メインメニューを開く

差分

:PSP用ソフト。新生コンパチシリーズ第3弾となる3D対戦格闘アクション。仮面ライダーシリーズ、ウルトラマンシリーズ、ガンダムシリーズの各SDキャラクターたちを使用できるが、正義側だけでなく悪側のキャラクターで遊ぶことができるのも特徴。ストーリーモードの内容は正義側と悪側で異なる。開発は『ドラゴンボールZ Sparking!』シリーズなどを手がけるスパイク・チュンソフト。
;''スーパーヒーロージェネレーション''
:PS3 / PS Vita用ソフト。新生コンパチシリーズ第4弾となる、コンパチ初のシミュレーションRPG。Vita用ソフト。新生コンパチシリーズ第4弾。
:『SDガンダム Gジェネレーション』シリーズを手がけるトムクリエイトが開発を担当しており、ゲームシステムも『SDガンダム GジェネレーションWORLD』をベースにしている。
:『[[機動戦士ガンダムAGE]]』がOVA『MEMORY OF EDEN』の設定で、ガンダムゲーム以外のクロスオーバー作品に初参戦する。
コンパチヒーローシリーズポータルサイトには掲載されてないが、クロスオーバーやバンプレストオリジナルキャラクターの出演等、コンパチヒーローシリーズと共通性が見出せる作品を参考情報として以下に載せる。
;[[スーパーロボット大戦]]
:ゲームボーイ用ソフト。スパロボシリーズの第1作目。上述した通り、発売当時にはコンパチヒーローシリーズとして宣伝されていた。ゲームボーイ用ソフト。スパロボシリーズの第1作目。上述した通り、発売当時にはコンパチヒーローシリーズとして宣伝されていた。その為、コンパチ初のシミュレーションRPGである。
;[[バトルコマンダー 八武衆、修羅の兵法]]
:スーパーファミコン用ソフト。ガンダムシリーズからなる「機動族」、サンライズリアルロボアニメからなる「日出族」、マジンガー&ゲッターシリーズからなる「魔神族」を選ぶシミュレーション。ロアやエミィが出演するほか、ダークブレインをオマージュしたと思われる敵キャラ「ダクブール」が登場する。
548

回編集