メインメニューを開く

クロヴィス・ラ・ブリタニアは『コードギアス 反逆のルルーシュ』および『コードギアス 反逆のルルーシュR2』の登場人物。

クロヴィス・ラ・ブリタニア
外国語表記 Clovis La Britannia
登場作品

コードギアスシリーズ

声優 飛田展男
デザイン CLAMP(原案)
木村貴宏(アニメ用デザイン)
初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
SRWでの分類 NPC
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(ブリタニア人)
性別
生年月日 皇暦1993年10月14日
年齢 24歳
所属 神聖ブリタニア帝国
役職 エリア11総督
テンプレートを表示

目次

概要編集

ブリタニア皇族の一人で、第3皇子。エリア11の総督を務める。軍事方面の才能は無く、パフォーマンスや芸術を愛した。特に、科学面や古代史などに詳しく、C.C.の不老不死の肉体の研究や、神根島の遺跡の発掘等をしていた。

シンジュクゲットーでのC.C.絡みの出来事では自ら軍を動かすが、レジスタンスである扇グループを動かしたルルーシュ・ランペルージの戦略に翻弄され、ルルーシュ個人と遭遇してギアスをかけられて彼の母マリアンヌ暗殺事件の情報を口にした挙句、最期はルルーシュのブリタニアへの復讐のため、彼ら兄妹の生存に対する口封じのために殺される。

前述の通り軍事に対する才能は乏しく、一方でエリア11は他のエリアに比べてレジスタンス活動が活発なこともあって、総督としての評判は低め(実際、軍の上層部に兵器を横流ししている者やキョウトと裏で繋がって不正な利益を得ている者もいた)。反面、芸術や科学、考古学などに豊かな才能を発揮しており、知らずして太古から存在するギアス(神根島とC.C.)にも触れようとしていた。また禁止薬物であるリフレインなどの犯罪統制に関しては良好な結果を挙げているなど、けっして全般的に無能な人物ではない。就いた仕事が向いていなかっただけとも考えられる。

余談だが、小説版に登場するクロヴィスの母親ガブリエッラ・ラ・ブリタニアは彼を溺愛しており、何かと勝負事に対して優れていたマリアンヌ親子を妬み、親子のアキレス腱だったナナリーを苛めていた。それ故に、クロヴィスの死による悲しみと絶望で精神が崩壊し、ぬいぐるみのような人形を彼だと思い込むようになってしまったことが描かれている。ナナリーを苛めていた彼女を憎んでいたルルーシュとしては最大の復讐を遂げたことになる。

しかし、クロヴィス個人としては国の政略に巻き込まれ命を落とした(と思っていた)ルルーシュ、ナナリーらのことを気の毒に思っており、「彼らの骨だけでも拾えないか」という姿勢でエリア11の総督に赴任したともされている。向いていない政務についたのもこれが起因しているが、そのルルーシュによって命を奪われたのはブリタニア皇族全般に見られる皮肉な結末の一つと言える(ルルーシュは皇子であった頃とはすっかり考え方が変わっており、ブリタニア皇族とエリア総督として当然と思っていた行為に対して彼からは殺意を抱かれていた)。

登場作品と役柄編集

Zシリーズ編集

第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
初登場作品。NPCとして登場。概ね原作同様の末路を迎える。他作品の人物からの評価も低い。

