メインメニューを開く

フレデリック・アルグレアス

フレデリック・アルグレアスは『機動戦士ガンダムAGE』の登場人物。

フレデリック・アルグレアス
外国語表記 Frederick Algreus
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 子安武人
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
年齢 23歳(アセム編) → 47歳(キオ編以降)
所属 地球連邦軍
役職 総司令部参謀(アセム編) → 総司令(キオ編以降)
軍階級 中佐(アセム編)
テンプレートを表示

目次

概要編集

第2部・アセム編から登場する軍人。連邦軍総司令部ビッグリングの司令官であるフリット・アスノの参謀。

スライスレインズ士官学校を首席卒業という経歴を持ち、フリット不在時はビッグリングの指揮を任されるほど優秀な人物。若干ノリの軽い好青年で、軍の女性からもあこがれの的であった。フリットのことは尊敬しているもののヴェイガンに対する強硬姿勢には若干の疑問も抱いていた節がみられる。

第3部・キオ編以降では連邦軍の総司令官を務めている。キオ編ではロストロウランの防衛を行い、三世代編では自らアマデウスに乗り込み、ヴェイガンへ寝返ったルナベース基地や宇宙要塞ラ・グラミスの攻略に赴く。アセム編におけるノリの軽さは消え厳格な性格となり、フリットを意識するかのようなひげを蓄えている。 現在でもフリットを非常に尊敬しており、軍を辞めたフリットのために便宜を図っている。だが、フリットとは異なりヴェイガンに対しては強硬な殲滅思想まではもっていない。ルナベース戦では相手を全員基地ごとプラズマダイバーミサイルで吹き飛ばそうとしたこともあったが、これもあくまで脅しをかけることで降伏を促すためである。そのためフリットのヴェイガンに対する過剰とも言える言動(本当に基地ごと吹き飛ばしてもよかったという態度やその後捕虜にした相手を全員処刑しろといったことなど)には眉を潜める描写もあった。

小説版では、フリットを慕いながらも畏怖も抱いているとされているが、周囲からは気づかれておらず、フリットの腰巾着や小心者と見られてもおり、総司令官時代は中間管理職的な立場にいる。また、アセム編では軍の女性たちからの憧れの的とされていることも描かれた。

登場作品と役柄編集

携帯機シリーズ編集

スーパーロボット大戦BX
初登場作品。『BX』における事実上の連邦軍トップであり、ブライティクス設立にも大きく関わるなど自軍を様々な形で援助するも、序盤の地球連邦軍総司令部「ビックリング」陥落の責任を問われ、ビスト財団の手で失脚させられる。後に『機動戦士ガンダムUC』のシナリオ終了と共に地球連邦軍総司令に返り咲くも、それから間もなくラプラスの箱開示に伴う諸々の責任を取る形でフリットに総司令の座を譲り辞任する事となる。と言うか、責任を取るため(および後任選出の主導権を得るため)に返り咲いた、と言うべきか。
また、映画『ソレスタルビーイング』でも、「アロウズや過激派を抑えようとしていた優秀な戦略家」として描かれていたらしい。

人間関係編集

フリット・アスノ
アセム編では彼の参謀として補佐し、キオ編以降も除隊した彼を支援している。
イリシャ・ムライ、ウィルナ・ジャニスティ
第2部・アセム編のディーヴァクルー。若くして佐官で端正な顔立ちのアルグレアスに二人ともホの字だった。
イリシャに至っては彼がきっかけなのか、若いやり手を結婚相手として狙うようになってしまった。
フロイ・オルフェノア
アセム編にて連邦首相である彼と彼の妻の摘発を行った。
ジラード・スプリガン
第3部・キオ編にてフリットとの会話中に彼女の名前を挙げている。
セリック・アビス
第3部・キオ編のディーヴァMS隊隊長。ルナベース奪還作戦ではプラズマダイバーミサイルに発射猶予をあえて設け、その間に何をするべきかということをセリックに悟らせた。
小説版では彼から「小心者」と軽蔑されている。
アンディ・ドレイムス
地球連邦軍オリバーノーツ基地司令官。小説版では彼から「フリットなら間違えるはずがないと思考を停止させた狂信者」と酷評されている。
アローン・シモンズ
地球連邦軍ルナベース基地司令官。原作では特に関わりはないが、『BX』では彼の本性を把握した上で泳がせていた事が後に判明する。

他作品との人間関係編集

ミスマル・コウイチロウカティ・マネキン
BX』における連邦の改革派に属する同士。
マーサ・ビスト・カーバイン
『BX』における政敵。彼女が裏で手を回していた事もあって一時は総司令の座を追われるが、終盤でアルベルトの告発もあって逆に追い落とす事に成功する。
マリナ・イスマイールシーリン・バフティヤール
『BX』ではマーサに総司令の座を追われた時、アルグレアスとの会談に臨み、彼に再起を決断させた。
ローナン・マーセナス
『BX』では「ラプラスの箱」の中身開示の放送の直後に、彼と共に、放送が真実である旨を公表した。
ハルカ・ミナト
『BX』にて、木連との和平交渉をヴェイガンの内通者の炙り出しに利用した結果九十九が生死の境を彷徨う事になった為、極刑覚悟の彼女に平手打ちを見舞われる。
カイ・シデン
『BX』では失脚後に彼を通して情報を得ている。
ミスマル・ユリカ
『BX』では、自部隊が連邦軍からの命令を受けた際「今の連邦軍総司令がアルグレアスだから(考えが有っての命令だろう)」という理由で受諾しており、その実績を信頼されている。

