メインメニューを開く

概要編集

アクシオン財団が開発し、全世界に販売している人型機動兵器。

都市戦・森林戦・砂漠戦などそれぞれの地形で運用する際には、機体の各部の調整やカラーリングの変更が入れられている。無人操縦も可能。

また、ロボット大図鑑によれば後継機である『アクシオVer.7』の発売を控えている……が、再世篇ではそれについてアクシオン財団が解散した事で発売中止になった事が語られている。連獄篇及び天獄篇では財団解体後もライセンスを取得した企業によって、販売が続けられていたがバージョンアップは絶望視されている。

外見・武装共に特筆すべきような点が無く、一言で言ってしまえば「地味」な機体ではあるが、操縦性に優れ汎用性が高く、様々な勢力で使用されているため普及率も高いようだ。

また、バリエーションとしてファイヤバグが使用するカスタム機「アクシオ・バーグラー」も存在する。こちらはアクシオのバリエーションの一つである「アクシオ・ナイトバード」をベースにしてはいるものの、各部に極端なまでの改造が施されており、通常機とは比べ物にならない、非常にピーキーかつ強力な機体となっている。

アクシオ・スコートSP・VRマキシマ編集

破界篇第30話のみクロウが乗り込むアクシオの改造機。その名の通り、トライアがアクシオに可能な限りチューンを施しており、一般機よりも高い性能を有する。

アクシオ・スコートSP・VRマキシマII編集

再世篇に登場したアクシオ・ナイトバードの改造機。グラフィックはアクシオ・バーグラーと全く同じだが、こちらはトライアが造り上げた機体であるため、開発経緯は異なる。地上における機動性だけならブラスタにも匹敵するほどの仕上がりとなっている他、アクシオ・バーグラー同様EMダガーを追加武装として新たに搭載している。エスター・エルハスブラスタEsに搭乗する前、彼女の操縦訓練用の機体として使われていた。

登場作品と操縦者編集

Zシリーズ編集

第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
初登場作品。テロリストであるWLFが主に使用する。能力的には非常に弱く、雑魚中の雑魚といったところ。
ただし、クロウ搭乗機はブラスタの改造度を引き継ぐので、改造の度合いによっては次元獣とそこそこ戦えたりもする。
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
通常機は前作と大差なしの弱さだが、ファイヤバグのカスタム機「アクシオ・バーグラー」は通常機とはケタ違いに機体性能が高く、その上ジャミング機能と気力ダウン武器を実装しているのでかなり手強い。
なお、今回もクロウが一時的に搭乗するが、相手(ジェラウド)が強すぎるので、準備しないと彼の再攻撃に瞬殺されてしまうので要注意。
ちなみに、この時クロウが搭乗するのは通常機ではない。設定上はアクシオ・ナイトバードをチューンした物なので、要するにバーグラーの味方仕様にして機体色も同じ。…彼に対する嫌がらせだろうか?
第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
DLCシナリオにおいて、ターゲットドローンとしてバーグラーではないアクシオ・ナイトバードが登場。性能は普通のアクシオと大差ないザコである。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
レジスタンスとサイデリアルが運用している。

装備・機能編集

武装・必殺武器編集

アサルトライフル
手持ち式の突撃銃。
ロケットランチャー
腰部にマウントされたバズーカ砲。
EMダガー
電磁短刀。バーグラーと同系統の装備。VRマキシマIIのみ装備。

移動タイプ編集

サイズ編集

M

カスタムボーナス編集

EN回復(小)を得る。
移動力+1がないことを除けば、ブラスタと同じカスタムボーナスである。だが、アクシオにはEN消費武器が無く、実質無意味

機体BGM編集

「CLOSE GAME LIFE」
クロウ搭乗時のBGM。

関連機体編集

AEUイナクト
Ver.7はコンペで本機に敗れたという設定。
アクシオ・ナイトバード
アクシオン財団が販売していたアクシオのカスタム機。後述のアクシオ・バーグラーの原型にあたる。第3次ZのボーナスシナリオではAI搭載のガジェットドローンとして登場する。
アクシオ・バーグラー
ファイヤバグが使用する、アクシオ・ナイトバードのカスタム機。
アクシオ・スコートSP
トライア・スコートによってカスタマイズされたアクシオ。