メガボーグ

メガボーグ(Megaborg)とは、『無敵鋼人ダイターン3』に登場する敵。

概要編集

メガノイドの指揮官であるコマンダーが、体内に埋め込まれたマクロ細胞の力で巨大化した姿。

単純にサイズを拡大したのではなく、機能や武装の追加と共に、以前とは全く異なる容姿になる。

スパロボに登場したメガボーグ編集

メガボーグ・サンドレイク
メガボーグ・ネロス
メガボーグ・ベンメル
メガボーグ・ダストン
メガボーグ・ゼノイア
メガボーグ・ミレーヌ
メガボーグ・ベルトリー
メガボーグ・エドウィン
メガボーグ・アイサー
メガボーグ・リサー
合体巨大メガボーグ
メガボーグ・トーレス
メガボーグ・キドガー
メガボーグ・ネンドル
メガボーグ・コロス
SRWオリジナルのメガボーグ。

関連用語編集

メガノイド
コマンダー
メガロボット
メカ至上主義者のコマンダー・アントン(SRW未登場)が、メガボーグのデータから造り上げたコピーロボット。性能は基となったメガボーグと同等だが、意思を持たないただのロボットになっているので、総合的な戦闘能力は低下している。劇中では大量生産され、ダイターン3を物量で追い詰めた。メタ的な事情で言えば、過去エピソードにおけるメガボーグ戦の映像を流用する都合上で生まれた設定である。
SRWではネロス、ベンメル、ダストンのメガロボットが登場している(機体はメガボーグ名義)。なお、ダストンのメガロボットはゲームオリジナルで、ベンメルは厳密には立体映像である。
ダイターン3
試作型メガボーグとして開発された。