メインメニューを開く

死の旋風隊(デス・ゲイルズたい / デス・ゲイルズ)とは、『機動戦士クロスボーン・ガンダム』に登場する部隊。

概要編集

木星帝国の対クロスボーン・ガンダム対応部隊。

当時の木星帝国には単機でクロスボーン・ガンダムを超える性能を持つMSを開発するだけの技術がなかったため、やむを得ず攻撃・牽制・防御とそれに特化した機体それぞれ3機に役割を分散し、チームを組ませることで対応させている。

トビア・アロナクスらを追い詰めたが、戦場が地上に移った事で重力下での戦闘に隊員が慣れていなかった事から徐々に連携を崩され撃破されていき、更に奇跡の復活を遂げたキンケドゥ・ナウの乱入により残ったギリが撃破され敗北。生き延びた隊員らは地球で生活していくことになる。

名称には表記ゆれがあり、本編中では「死の旋風」に「デス・ゲイルズ」とルビが振られている、つまり「死の旋風隊」で「デス・ゲイルズたい」と読むが、単行本第1巻の新装版(電子版)に収録されたインタビューでは「隊」まで含めた名称に「デス・ゲイルズ」とルビが振られている。

メンバー編集

ギリ・ガデューカ・アスピス
攻撃担当。メンバー中随一のエースパイロット。
ローズマリー・ラズベリー
牽制担当。ギリに劣るが凄腕のパイロット。
バーンズ・ガーンズバック
防御担当。メンバーの纏め役。腕前も確か。

保有機体編集