メインメニューを開く

NG騎士ラムネ&40

NG騎士ラムネ&40』は葦プロダクション制作のテレビアニメ作品。

NG騎士ラムネ&40
読み エヌジーナイト ラムネアンドフォーティー
監督 ねぎしひろし
キャラクターデザイン 伊東岳彦(原案)
斉藤卓也
メカニックデザイン 中原れい
音楽 松井忠重
りゅうてつし
制作 葦プロダクション
放送局 テレビ東京系
放送期間 1990年4月6日 -
1991年1月4日
話数 全38話
初登場SRW スーパーロボット大戦NEO
テンプレートを表示

目次

概要編集

勇者として異世界に召喚された主人公の少年が、SD型のロボットに載ってコンピュータRPGを彷彿とさせるような大冒険を繰り広げるロボットアニメ。『魔神英雄伝ワタル』以降に流行した「SD型ロボットによる異世界冒険アニメ」の一つである。

特筆すべきは冒険アニメであると同時にギャグアニメでもある事で、作品のノリは往年のギャグアニメ「タイムボカンシリーズ」(SRW未参戦)と共通するところが非常に多く、ベタでお約束な展開を繰り広げる、一種の様式美ともいえる笑いが盛り込まれている。

シリーズ構成と脚本を『タイムボカン』シリーズの生みの親の一人である小山高生氏が主宰する脚本家集団「ぶらざあのっぽ」が担当していることも、「タイムボカンシリーズ」に似た作風になっている要因の一つとなっている。

また、後年『ラムネ』シリーズは脚本家のあかほりさとる氏の出世作として語られることが多いが、その際に本人は「とんでもない、自分は企画参加スタッフの一人にすぎない(肩書きはシリーズ構成補)」としばしば述懐している。音楽ディレクターの大月俊倫氏曰く『NG騎士ラムネ&40』シリーズにあかほり氏のカラーが強く出るようになるのは放映終了後のOVA版やドラマCD版であるとのこと(角川スニーカー文庫・NG騎士ラムネ&40EX2、巻末解説参照)。

当時のアニメファンの人気を博して放映終了後もOVAシリーズや小説漫画・ドラマCDなど多角的にメディア展開を継続し、1996年には直接の続編にあたるTVシリーズ作品『VS騎士ラムネ&40炎』が制作された。なお、『VS』はスパロボ未参戦だが、一足先に『Another Century's Episode Portable』に参戦している。

アニメファンに好評を得た一方で玩具セールス面は振るわない結果となり、そのために4クールだった予定が3クールに短縮されダ・サイダーが仲間になってからのストーリーは打ち切りが決まってから構成され直されている。特に「聖なる三姉妹」の設定は初期には存在しておらず、レスカが重要キャラになったのは設定変更によるいわば怪我の功名と言える。また、打ち切りがなかった場合は主役ロボのキングスカッシャーとライバルメカのクィーンサイダロンはパワーアップ形態に進化し、さらにこの二体が合体して城の形を模した巨大ロボットとなる予定であった。このうち、キングスカッシャーのパワーアップ形態のみデザイン変更の上でOVA版で採用されている。

ちなみにタイトルは「エヌジーナイト ラムネアンドフォーティー」と読む。また、タイトルの「40」は初期の企画案の変遷の中で『アリババと40人の盗賊』をモチーフとしたものが存在したことの名残であり特に意味はない。最終回ではラムネスに味方したロボットの数を40体(8体の守護騎士、守護歩兵であるポーン8兄弟、後半で登場した破壊戦士24体)にすることで、「ラムネ&40」というタイトルが示す状況が再現された。

ストーリー編集

TVゲーム大好きの小学4年生の少年「馬場ラムネ」はある日10円で売ってる不思議なゲームソフトを購入する。その日の夜に買ったゲームをクリアしたとき、突然TVの画面からミルクと名乗る少女が現れ、ラムネのことを「伝説の勇者ラムネス」であると語り、彼を異世界「ハラハラワールド」に連れて行ってしまう。