単独作品編集

スーパーロボット大戦DD
本編開始時点で既に死亡済み。

人間関係編集

シャルル・ジ・ブリタニア
父、皇帝。クロヴィスの葬儀にて、演説を行った。
ガブリエッラ・ラ・ブリタニア(SRW未登場)
母、皇妃。小説版にのみ登場。貴族の出身で息子のクロヴィスを溺愛していたが、クロヴィスの訃報を受け精神的なショックを受け精神崩壊を起こしたようである。なお、第5皇女であるカリーヌ・ネ・ブリタニアの母親とは仲が良かったようである。その後、帝都ペンドラゴンが消滅してしまうが、彼女の結末は不明。
ライラ・ラ・ブリタニア(SRW未登場)
同母妹。ツインテールにした巻き毛で、金髪碧眼など風貌はクロヴィスにそっくりである。
2013年にGREEから配信されたソーシャルゲーム『コードギアス 戦禍の天秤』ではヒロインを務めておりライブラという偽名で、主人公と行動を共にしている。
シュナイゼル・エル・ブリタニア
第2皇子。異母兄。神根島での調査の際、考古学の才能を評価していた。
コーネリア・リ・ブリタニア
第2皇女。異母姉。自身の死後、コーネリアがエリア11の総督になるが、彼女にはクロヴィスの統治方法は「手ぬるく、隙だらけ」と評価された。しかしながら、家族として彼の死は悲しんだようである。『帝国の兄妹』では優しすぎて総督は向いてないと評価されている。
ピクチャードラマ8.75ではユーフェミアが選んだクロヴィスがデザインした中で「一番無難」という水着を着る際に難色を示す。確かにきわどいデザインであったが、クロヴィスのセンスがそうだったのか、ユーフェミアが本当に姉に似合うと思って選んで来たものだったのかは不明。
ユーフェミア・リ・ブリタニア
第3皇女。異母妹。エリア11にて、彼の描いた絵を見て「優しい色、これがクロヴィス兄様だったのですね」と絵から兄の人柄を垣間見ていた。彼女もルルーシュに殺害されてしまった。
ルルーシュ・ランペルージ(ルルーシュ・ヴィ・ブリタニア)
元第11皇子(8年前に廃嫡)。異母弟。チェスのライバル。彼にマリアンヌ暗殺事件の情報を聞きだされた後、口封じとスザクの復讐のために殺害される。
実の所、クロヴィスは母親と違い生前マリアンヌ母子とは仲が良く、自作の絵に描くなど思い入れがあったのだが、そのルルーシュに殺されたのは皮肉である。彼は筋金入りの主義者(ブリタニア人でありながらブリタニアの体制を否定する思想を持つ者)になっており、本編開始以前から自身に憤りを抱かれていた。
ゼロ
ルルーシュがクロヴィスの死後、変装して表舞台に出てきた姿。この衣装はクロヴィス暗殺後に用意されたものであるため、当然クロヴィス本人はゼロのことを知る由もなかった。
しかし、『R2』の時期になると、一部では「ゼロの正体はクロヴィスではないか」と噂に上るようになっていることがミレイによって語られている(外伝「O2」においては皇族内でも上がっている模様)。
C.C.
研究対象。結果的に彼女に関わったために自身の死を招いた。
バトレー・アスプリウス
腹心。総督としては実務能力に今一つ欠けるクロヴィスを軍政両面で支えた。神根島の調査の際、「神聖ブリタニア帝国の侵略先が全て神根島と同様の遺跡がある国々なのでは」と突き止める。
なお、クロヴィスの死後も忠誠心を持ち続け、彼の最期の言葉はクロヴィスに向けた謝罪であった。
枢木スザク
配下ではあるが暗殺された当時は一般兵の上、名誉ブリタニア人である彼との直接的な関わりは無い。
しかし、彼がクロヴィス自身が下した命令に逆らったために親衛隊に撃たれた時点でスザクが死んだと思い込んだルルーシュにとっては、それがクロヴィス殺害の要素になったことは間違いない。
ジェレミア・ゴットバルト
部下。彼の率いる純血派の将兵たちを直属部隊として従えていた。皇族への忠誠心に人一倍溢れ、更に勢力拡大のために精力的に任務をこなすため、荒事を苦手とするクロヴィスにはとても使いやすい手駒であった模様。ただし、イレヴンへの宥和政策については不満を持たれていた。

他作品との人間関係編集

デュオ・マックスウェル
第2次Z破界篇』で、彼から世間では「クロヴィスの軍事的才能はイマイチだ」という評価がされていることが語られた。

名台詞編集

「久しぶりの再会だというのに手厳しい。姉上こそ、相変わらずですね」
ドラマCD『帝国の兄妹』より。本編の約3年前の話にあたり、クロヴィスがエリア11の総督となる前の話である。コーネリアが帰還したと聞いて挨拶に訪れたら、開口一番「相変わらず動きずらそうな服を着て、戦場で真っ先に死ぬタイプだ」と言われての返答。実際に早々と死んでしまうことになろうとは。
「ご助言感謝しますよ。まずは腕前をご覧あれ、ルルーシュの眠る場所だ。なるべく静かにしておきたいものですからね」
ルルーシュを見殺しにしたイレブンは憎いが友達も居たと聞いては多少の手心も必要かな?と言った折に、コーネリアとシュナイゼルに苦言を呈されての返答。
「う、嬉しいよ、ルルーシュ。日本占領のときに死んだと聞いてたから。いや、良かった、生きていて。どうだい、私と本国に……」
第3話より。目の前で銃口を突き付けている兵士がルルーシュだと知った際の台詞。
銃口を突き付けられているという状態であったため、声も震え気味だった。そのため放送当初は命乞いの類の台詞かと思われていたが、後のルルーシュとナナリーの交流を考えるとこの時の「嬉しい」という言葉は本心だった可能性がある。
「私じゃないっ!! 私じゃないぞ!!!」
同上。ルルーシュに追い詰められ、「マリアンヌを殺害したのは自分ではない」と必死に訴えかけるが…(ルルーシュもできるわけはないと思っていただろうが)。
「第2皇子シュナイゼルと第2皇女コーネリア、彼らが知っている」
ルルーシュにギアスを掛けられ、マリアンヌ殺害の真相を尋ねられた際の返答。
この後、ルルーシュは「あいつらが首謀者か?」と問うが、そこまでは知らなかったため、これが唯一聞き出せた情報である。
「やめろ、腹違いとはいえ、実の兄だぞ!」
最期の台詞。親族の情に訴えて助命を乞うが、ルルーシュの復讐はむしろその先にあるため何の効果も無かった(ただし、それでも初めての殺人には、流石のルルーシュも後に一度嘔吐している)。
ちなみにルルーシュからは「綺麗事では世界は変わらない」と容赦なく殺されたが直後に場面は翌日に飛び、実際の殺害シーンはルルーシュの回想という形で描写された。その為、実質的な最期の言葉は「ひいいぃーッ」という悲鳴だった。