メインメニューを開く

ハルク砲艦アックスボンバー号

ハルク砲艦アックスボンバー号は『NG騎士ラムネ&40』の登場メカ

ハルク砲艦
アックスボンバー号
外国語表記 Hulk Hogan Axe Bomber
登場作品 NG騎士ラムネ&40
初登場SRW スーパーロボット大戦NEO
SRWでの分類 機体
母艦
テンプレートを表示
スペック
分類 小型艦
開発者 アララ・ココア
所属 アララ王国
主な搭乗員
テンプレートを表示

目次

概要編集

物語後半、ドキドキスペース編で勇者ラムネス一行が乗る小型艦。

宇宙(ドキドキスペース)や水中でも航行可能で内部に居住スペースが存在するなど、小型ながらも性能は高い。また、艦首部分を切り離して小型艇「イチバーン号(SRW未採用)」として使用することができる。艦体の両側に拳が装着されており、非常時にはそれを発射して攻撃もできるが、戦闘能力自体は低い。

妖神ゴブーリキとの最終決戦において、念動力バリアの内部へと突撃した際に爆散してしまっている。

登場作品と操縦者編集

単独作品編集

スーパーロボット大戦NEO
初登場作品。原作前半に登場する「スタン帆船ウェスタンラリアット号」は本作に登場せず、ラムネス一行は最初からこの艦で移動している。
修理EN補給の両方が可能な上、パイロットの能力や精神コマンドが軒並み補助系ばかりと、サポートに特化した機体となっており、戦闘力はかなり低い。中盤でレスカの加入により熱血必中が使用可能になるが、そもそも当機が積極的に戦闘を仕掛けることが少ないので、反撃時に少しでも与ダメージを増やすぐらいしか使い道は無い。第13話でのみ、一時的に母艦として扱われる。
ちなみに本作のユニットでEN補給を持つのは、当機とボスボロットのみである。
名称が長いため、一部の場面では「アックスボンバー号」と短縮表記される。本作ではゴブーリキとの決戦において大破することはなく、以降のステージでもそのまま使用することが出来る。
スーパーロボット大戦Operation Extend
原作終了後設定だが健在。レスカの必中追風に置き換わったこともあり、『NEO』と比較すると更にサポート向けの機体となった。
また体当たりに「対大型」特性が付いたため、ボス相手にもそれなりに立ち向かえるように。
飛行できて宇宙マップへの出撃が可能な修理EN補給ユニットが少ないため重宝する。

装備・機能編集

武装・必殺武器編集

アックスボンバーパンチ
ヒット&アウェイ」特性付き。
体当たり
NEO』では「押出」特性付き。『OE』では「対大型」も追加。
修理
武器改造度で回復量増加。
EN補給
武器改造度で回復量増加。

特殊能力編集

NEO
母艦
第13話限定。

移動タイプ編集

宇宙
飛行可能。

サイズ編集

4またはL
『NEO』、『OE』

機体BGM編集

「熱血!!勇者ラムネス」
原作の前期OP曲。基本の戦闘BGM

余談編集

  • 名前の元ネタはプロレスラーのハルク・ホーガン、及びホーガンのプロレス技「アックスボンバー」である。