ハラハラワールドに着いたラムネは、世界を滅ぼそうとする妖神ゴブーリキの復活を阻止するために八体の守護騎士を見つけ出すことを国王から頼まれ、生来の熱血漢であるラムネはこれを快諾。ミルクとその姉のココア、アドバイザーロボットのタマQと共に守護騎士探しの冒険の旅に出ることになる。

登場人物編集

勇者ラムネス(馬場ラムネ)
主人公
アララ・ミルク
ヒロイン。
アララ・ココア
アララ王国の第二王女。おっとりとした性格で、メカニックが得意。
タマQ
ダ・サイダー
ラムネスのライバル。つまらないダジャレで周囲を凍りつかせる。
レスカ
ダ・サイダーの女房役。実はミルクとココアの姉で、本名はアララ・カフェオレ。
ヘビメタコ
ダ・サイダーのアドバイザーロボ。ダ・サイダーのつまらないダジャレを徹底的に持ち上げる。
アララ・コリャリャ・ヨッコーラ三世
ドン・ハルマゲ

登場メカ編集

楽曲編集

作詞は全て紅玉氏。

オープニングテーマ
「熱血!勇者ラムネス」(前期)
作曲:りゅうてつし / 編曲:乃沢大二郎 / 歌:草尾毅
『NEO』『OE』でキングスカッシャーの基本戦闘BGMとして採用。
「めざせ!1番!!」(後期)
作曲:りゅうてつし / 編曲:長内悟 / 歌:草尾毅 コーラス:横山智佐、玉川紗己子、松井菜桜子
エンディングテーマ
「男と女はパピプペポ」(前期)
作曲:実川俊晴 / 編曲:Ryu / 歌:横山智佐
「シアワセになるでんna」(後期)
作曲・編曲:りゅうてつし / 歌:横山智佐、玉川紗己子、松井菜桜子
挿入歌
「闘え!!キングスカッシャー」
作曲:乃沢大二郎 / 編曲:乃沢大二郎 / 歌:草尾毅
『NEO』『OE』でロイヤルスカッシュ、サムライオンのBGMとして採用。
劇中BGM
「守護騎士キングスカッシャー」
『NEO』『OE』でキングスカッシャー召喚時のBGMとして採用。
「クィーンサイダロン」
『NEO』『OE』でクィーンサイダロンの戦闘BGMとして採用。

登場作と扱われ方編集

単独作品編集

スーパーロボット大戦NEO
初参戦作品。今作ではハラハラワールドは『覇王大系リューナイト』の世界「アースティア」の一地方扱いであり、また時世の違いによるものか「キングスカッシャー」がファミコン風ゲームからニンテンドーDS風の携帯ゲームになっている。
ファンタジーロボ繋がり、伊東岳彦繋がりということか、『リューナイト』との絡み・クロスオーバーが多い。原作後半のドキドキスペース編が大きくカットされ、8枚の石版の役目が『リューナイト』の8個の精霊石に割り振られている。また、原作ではラムネがハラハラワールドで冒険している間は地球の時間はほとんど動いていなかったが、今作ではその設定はカットされた為、ラムネは行方不明扱いとなり、親しい人物達は彼の安否を大いに心配する事となった。
スーパーロボット大戦Operation Extend
原作終了後設定だが、妖神ゴブーリキが復活を果たしており、再びドキドキスペースがその脅威に晒されようとしている。

