メインメニューを開く

概要編集

劇中劇『鋼鉄公演 きらりんロボ -襲来!コスメティア帝国-』における主人公

地球を支配しようと企む悪のコスメティア帝国を倒すべく立ち上がった正義の博士。

当初はコスメティア帝国撃破のためにきらりんロボを発進させ、正義の科学者として振舞っていた。だが中盤以降は本性を現し、実はコスメティア帝国と手を組む悪の科学者であり、正義の科学者としての姿は全て偽装であったことが判明する。

きらりんロボの力で正義の軍団を蹴散らしていくが、最終的には世界中から集まったヒーローたちの手によって、その野望は食い止められることとなった。

続編となる劇場版では、「地球を征服するのは自分だ」ということで、新たに台頭した「グラッシー帝国」に対して勝負を挑む。

スーパーロボット大戦CG-奏鳴の銀河へ-編集

OGシリーズとのコラボイベント「スーパーロボット大戦CG-奏鳴の銀河へ-」にも参戦。劇場版の設定が反映されており、地球を征服するのは自分だとうことで、バルマー帝国と敵対する。

登場作品と役柄編集

単独作品編集

スーパーロボット大戦X-Ω
初参戦作品。イベント「大決戦!きらりんロボVSキサラギVSインベル」で敵役として初登場。シナリオではいきなりDVEを披露する。担当声優の松嵜麗氏は本作でスパロボ初参加。
上記のイベントと繋がるイベント「愛とはぴはぴな世界」では、自分の過ちに気づき味方となる。
敵としては「キラリ博士」とカタカナ表記、味方&パイロット名称は「きらり博士」とひらがな表記になり、立ち絵も味方用のものに変わる。

パイロットステータス編集

精神コマンド編集

X-Ω
天然幸運
通常時・パイロットパーツ装備時共通。PP装備時のラインナップが共通なのはきらり博士だけである。

人間関係編集

女帝セツナ
協力関係にあり、序盤はそれを悟られないように敵対関係を演じていた。
グラッシーハルナ
グラッシー帝国総統。どちらが世界征服するかを巡り、戦う事に。
アンズ
自宅を破壊された「ただ者ではない住人」。「愛とはぴはぴな世界」では潜伏していた際にキラリと友人関係であったことが明かされる。

他作品との人間関係編集

アミマミ天海春香インベルラルク・メルク・マールノノ
スパクロでのイベントで敵対、のち共闘する事に。キラリとアンズも含め、それぞれが「対」の存在である事が勝利の鍵となった。
ハルシュタイン
スパクロイベントで共演。

搭乗機体編集

きらりんロボ
キラリ博士が開発したロボット。

余談編集

  • 原作において彼女を演じているキャラクターは諸星きらり(もろぼし・きらり)。17歳のアイドルで、180cmを上回る凄まじい長身と、そこからは想像もつかない独特な言葉使いやファッションセンスが特徴。ちなみに、ゲーム初登場時は身長182cmだがその後どんどん成長していき、最終的には186.2cmとなっている(アイドルマスターシリーズの女性の中では身長が一番高く、男性アイドル含めても4位)。
  • 担当声優松嵜麗氏はきらり役でシリーズに参加する以前、アニメ版アイドルマスターの第1話において店員役でゲスト出演をしている。