだろう。
  • 水の精霊王ガッドによれば、「氷は水の眷属ではあるが、その性質上水の伝播を妨げる」とのこと。