メインメニューを開く

惑星ラクス

惑星ラクス(Planet Lacus)とは、『マクロス7』に登場する天体。

目次

概要編集

地球と同じ大気成分がある惑星。

先に名付け親であるマクロス5船団が入植していたが、バロータ軍の襲撃に対抗できずに壊滅。そして立ち寄ったマクロス7船団もまたバロータ軍の襲撃で足止めされる。バロータ軍側では「惑星GGT(ゲー・ゲー・テー)」と呼称されており、スピリチアファームを作る上での実験場とみなされていた(ゲペルニッチ曰く「約束されし惑星」)。

この惑星の海中にはプロトカルチャーの遺跡が隠されていた。遺跡の扉は封印されていたが、人間とゼントラーディの平和の証、すなわち双方の混血であるミレーヌ・フレア・ジーナスの血に反応して封印が解かれ、プロトデビルンの資料を入手することに成功した。

その後、バロータ軍によって包囲されたマクロス7船団は惑星上でのフォールドを敢行し脱出するのだが、これはプロトデビルンのギギルの暴走に乗じた上のことで、直後に惑星ラクスは消滅した。

登場作品編集

αシリーズ編集

第3次スーパーロボット大戦α
原作とほぼ同じ扱い。中盤の外宇宙ルート第32・33話の舞台となる。プロトデビルンだけでなくバッフ・クラン帝国監察軍までもが集まり、第33話はグラビルバルゴダラムギジェエツィーラと強敵が揃う。ただし、無限増援があり、ライディーンが「ゴッドボイス」と「ムートロンエネルギー解放」を習得するイベントがあるため、上手くやれば稼ぎ場になる。
なお、ラクス・クラインと同じ名前であり、サブシナリオ「バサラ放浪」においてムウが一言漏らしている。

Zシリーズ編集

第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
原作終了後なので直接の登場はしないが、中盤のクォーター選択ルートで此処と同じく、人間とゼントラーディとの混血によって扉の封印が解かれるプロトカルチャーの遺跡が存在する惑星ネオ・ラクスが登場する。ゼントラーディの血を引くランカによって遺跡深部の扉を開かれ、その奥に存在したプロトカルチャーの意志から1万と2000年の環に関する情報を聞くが、ギャラクシー船団によってコントロールされたバジュラの攻撃を受け、その意志は消滅してしまった。αシリーズ同様、ラクス・クラインと同じ名前であるためにキラシンが反応する場面がある。

携帯機シリーズ編集

スーパーロボット大戦D
バロータルートでは最初の面。地上面であり、敵が遺跡に侵入すると敗北になるので、飛行ユニットの投入が求められる。