用語編集

ハラハラワールド
冒険の舞台。TVシリーズ中ではまるで「主人公がTVゲームの中に入り込んで冒険している」ようにも描かれていたが、後に出たOVAや続編によって、TVゲームはあくまで召喚ゲートを開くためのキーのようなもので、ハラハラワールドは地球と並列して存在する異世界であるという設定が確立された。
NEO』では『覇王大系リューナイト』のアースティアに統合されている。
ドキドキスペース
ハラハラワールドの外に広がる空間であり、ハラハラワールドのような世界が無数に点在している。いわば宇宙だが、ラムネスたちが生身でドキドキスペースに出ても平気な描写があり、上下の概念が存在するようなので、我々の世界における宇宙とは異なる部分もあるようだ。
アララ王国
ミルクたちの故郷。
ホイホイ城
巨大な眼の形状をした、ドン・ハルマゲの本拠地。異空間に存在する。
守護騎士
モンスカー
暗黒流砂
妖神ゴブーリキの魔力によって生み出され、ドキドキスペースの底に渦巻いている。暗黒流砂へ落ちたものは中心部にある「暗黒ノツボ」へ引き寄せられ、暗黒ノツボに飲まれると二度と外へ出ることは出来ない。我々の宇宙でいうブラックホールのような存在と言える。
暗黒大彗星
ホイホイ城の眼球部分が分離し、彗星となったもの。一度ラムネスたちに敗れたゴブーリキは、この内部で傷を癒している。
8個の石版
ドキドキスペースのさまざまな世界に散らばっている、七色に輝く石版(薄い金属板のようにも見える)。暗黒大彗星へ行くために必要となるが、そのためには立体パズルの如く決まった形に組み上げなくてはならない。また暗黒大彗星へと導く以外にも、聖なる三姉妹の祈りを受けることで、ゴブーリキの力を封じることもできる。なお「七色の石版」「8個の石版」と呼び方が混在しているのでややこしい。
キングスカッシャー

各話リスト編集

話数 サブタイトル 登場メカ 備考 再現スパロボ
第1話 シュパーン!キングスカッシャー復活
第2話 正義の力だ!セイントボム
第3話 ポッキンシティーは腹ぺこだ!
第4話 ガハハ!ゴクロー山の爆笑扇
第5話 バンビの頂上になぞなぞの嵐! セイローム初登場
第6話 熱血!?カンカン村でアッチッチ
第7話 パカッ!頭に花さくニャイル河
第8話 迷って迷ってホラミッド! シルコーン初登場
第9話 ゼンマイだらけのギアシティ!
第10話 アララ?寝ぼけ寝ぼけて海の上 総集編
第11話 ヒック!本音ジュースにご用心
第12話 リューグー村は老人パワー!?
第13話 ダブルダブルでイースカー!? キリマン、ブルマン、ブレンドン初登場
第14話 登場!クイーンサイダロン クイーンサイダロン初登場
第15話 ハワイイ島のカメカメカ大王
第16話 走れラムネス!童話の森のワナ
第17話 美人はどっち?レスカ対ココア アッサーム初登場
第18話 ワナワナ!逆襲のダ・サイダー
第19話 ガンバレー!ミルクの子守り歌
第20話 見つけた!アンナモンコンナ門 ゼンザイン初登場
第21話 輝け!守護騎士コンテスト
第22話 最高だミャー!タマQ…その愛
第23話 ウソかマコトか?ラムネス伝説
第24話 突入ホイホイ城!愛の戦士たち
第25話 晴れ姿!三人娘の聖なる力
第26話 必死の反撃!ダ・サイダー散る
第27話 ホイホイ城崩壊!さらばタマQ
第28話 まだ続くの!?破壊戦士現わる
第29話 ヘビメタコ裏切りのバラード OP・ED全面変更
第30話 代理戦争!?命をかけたギャグ
第31話 必殺!?破壊ニンジャ武芸帖
第32話 テントチ塔!海中島の戦い
第33話 ほらっホラー!枯れ木の森の怪
第34話 リトルロマンス…君の名は!?
第35話 交代劇!ひび割れた愛と友情
第36話 風に舞う!お花畑は危険地帯
第37話 大決戦!燃えろラムネス
第38話 40集う!熱血パワーよ永遠に

余談編集

ファンの間では本作や続編の『VS騎士ラムネ&40炎』、そして同系統スタッフによる『KO世紀ビースト三獣士』『SMガールズ セイバーマリオネット』などを一括りにして「2文字アルファベットシリーズ」という総称が用いられる場合があるが、これは公式では一切言及されたことのない、いわゆる俗称である。

商品情報編集

DVD編集

DVD BOX編集

TVシリーズ編集

OVA編集

音楽編集

書籍編集