名台詞編集

「コーヒーをお持ちしました……」
「フリット・アスノ司令」
第16話。第二部・アセム編冒頭。前話までガンダムを駆っていた少年は時が経ち連邦軍の幹部となったことを印象付けるシーン。
「司令はあくまでヴェイガン打倒にこだわられている……」
「柔軟な判断力をお持ちの司令が、その点だけはお譲りになられない。私の中でのナゾです」
第16話。アルグレアスはフリットを尊敬しつつもヴェイガンに対する強硬この上ない態度には疑問を持っている。
「ビッグリングが墜ちればヴェイガンの地球侵攻を許すことになる。これはまさに負けられない戦いになる、ですが、予想される戦力では我々に不利」
「こういう時こそ、戦術家としての腕の見せ所だといえます!」
第22話。大艦隊を組み連邦軍総司令部ビッグリング攻略に乗り出したヴェイガン艦隊を目の前にして。フリットに「ゲームではない」とたしなめられるが、「だからこそ燃えるんですよ!」と返す。
「幸いだと?この状況のどこが?」
第30話。時は経ちキオ編。陥落したビッグリングの映像を出張先のロストロウランで目撃、ロストロウラン司令から「(ビッグリングではなく)ここにいらして幸いでしたな」と言われて。あくまで自分の無事よりも連邦の危機に目を向ける大局的な視点を持つ大物になったことを伺わせる。
「今すぐに出せ!ディーヴァを出すんだ!アスノ元司令にはお考えがある……」
第30話。ディーヴァを出せと退役軍人フリット・アスノにまくしたてられたアンディ・ドレイムスはとりあえず現総司令の判断を仰ぐことに。アルグレアスは今でもフリットに対して全幅の信頼を寄せていた。
「司令……お気持ちはわかりますがそういうわけにはいきません。正規の手続きに従って尋問後、移送いたします」
第44話。ルナベースを奪還し、拘束したヴェイガン兵の即時処刑を主張するフリットに対して。フリットに全幅の信頼を寄せてはいるが、軍人としての常識も持っている。
「諸君、我々はついに決戦の時を迎えようとしている。ヴェイガンとの戦いは、今日まで長きにわたり続いてきた。親から子、そして世代を超えてもなお我々がヴェイガンに脅かされてきたことはそれぞれが身を以って知るところだ」
「だが我々は、今この場所にいる。それは我々がどれほどの傷を負っても、決して諦めることなく、戦い続けてきたからにほかならない。たどり着いたこの場所で、我々は必ず勝利を収めなければならないのだ!」
「ヴェイガンの地球侵略の拠点となっている要塞ラ・グラミスは、かつて我々の総司令部、ビッグリングを壊滅させ、甚大なる被害をもたらした。今こそ我々は、憎きラ・グラミスを攻略し、ヴェイガンの手から地球を守る!そして勝利とともに、この戦争に終止符を打つのだ!」
「諸君の健闘を祈る!」
第46話。ヴェイガンが万全を期すため後方支援用に本拠地セカンドムーンを持ち出したと知るやこれを決戦と位置づけ、全軍に対して演説を行う。演説の中ではそれとなくAGEのテーマである世代を超えた戦いにも触れている。

スパロボシリーズの名台詞編集

「君の功績を評価しているからこそ、ルナベースを含む月防衛は君に一任している。…だが、司令部はいつでも月に目を向けている。それを忘れないでくれたまえ」
BX』第8話宇宙ルート「月面の邂逅」より。基地司令のシモンズとの通信の終わりに告げた言葉。既にこの地点でアルグレアスはシモンズの背信行為を把握しており、最後の言葉は釘を刺す意味合いで述べたと思われる。
一方のシモンズは通信終了後に「現場の苦労知らずが」と毒づき軽く見ていたが、この言葉の真意を手痛いタイミングで思い知る事となる。
「は…。総司令のお言葉は聞いておりました。準備は整っています」
フリット「お前はいつも、私の足らぬ所を補ってくれるのだな」
「いえ…。総司令ならば、きっとこうするであろうと信じておりましたから」
BX』第41話「君の中の英雄」より。フリットからの通信を聞いた彼は、既に一度は使用を中断したプラズマダイバーミサイルを準備していた。
長きに続いてきた地球人同士の戦争をここでトドメを刺さそうとフリットはソレを使った。今までフリットを支え続けたのは、彼もまた『救世主』になることを願った者かもしれない。

搭乗機体編集

アマデウス
ディーヴァの発展型となる地球連邦軍旗艦。
ディーヴァ
歴戦の宇宙戦艦。ノートラム防衛戦ではフリットと共に座乗した。

資料リンク編集