メインメニューを開く

差分

8 バイト除去 、 2020年2月17日 (月)
通常文章には<br>(強制改行タグ)を使用しないこと
神と獣、光と闇、過去と未来が集う世界だとされ、大陸の中心部には[[魔従教団]]の聖地である「真実の世界樹」と呼ばれる巨大な樹が存在する。アル・ワース全体の樹々には「知恵の実」と呼ばれる様々な色の果実が実っているが、食べても全く味がしない。
その実態は、智の神の正体である[[魔獣エンデ]]が「認識」することで誕生した、多次元宇宙構造から隔絶している閉ざされた空間。認識宇宙とも呼ばれる。<br>最初はエンデ以外に何も存在しない宇宙だったが、3000年前の銀河大戦においてが「認識」することで誕生した、多次元宇宙構造から隔絶している閉ざされた空間。認識宇宙とも呼ばれる。最初はエンデ以外に何も存在しない宇宙だったが、3000年前の銀河大戦において[[アンチスパイラル]]に破れた人類や高次元生命体を招き入れたことで、アル・ワースの歴史が作られていくことになる。上述したようにこの宇宙は次元的に隔絶しているため、アンチスパイラルも簡単には手を出せない、理想的な避難所だったのである。ただし、エンデが彼らを招き入れた理由は善意からではなく、生命体の感情を食らうための「エサ場」としてこの認識宇宙を発展させようと考えたからである<br>隣接する3つの世界である、「に破れた人類や高次元生命体を招き入れたことで、アル・ワースの歴史が作られていくことになる。上述したようにこの宇宙は次元的に隔絶しているため、アンチスパイラルも簡単には手を出せない、理想的な避難所だったのである。ただし、エンデが彼らを招き入れた理由は善意からではなく、生命体の感情を食らうための「エサ場」としてこの認識宇宙を発展させようと考えたからである。隣接する3つの世界である、「[[世界観/X#平和の世界|平和の世界]]」「[[世界観/X#戦争の世界|戦争の世界]]」「[[世界観/X#革命の世界|革命の世界]]」から送られる[[エネルギー]]によって維持されているという。そのエネルギーは「戦争の世界」が平和になれば「平和の世界」で革命が起こり、「革命の世界」で戦争が始まるという巨大な歴史のサイクルによって生み出されていた。
アル・ワースの宇宙そのものがエンデの認識によって出来ており、エンデはこの世界で他の聖獣や[[アンチスパイラル]]との戦いに備えて力を蓄えようとしていた。「知恵の実」の正体は、魔獣エンデの食糧である「人間の感情や想い」が集まって出来た物で、エンデは自身の背中に生えた樹と「真実の世界樹」をリンクさせることで、「知恵の実」に宿る感情や想いを集めて吸収していた。